« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月11日 (日)

『復興』にて。

平成23年3月11日 14:46

震度7・マグニチュード9.0の大きな地震が起こった。

後に、東日本大震災という名の付く、大規模な地震。

これによって併発した広範囲にわたる大津波によって、

とても多くの人の命が奪われた。。。

一年経った今でも、たくさんの行方不明者、身元不明者がいる。

当時の僕は、実家から仙台に戻る高速バスの中に居て、

山の中で大きな揺れを感じることになった。

仙台の街に戻った時、見慣れた街の形はそこには無く、愕然とした気持ちを、今もまだハッキリと覚えている。

そして、

当時とある葬儀社に勤めていた僕は、地獄を見た。。。

死者・・・その数、数千人。

毎日夜遅くまで運び込まれて来る被災者のご遺体。

どんどん安置場の会館は柩で埋まっていく。

悲しみに打ちひしがれ、むせび泣く遺族の声が止む事のない日々。

僕自身、そんな風景を目にして涙を堪える毎日。

精神的にも、体力的にも限界を感じた日もあった。

柩の中で眠る人の苦悶の表情が、津波の恐怖を物語っていた。

恐怖さえも感じる間もなく亡くなった人は、とても安らかな表情だったけど、

津波の酷さを痛感せざる得ない。。。

。。。

当時は地獄か、はたまた悪夢の様な日々だと思っていたけど、

振り返ると、当時自分があの仕事をしていたことを誇りに思える。。。

当時の自分は無力さを痛感せざる得ない状況だったけど、

仕事と言えど、被災者の方々の力になれる働きが少しでも出来ていたのかと思えば、

当時の辛さも捨てたモンじゃない。。。

あれから一年。。。

時間が経つのは早いものです。

僕は地震の発生時刻に黙祷を捧げ、追悼の意を表した。

この一年で、被災地は大分整備され、

通常の暮らしを取り戻した人も居る。

皆、「あの日」に色々な思いを持ちながら精一杯生きている。

もう二度と、

あの様なコトは、起きて欲しくない。

僕は去年、運良く生き延びるコトができた。

だから、

震災で命を落とした人の分も、僕は精一杯生きようと思う。。。

辛いこと、不安なこと、悲しいことも勿論あるけど、

生きてる証拠だからね。

一日一日、大事にしていきます。。。

。。。

全国各地の皆様の応援、本当に嬉しく思います。

被災地に身を置く者として、

本当に感謝しております。

ありがとうございます。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »