« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月29日 (木)

『年末』にて。

お久しぶりです。

もう今年も残すところあとわずかですね。

さすがに更新せねばと思いました。

今年は、3月11日に起こった東日本大震災をはじめ・・・

とても安心して過ごせた日々は少なかったのではないかと思います。。。

僕の地元福島では原発問題が心配され・・・

僕の住む宮城では、津波被害で、未だに満足に生活が送れていない人や、

家族が行方不明の方がたくさんいらっしゃいます。

たくさんの人が、色んなモノを失ったと思います。

僕は震災当時、葬儀社の会館スタッフとして、震災被害に遭われた人々のご遺体のお世話、

ご遺族の方への対応などを行っておりました。

多くの被災者の方の力になれる仕事をしたと・・・

当時の自分を誇りに思います。

でも、今年の12月。

僕は仕事を辞めました。

理由は、夏の終わりあたりから、体調が優れない日が続き、

ある日腹部に酷い痛みを感じた為、胃腸科にて診察を受けました。

胃カメラを飲んだ結果、

胃からの出血が発見。

体調を崩しながらも、働く僕を見て、

自営業をしていた知り合いに、ウチで働かないか。と持ち掛けられ、

そちらの道を選びました。

でも、退職が決まった後、

訳あって、

その話が無かった事になりました。

突然神様から手を離された様な感覚でした。。。

さらに追い討ちをかけるかの様に、

実家で一緒に暮らしていた祖父が亡くなり、

一時期、精神的に衰弱し、人生の路頭に迷ったりしていました。

あまりの辛さに耐え切れず、地元の親友に電話をかけところ、

今すぐ迎に行くから。

何も頼まなかったのに、友人は福島からすぐに僕を迎えに来てくれました。

そして、僕は一週間、友人夫婦の家で保護されました。

お腹に子供がいるにも関わらず、友人はずっと一緒に居てくれて、

その旦那は、仕事で疲れているにも関わらず、毎晩僕の話を聞いて、励ましてくれました。

最初は、食事もまともにできない状態だったけど、

友人夫婦の家でお世話になりながら、少しずつ回復していきました。

少しずつ前を向ける様にもなってきたところで、宮城に戻って来ました。

でも、やはり一人になると色々と辛い事を思い出してしまい、

毎日泣いてばかりでした。

けれども、

福島にも、宮城にも、僕を支えてくれる人達がたくさんいました。

大学の友達、部活の仲間。。。

そんな人達に支えられ・・・

今はまた、少しずつ、元気になってきました。。。

失ったモノがたくさんあって、辛い事がたくさんあった年だったけど、

得るモノもたくさんあって、年内に、立ち直ることが出来て良かったです。

今は、新しい目標の為に、頑張り始めることもできる様になりました。

自分の為に、そして・・・

こんな僕を支えようとしてくれる人の為に。。。

また、頑張って行こうと思います。

。。。

今回僕を保護した友人夫婦は、二人とも僕の高校のクラスメイトでした。

二人は、僕の口癖は「頑張ります」だと言いました。

旦那の方に、

「確かに頑張るのも良い事だけど・・・

智斗は今まで頑張りす過ぎだ。

たくさん辛いことを経験したんだ、今は少し休め。

お前は、強がりだけど、本当は泣き虫で、弱い、ただの普通の女の子なんだから。」

とても・・・

体育の時間に僕の背中に蹴りを入れていた奴の台詞とは思えませんでした。。。

でも、

その言葉で、今まで入っていた肩の力が抜け・・・

結局毎晩二人の前で大泣きしていました。

本当に、二人には感謝しています。

23年間全力疾走してきた人生・・・

とりあえず、23歳の間は、少し休んでみようかと思います。

まぁあと・・・

23歳も残すところ約一週間ですがね。

ちなみに、

僕の24歳の誕生日の日は、

じぃちゃんの四十九日の法事でっす★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »