2006年2月24日 (金)

『温泉』にて。

ただいま行ってまいりました卒業旅行♪

温泉なんて何年ぶりだったのでしょうか!(←まだ18歳ですけど・・・笑)

まず初めに行った感想を述べるなら・・・『行って良かった!!』

この一言です。

場所は、地元の温泉なんですが、すごく楽しかったです♪

食事も、少なそうに見えて、意外に多く・・・持って行ったお菓子などにはほとんど手を付けずに帰ってきました(笑)

お菓子といえば、よく、旅館の部屋に入ると、テーブルの上にもう既に少しのお茶菓子などが置いてあったりしますよね??

今回も同様に用意されていたんですが・・・お菓子の他に「お茶」の素が・・・

その名も・・・しいたけ茶』

・・・地元の温泉旅館のはずなのに、早速不思議な物に遭遇。

友人H「智斗、いけ!!」

・・・僕ですか。

まぁこれも良い思い出、早速試飲。

うん・・・微妙!!

なんなんですかね、この・・・美味くも不味くもないような味は・・・↓

「微妙」という単語をここで使わずしてどこで使う!?・・・といった感じでした(汗)

さて、問題の温泉ですが・・・とりあえず平日なんで僕らの貸切!!(さすがに泳いだりはしてませんよ??・・・笑)

3人並んで一息。

その時!友人Hがある物を発見!!

友人H「あ!?露天風呂!!」

友人K「おぉ!!でかしたぁ~★★

早速突入。

しかし、ここは一応「北側」の地。そして時は如月。

当然、寒い。

友人H「お湯に入れば温かいよ!!(涙)」

僕「・・・。」

ぬるかった。

無念にも露天風呂は断念し、中へ退避。

この時、僕は改めて他のお客さんがいなっかったことを幸いに感じました。

夕食では、2対1で向かい合い(またしても僕が1)、楽しく食事。

でも、こういう旅館の食事って、たまに得たいの知れない物体がでてくることってないですか?

友人H「ねぇ、智斗・・・これ、何??」

友人K「思った!!ねぇ智斗、何これ??」

僕「・・・。」

なんで、二人そろって僕に問うんでしょうか↓・・・そんなに僕は何でも食べてそうに見えるんですかね。(苦悩)

そして、結局最後まで謎は解けませんでした(笑)

部屋に戻り・・・後はゆっくりするだけ・・・と、思ったのは僕だけでした。

友人H「ねぇ智斗、何か喋って盛り上げて??」

そ、そんないきなりハードルの高いこと言わないでくれ↓↓

しかし、先日も書きましたが、僕は小動物系に弱いので・・・

僕「じゃぁねぇ・・・」

そのハードルに挑戦!!

滑り出しは好調!何とか峠を越えて、なんとか・・・・

でも、出だしよければ、後はみんな思い出したかのようにポンポン話題が出てくるんですよね♪

でも、その中で、よく出て来た言葉は「まだ、卒業したくない」

思い出話をすれば、悪い思い出の方が圧倒的に多かったですが・・・何故かまだまだこのままでいたいと思うんですよね。本当に、不思議なものです。

「今日はずっと起きてようねぇ~♪」・・・なんて言い放った人が早速寝入ったので、僕もそろそろ寝ようかなぁ・・・なんて、思ったけれど。

浴衣がこしょぼくて(くすぐったくて)なかなか眠れない↓そして一箇所電気を消し忘れた!?

どうしよう・・・どうしよう・・・どうしよう・・・どうしよう・・・・・・ どぅ ・・

朝です。

起床は6時半。

朝食までに、再びお風呂へ。

。。。

終わってしまうとあっという間でした。まぁ一泊ですから(笑)

みんな進路はバラバラですが、また、機会があればまた行きたいと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

『アメリカ』にて。

さてさて、前回の続きなんですが・・・今回は印象に残っている外国人の方ということで・・・

その1 『空港』にて。

僕らは、移動のために向うでも空港を利用しました。

修学旅行ということで、かなりの人数がゲートに並びます。当然結構な時間を要するわけなんですが・・・

退屈に耐えられず、皆、近くの友達と話し始めます。

僕も、同じ部活の仲間と話をしていました。・・・すると、そこへ小さな少年が。

友人D「おぉ!可愛いなぁ♪やっぱり小さい子はどこの国でも可愛いな

僕「本当だ・・・一人?なわけないよね?」

女性「Wait ! Wait !!(待って!待って!!)

母親登場!!

一瞬怒られるんじゃないか?!と思い謝る僕ら↓ 「す、Sorry↓(ごめんなさい↓)

母親「No ! Are you still in this place ?(違うわ、あなた達まだここにいる?)

友人D「・・・?ぃ、Yes(は、はぃ)

母親「Though I want you to wait with this child here, is......good ??(ここで、この子と待ってて欲しいんだけど・・・良いかしら??)

驚きです↓まさか異国の地で見知らぬ子供を預けられるなんて(汗)

友人D「OK!!(良いッスよ

良いのかよ!?

友人H「ぉ、おい!・・・俺達いつまでここにいるかわかんねぇんだぞ!?」

友人D「・・・?別に構わねぇだろ?困ってるみたいだし。先に進んだら、先生に少し待てって言っといて。これは会長命令だ。」

そうなんです↓友人Dは当時の生徒会長なのでした。

とりあえず、この命令が発令される前に母親は戻ってきましたけど・・・

さすが会長・・・人の良さは、メジャー級ですね↓

その2 『同姓愛者』にて。

サンフランシスコは、同性愛者が珍しくないところです。ちゃんとそんな方々が暮らしやすいように作られた街もあるほど・・・

僕らはそんな街も見てまわりました。(長居は当然していません↓)

すると突然・・・

金髪女性「Hey!!Excuse!!(ちょっと!)

最初、何事かと思いました。僕らはバスに乗っていたんですが・・・

隣の車の女性が僕らに話しかけてきました。すると・・・彼女はしきりに親指と人差し指、小指を立てながら何か叫んでいました。

友人M「Hey!(こんにちわ!)

僕の横にいた男子が同じように指を立て、向うに挨拶・・・と同時に僕の頭を指差しました。

うなずき、なおもしぐさを続ける金髪女性・・・(普通に美人な方なんですけど↓)

すると、別の男子が突然僕の頭と、友人Mの手を隠しました。

理由は、この指を立てるしぐさは、同性愛者の間で「 I love you 」の意味なんです↓

先ほどの女性が叫んでいた言葉は正に「 I love you 」他にも何か言ってましたが・・・

ちょっとココには書けません↓

同性愛者の女性なんで、もちろん標的は女・・・つまり、僕だそうで↓(汗)

友人Hが面白がった男子の手と、標的となった僕をとっさに隠したみたいです。

話は聞いていましたが・・・まさか本当に絡まれるとは思いませんでした↓

他にも、会釈一つで、マシンガンのように話しかけてくるおじさんや、リアクションのデカいウェイターさんとかもいましたが・・・今回はその一部を書きました。

本当にアメリカは『自由な国』です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

『修学旅行』にて。

今日は珍しく机に向かって勉強したんです。教科は「英語」

まぁ、集中力が続くままにやってました・・・まぁ、1、2時間やった頃ですかね・・・

机の本棚に謎の茶封筒を発見!!

コレハ、イッタイ、ナンダ?.....ゴソゴソゴソゴソ....

おぉ~懐かしい!!「修学旅行」の写真ではないか!!

勉強そっちのけでしばらく観賞(笑)

それは、自分で撮った物ではなく、集合写真や先生方が撮影した写真でした。

ほんの1年?ぐらい前の写真なのにみんな全然今と違うんですよね。それには本当にビックリ(笑)

僕らの学校の旅行先は『アメリカ』なんですけど・・・

正直、怖かったです↓

言葉も何も通じず、どこに何があるのかもわからない土地に、突然行くわけですからね。

しかも、法律も違うから、本当に命がけの旅ですよ。

な、のにも関わらず!!・・・夜に抜け出す馬鹿どもがいたわけですよ↓↓

しかも、よりによって治安が悪いところで↓(サンフランシスコ)

以前、引率の先生に、旅行先がアメリカなんて大変じゃないのか? って質問を投げかけたところ・・・

I先生「いやぁ、国内より馬鹿なことする生徒いないから、引率側としては楽なんだ。」とのこと・・・ 

確かに、武道部員も「喧嘩したら即死だ、あの体格はやべぇ!!」だそうで。

しかし、好奇心?旺盛な高校生ですしね。やってしまいましたよ。

全員無事帰って来ましたけど。

その夜僕のクラスのクラス役員は緊急招集されました。僕も一応、書記兼副委員長専属補佐(←な、長っ!?)だったらしく・・・夜中まで起きてました↓

だから、何気にクラスのみんなが知らないこと知ってたりします(笑)

あれは、長い夜でしたね・・・

。。。

海外と言えば、もう一つ気になるのが食事です。

とにかく、最初に僕らの度肝を抜いたのは・・・野菜

サラダなんですが・・・「え?これってタン○ポですか??」

って言いたくなるような、日本の比較的道端で見るような・・・おっとと野菜が出されたんです↓

肉も生だったりして(笑) しかも、デザートが・・・デカい!!

アメリカには「程よい」という加減はないらしいんですよね。

しょっぱいか薄いか、辛いか甘いか、熱いか冷たいか・・・と言った感じです。

。。。

ある朝、テーブルに白い液状のものが皿に盛られており、友人一人が

友人Y「わぁ!ヨーグルトだ♪いただきまぁす

ガチャン!!

最初何事かと思いました・・・そこには、先ほどヨーグルト(仮)をほおばった友人Yのあられもない姿が・・・!?

周囲「どうしたっ!?」

友人Y「こ、これ・・・ヨーグルトじゃねぇ・・・↓↓」

友人T「え?じゃ、じゃぁ何?これ・・・」

えぇっと・・・ドレッシングでした。しかも味付けは謎です。

基本的に日本でのイメージはまったくの無意味ですね。

今度は、面白かった外国人とか書きましょうかね。

今日はまた長くなったんでこの辺で。

| | コメント (6) | トラックバック (0)