« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月15日 (火)

『被害』にて。

こんな時に日記の更新なんて・・・

って思われるかもですが、

こんな時だからこそ更新しておこうかと思います。

3月11日14:50頃・・・

大きな地震が東北地方で起こりました。

僕がその時居た場所は震度6弱。

後に聞いたマグニチュードは9.0とか今まで聞いた事ない数値。

僕はその瞬間を高速バスの中で迎えました。

丁度、地元から宮城に戻る途中だった。

普段の帰省プランだと、昼間の14時過ぎなんてまだ実家でマッタリか、友人と遊んでる時間。

この日はたまたま夕方に職場に行く用事があったから早く戻っていました。

携帯に入った地震速報から数秒後、バスが徐々に停車し、

バスが大きく揺れ始めた。

周りの車や木も大きく揺れてる。

間もなく揺れがおさまり、バスは走行再開。

仙台駅にバスが到着すると、人が皆建物の外に非難していた。

そして、

また大きな揺れ。

バスを降りて、いつもはタクシーで家まで帰るけど、道は渋滞してるし、そんな雰囲気じゃない。

走って家まで帰った。

人混みを抜けながら、変わり果てた街の様子が視界に飛び込んできた。

駅前のビルは斜めに傾いていたり、ガラスや壁が割れてたり、バス停が崩壊していたり。。。

家は無事だった。

中はまぁ、片付けられる程度。

とりあえず実家に電話・・・

したけど繋がらない。

その間、余震なのか何度も大きな揺れが起こる。

気持ちがどんどん焦る。

何処にかけても電話は繋がらない。

メールも遅れない。

でも、やっと一回親と繋がった。

「一人になるな。」

そんな親の一言。

この瞬間、一人暮らしであることが急に心細くなった。

引っ越してきたばかりで近所に知り合いなんて皆無。

知り合いは居るけど遠い距離。

完全に孤立状態。

揺れる度に不安と恐怖が募る。

一人、部活の先輩に電話が繋がった。

「職場に連絡取れ。」

すげー冷静な指示が来た。

でも、確かに職場も心配。

結局その後誰とも連絡取れないまま、携帯の充電が切れた。

電気が止まったからだんだん暗くなる。

雪も降って来たから室温もかなり低い。

蝋燭とか探したけど。。。

無い。

途方に暮れ始めた時、昔高校のクラスメイトが誕生日にくれたアロマキャンドル見つけた。

というか飾ってた。

火なんて勿体無くてつけられない!

とか言ってた自分にさようならww

その夜は、寒さと恐怖に震えながら何とか寝ました。

寝れたのか?

揺れる度に目を覚ましていたから寝た気がしない。

朝の5時には起きて出勤の準備。

7時には職場に着く様に家を出た。

信号は機能していない。

職場に着くと、

めちゃくちゃになった事務所の奥で、寝ている同期と営業部の上司を発見。

恐らく泊まったんだ。

まだ寝ている。

僕は起こさないように事務所を後にして、館内を確認。

時間的に、通夜の準備をしている時に、地震が起こったんだ。。。

ホールに入って僕は愕然とした。

大きな祭壇さえも崩れ落ちてた。

仏具は床に転がり、壊れ・・・

壁にはいたる所にヒビ。

鏡は割れて、天井は落ちてる部屋もあった。

会社で一番古い会館だからな。。。

形があるだけマシだ。

事務所に戻ると二人が起きてた。

僕は「式は・・・?」なんて愚問をぶつけた。

「できるわけねぇじゃんww」と、上司は笑って返した。

この日は館内の復旧作業。

そして明日もといった感じ。。。

そして、

また夜が来る。

僕は家に帰りたくなかった。

僕が住んでいる区で、津波によって何百人も死者が出ていた。

僕の家は区でも端っこだから津波には遭わなかったけど・・・

多分あと一回来たら持っていかれる気がする。

先輩や上司も、僕の家の場所を知っているから帰らない方が良いと言った。

二日目の夜は職場に泊まる事にした。

同期と、営業部の上司と3人で。

男しか泊まってはいけないとか・・・

知らねーわww

この日の夜は凄く安心して眠りました。

地震から3日目。

この日も復旧作業。

でも、僕の職場は葬祭会館。

会社は動き出していた。

地震で亡くなった方の安置場所になるのが当然の話。

本社では何百という数の棺が手配され、県内の葬儀社が一同に集い、対策本部を立ち上げた。

僕の会社の社長はそこの本部長といったポジションなんだろう。。。

そして、

地震から5日目の今日。

検死が終わり、身元が分かったご遺体から順に、会館に安置され始めた。

僕の会館でも、ホールにいくつもの棺が徐々に並んでいく。

僕はただひたすらご遺族の案内をする。

その度に、

深い悲しみに襲われる遺族を見守る。

泣き崩れる人の、悲痛な叫び。

嗚咽交じりの声。

でも、返事は聞こえない。。。

僕は柩へ案内した後は、ホールの外に用意した焼香台の前で待つ事になっている。

でも、

遺族の嘆きは、扉一枚なんかで抑えられはしない。。。

何で、何でこんな事になってしまったんだ・・・

僕の頭の中はそればかり。

僕は冷静で居なくてはと思いつつも、

お線香を手渡す時、ご遺族の顔を見れなかったりした。

ご遺族が帰った後、

香炉に手向けられた線香を、視界が滲んで見れなかった。。。

明日もきっと、

たくさんのご遺体が運ばれてくる。

僕の仕事は、その方をお迎えし、最後まで見送ることと、ご遺族を安心させること。

まだ半人前だから、できる事は少ないけれど、

一人でも多くの方を、安心させてあげなくては・・・

明日も頑張りますよ。

ガソリンがある限り、ちゃんと出勤します。

ガソリン尽きたら自転車で出勤しますよww

とりあえず僕は元気です。

ココに書きたいことたくさんあるけど、

今回はとりあえず無事の報告と、

いつ家が津波に持っていかれても良い様にちゃんと記録を残しておかないとと言うことで更新してみました。

それでは最後に一言・・・

一人暮らし始まって以来の心細さです。

正直恐いです。

眠れません。

でも寝ます。

だって明日もお仕事だからww

宮城から、智斗が報告致しました。

落ち着いたら、地震時の詳細を更新しますww

皆さんも、

どうかご無事で!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

『地震』にて。

こんな時にネットなんてゆっくりできる暇なんて無いけど・・・

とりあえず、

生きてます。

元気です。

元気ですので・・・

今から仕事行って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »