2006年2月11日 (土)

『断髪』にて。

さて、昨日の今日ながら・・・

早速、髪を切りました。

今まで胸の辺りまであった髪は・・・

肩あたりまでしかありません。

本気でショートにしようかと思ったんですが・・・

美容師さん「ちぃちゃんの髪、ショートには出来ないよ」

椅子に座って、会話2回目において不可能宣告を受けました。

出来ないというか、正確に言うと・・・やるとマズイんです。

その美容師さんは、僕の幼少の頃からお世話になっている方なので、僕の髪質を熟知しているんですが。

僕の髪は、簡単に言うと癖毛・・・っつーか天パです。

それを、縮毛矯正という素晴らしい技術を駆使し、ストレートにしていました。

でも、短くすると、やはり根元から広がってモサっとしてしまうため短く出来ないんです。

高校入学時は、部活の先輩の命令により無理矢理ショートにしていました。(嫌な先輩ではないですよ?)

それをすっかり忘れていた僕は、美容師さんと話合った結果、多少の長さを残すことに。

今まで長かったせいか、美容師さんも「もったいない↓」と連呼していました。

僕の毛先よ・・・さようなら。

落ちてく髪に別れを告げながら、鏡に映る自分を見ていました。

。。。

家に帰り、すっかり短くなった僕を見て、母親は満足した模様。

自分でも結構悪くないと思っていた・・・その時!

仕事から兄が帰宅。

僕「あ、お兄ちゃん!髪切ったよどうかな?」

兄「・・・どこら辺を?」

僕「どこって・・・全体的に・・・」

兄「・・・あんま変わってなくねぇ??」

・・・おいおい↓そんな衝撃発言サラッと言わないでくれよ兄ちゃん↓↓

変わってなく見えるなんて・・・どんだけアナタは家族に興味がないんだ?

僕の友達だって、いくらなんでも気が付くで??

どうやら兄は興味すら無い模様・・・↓(泣)

・・・そんな、ちょっぴりショックな今日でした。

でも、月曜に学校行くのが楽しみです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

『髪型』にて。

ちょっと最近、髪を切ろうかと思って迷ってます。

前髪が元々失敗した状態にあるのも事実なんですが↓

最近、友達から・・・

「ショートにしたら?」「髪切ったら?」「短いの似合うんじゃない?」

と、切れ切れコールをよく耳にするもので・・・

今の髪型はロングのストレートなんですが、これを3年間保ってきたわけなんですよ。(たまに揃えたりはしてましたよ?)

高校入学時は、当時所属していた部活の関係でショートだったんですが。

短かったのはそれっきりでしたね。  さて、一体どうしたものか。

。。。

『髪型』って、かなりの人が気にしていることではないかと思います。

少しでも変化に気づいてもらえるととても喜びますよね?

逆に、気が付いてもらえないと、その日一日の気分がブルーになる人もいるのではないでしょうか?

たまに、何もしてないのに「髪切った?」と聞かれたりすることもあったりして(笑)

僕の場合、ちょっとした友達の変化に気が付かなくて、怒られることもしばしば・・・

友人H「ねぇねぇ!昨日前髪切ったんだけど、何で気づいてくれないの!?」

僕「あ、ごめん↓ごめんね↓・・・どのぐらい切ったの?」

友人H「5ミリくらい。」

・・・わかるかぁ!!

そんなことで、怒られてばかりの僕ですが、3年間、前髪を切ったり、全体的に切ったりした後に、気が付いてもらえた記憶がありません。

1週間後とかならありますけど・・・

友人H「あれ?・・・そーいや智斗、髪切った?」

僕「あ、うん」

友人K「え?あ、ホントだ!いつ?」

僕「1週間前ぐらい・・・」

友人E「あ、私気が付いたけど言わなかったww」

・・・え?!なんで?・・どんな作戦?

そんな、小悪魔な人たちに囲まれて生活している僕であります。

まぁ、これは友達同士のやりとりなんでね・・・さほどのことではないのですが、

もし、これが恋人同士の間だったら・・・

そんなわけで、あるレストランでの女性の電話ごしの会話です。(おそらく相手は女友達かと)

女性「ちょっと聞いてぇ!・・・この前さぁ、私髪切ったじゃん??」

(僕「ふ~ん・・・」)

女性「でさぁ!コウタの奴まったく気が付かないの!!」

(僕「彼氏のことかな??」)

女性「しかも、髪切ったって言っても”ふ~ん”しか言わないの!マジ腹立つからぁ!!」

(僕「へぇ・・どんだけ切ったんだろ・・・ひどい彼氏だな。」)

女性「1cmぐらいでも彼女の変化気づけってねぇ!!」

(僕「・・・。」)

ちなみに、その女性の髪型は長めウェーブでした。

コウタさん、ご苦労さまです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

『買い物』にて。

今日の起床時刻・・・朝6時

本来、今日は学校も、教習も無いので、特に早く起きる必要も無かったんですが・・・

今日が入試だという友人への応援メールを送ろうという計画のもと6時に起床。

が!・・・しかし、早速携帯を開き、文章を製作した後・・記憶が吹っ飛ぶ。

。。。

改めて、今日の起床時刻・・・朝9時

なんてこった↓後は送信ボタンを押す作業のみだったのに↓

そんな失態から始まった一日でした。

今日は久しぶり?に何も予定が無い一日だったので、久しぶりに買い物へ

目的は何か・・・と、まぁ『香水』なんですけど・・・

「はっ!?お前が香水!?」・・・と思った方は、今すぐ表へ出てください。

・・・僕だって最初は、香水なんて・・・って思う高校生だったんです↓ 高いし。

けど、プレゼントとしてや、趣味で集める人もいるぐらい、高校生の中では割と普通の持ち物らしく・・・

身だしなみを整える道具の一つだと、友達に勧められて購入しました。

そして、今や自ら買いに行くまでにいたりました。

今日は、僕が今まで使っていた物が最近店頭で見かけなくなったので↓詳しい友人に聞き、品揃えが良い店へ少し遠出。

確かにかなりの店の広さ+品数で、ここになら!・・・って思ったんですけど↓

残念なことにお目当ての品物な置いておらず↓・・・思い切って変えてみようかと思い、色んな商品の香りを試してみました。

でも、さすがに何個も試すと嗅覚が麻痺するのか、もう何がなんだか分からなくなり↓

結局買わずに店を後にしました。

本当は、香水なんて高校生には早い代物なのかもしれない・・・

いくらクラスで異臭騒ぎが起こっても・・・体育の後に汗臭くても・・・

それが高校生ってものだったのかもしれない↓

でも、まぁ大人になったら必要なものになるのかもしれませんけど。

かと言って、付けすぎの人もちょっと迷惑ですよね?

満員電車、バス、エレベーターの中とか・・・でも、みんな暗黙の了解で「○さい!!」なんて言えないし・・・

ついこの間も、教習所で女性とすれ違った瞬間、突然鼻に謎の激痛がっ!?

あまりにも強烈な香水の香りで、鼻が2、3日間、謎の痛みに襲われたのでした↓

本当に嗅覚が殺られたかと思いました。・・・香水に、こんなにも殺傷能力があったなんて↓↓

付けすぎも問題ですね↓

僕は人並みより臭いというものに敏感らしく・・・危うく感覚器官の一つを失うかと思いました↓

僕も気をつけようと思いつつ・・・結局家でネットを使い今までの物を購入。

商品はあったが、なんと今まで使っていたのは2003年の限定商品だったことが判明。

そりゃ見つからんて。・・・ってか、2003年が終わった時点で気づくべきでした↓

| | コメント (8) | トラックバック (0)