« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

『性分』にて。

あっという間に5月末。

商品管理部での研修も残りあとわずかです。

6月からは各会館での研修となるのですが・・・

先日、6月からの僕らの配属先を同期が、

上司のパソコンから勝手に入手してきました。

どうやら画面に出ていたのを勝手に写メしてきた模様。

我慢できなかったんですね。

わかります。

どうやら、研修生を除き、7人の新卒者を2・2・3の割合で振り分ける模様。

振り分けられる先は会館の中でも大きいT区、A区、I 区の3つの会館。

中でもT区は同時に3件の式が出来るくらい大きい会館。

ここで仕事が出来ればもう恐いもの無しと言っても過言ではない。

行きたい様な、行きたくない様な。。。

でも一番家から近いww

A区は街中にある会館の為、お客様からの人気は高い。

僕的には、車で行くにはなかなか面倒な場所な為、配属されたらちょっとしんどい。

I 区は、以前僕が大学時代に住んでいた地区。

地理は、他の区に比べたら一番把握している地区。

でも正直、

今の家からは一番遠い。

運転歴の短い僕には、なかなか過酷な道程になること必至。

ドキドキしながら同期が撮って来た写メを見る。

・・・。

・・・・・。

智斗・・・・・・・。

6月・・・・・・・・・・。

I 区会館。

...orz

うん。

大丈夫。

I 区大好きだから。

きっと早く道も覚えるよ(ρ_;)

朝、太い道路って混むのかな。。。

そして、

I 区会館のしんどさは体力面です。

3階建てなのに

エレベーターが無い。

その為、大きな荷物も階段を駆け上がって運ぶほか無い。

以前、生花部での研修中に、生花スタンドを担いで3階まで登ったけど・・・

一回往復するだけで腕が死ぬ。

まぁ・・・

普通の女の子は1往復もできないらしいですけど。。。

まぁ、そんなこんなで、僕は6月から再び住み慣れたI 区での勤務に。

大学の後輩とかに遭遇しそうな、しない様な。。。

でも、配属表をよく見たら、

7月、8月・・・と、毎月配属が変わるらしい。

予定では、僕は7月はT区、8月はA区。

一ヶ月でちゃんと仕事が出来る様になるのか不安ですが、頑張ろうと思います。

僕の中で何が一番不安かって、

通勤が不安ですからね。

車の運転恐すぎです。

昨日も、突然前日に朝早くにT区の会館に行ってくれと言われ・・・

いきなり車線間違えて迷いましたからね。

僕はチキンなんで、朝から涙目でした。

そんな落ち着かない日々です。

仕事の休憩中、一人自販機の前で飲み物飲んでる時が癒しの時間です。

まぁ、そこは他の社員も休みに来るので、一人じゃない時もありますけど。

先日も一人休憩していると・・・

S主任「何してんの?」

僕「あ、お疲れ様です。そう言えば、風邪大丈夫ですか?」

※前日、熱があったらしいです。

S主任「もう駄目だよ↓ちょっとコレあげるわ。。。」

そう言って手渡されたのは社員用電話。

コレに追加注文とか仕事の依頼が業務課より連絡が入る端末。

僕「えっ!?ちょ・・・これ社員電話じゃないですかsweat01

S主任「俺もう疲れたから代わりに電話出て。」

僕「・・・。僕が電話出ても何も出来ないですよsweat02

S主任「良いから、良いからww大丈夫、大丈夫ww」

僕「いゃいゃいゃいゃsweat01

まぁ、冗談なんですけど、思いがけず初めて社員用電話を手にしました。

見た目は家庭用の子機電話をさらにコンパクトにした様なモノでした。

手渡された手前、ちょっと眺めてました。

すると・・・

生花部Mさん「S、昼買いに行こうぜ~」

僕「あ、お疲れ様です!」

生花部のMさん登場。

そして、

S主任「ちょ、何してんの!電話返してよ!

僕「えぇっーーーΣ( ̄ロ ̄lll)!?」

S主任「これ勝手に触っちゃ駄目なんだからね!」

僕「いゃいゃいゃいゃsweat01

癒しの時間中に、まさかの辱めを受けました...orz

さらに、二人がお昼を買いに去った後も一人でぼーっとしていた訳なんですが・・・

休憩が終わった後、

同期Y「お前さっき一人でいたじゃん?」

僕「え?あぁ・・・うん。」

同期Y「社員さん心配してたよ?『智斗さん・・・

一人でいるなんて何かあったのかな?』って」

僕どんだけ一人でいること珍しいのΣ(゚д゚;)!?

どうやら、いつも元気だから大人しくしているのが珍しかったらしいんですよね↓

僕でも大人しくしてる時あるんですけどね ^^;

さてさて・・・

今日はお仕事お休みなんですが・・・

今夜は会社での記念パーティーがあるんですよね。

ホテルで。

社員は自分の家族を招待するんです。

僕の両親も来ちゃいますww

上司が、

「皆、ご家族の方とどっかで待ち合わせとかするでしょう」ということで、今日一日お休みをくださいました。

まぁ、

その直後、

母「現地集合で良いよね?」

ってメールもらった僕ですが。。。

そんな訳で、

今夜は皆お洒落してくるのでね、

今度こそ大人しくしてようと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

『乗物』にて。

明日から、

車通勤になります。

今日、実家から仙台まで車を持って来ました。

いやぁ・・・

たくさん渋滞作ってしまったです。。。

後続からのクラクションが若干のトラウマです。

正直、僕的に後ろの方々へ

察しろよっ!!(lll゚Д゚)ノsweat01

・・・って心境だったのですが。。。

でも、何とか無事持って来れて良かったです。

バックで駐車も、後続からの圧力というカタチで何とかできる様になりました。

明日は会社の駐車場で社員の皆さんにご迷惑かけない様に気をつけたいと思います。

特に・・・

社長のベンツの近くには絶対に行きません。

さて・・・

車を持つにおいて必要なモノ・・・

注意力、集中力、テクニックと色々ありますが、

やっぱり一番必要なモノは、

駐車場です。

僕の住んでいるアパートに、駐車場はあるにはあるのですが、

これがまた狭いsweat01

そして、坂道の途中という罠sweat02

これはさすがに僕の技術じゃ無理と父親が判断し、

アパートの目の前にある月極駐車場を借りる事に。

管理している不動産に連絡したところ、

必要なモノを揃えて、来る前に一度連絡を・・・とのこと。

僕は数日前に、「今から行きますよ~」的な連絡をしたら、

出ない。

何度かけても電話に出ない。

夜なら遅くまで事務所に居ると言っていたのにsweat02

明後日には車持って来ちゃうのに↓

でも、結局その日は繋がらず...orz

次の日の午前中に再び連絡。

繋がらない。

その日の午後にも再チャレンジ。

玉砕。

正直焦る。

仕方ないので、ちょっと街に出てキーケースでも探しに行ってみる。

途中に、直接不動産事務所へ行ったけれど、

どうやら不在。

もう仕方ないと思って、夕方まで買い物。

けど、残念ながら気に入るキーケースは手に入らなかった。

全くついて無い一日↓

しょんぼりしながら再び事務所の前を通ると・・・

電気がついている!!

僕はもしや!?と思ってドアに手をかけた。

開いてるshine

僕は中に入り、訳を説明。

事務所には、社長であるおじさんと、その奥さんであるおばちゃんの二人しかいなかった。

どうやら、おばちゃんがそれとなく僕のことを覚えていたらしく、契約の手続きをすることができた。

僕は、昨日の夜と、今日の昼間電話したことを話す。

僕「ここって、何時から開店してるんですか?」

おばちゃん「ここね、いつも15時から開けてるの。」

遅っsign03∑(=゚ω゚=;)sweat01

僕「昨日の夕方も電話繋がらなくて・・・」

おばちゃん「昨日はね~・・・

風邪引いちゃったから早く閉めたのよね ^^;sweat01

僕「そうだったんですか・・・」

おばちゃん「社長はずっと事務所にいるんだけど・・・

電話取らないから。

取れよっsweat01

自由過ぎだろっsweat01

・・・って思ったけど、ちゃんと心の中で留めました ^^;

そして、何とか無事に手続きも終わり・・・

僕は一端帰宅。

この日は夜に道場に行って、そのまま実家に帰ろうと思っていたのでね。

家で準備して、道場に向かう時、

不動産から電話。

僕「もしもし。」

おばちゃん「あ、智斗さん(名字)sweat01さっきちょっと渡し忘れた書類と、補足説明があってsweat01ごめんなさいねsweat01最近物忘れが激しくて↓」

僕「大丈夫ですsweat01

おばちゃん「あのね、登録名簿ってのがあって、それを智斗さんのお家のポストの入れておくから、記入したら、事務所のポストに入れておいて欲しいのsweat01記入は、名前と、車種と、ナンバーをお願いねsweat01

僕「わかりました!連絡ありがとうございます!」

おばちゃん「では、失礼しますねぇ~」

社長はなかなか自由な人だったけど、おばちゃんはなかなか良さ気な人ですた。

そして、稽古が終わって、更衣室に戻ると、僕の携帯に留守番電話が。

どうやら、また不動産のおばちゃんだ。

なんでも、また説明し忘れたことがあるから、もう一回電話が欲しいとのこと。

僕は再び電話をする。

僕「もしもし、智斗です。先ほどは電話に出れなくてすみませんでした↓」

おばちゃん「いぇいぇ、こちらこそ説明忘れてごめんなさいね↓最近物忘れが多くて。。。

それで・・・

登録名簿ってのがあって、それを智斗さんのお家のポストの入れておくから、記入したら、事務所のポストに入れておいて欲しいのsweat01記入は、名前と、車種と、ナンバーをお願いねsweat01

僕「わかりました!連絡ありがとうございます!」

おばちゃん「では、失礼しますねぇ~」

・・・って、

さっきも聞いたわっ(lll゚Д゚)ノsign01sweat01

おばちゃんの物忘れちょっと大丈夫か心配になりましたsweat01

こんな感じで駐車場借りて、

現在、無事に使っています。

なんと、僕の車と同じ車種の車が駐車場にもう一台。

色は違うけど・・・

なんかよく見たら形も違う。。。

うちの車の方が車高が低く、変な羽?みたいなモノが付いてる。

僕「お母さん、何でうちの車ちょっと形違うの?」

母「あぁ・・・

お兄ちゃんとお父さんが飾り付けるの好きだから。。。

・・・。( ̄ロ ̄lll)sweat02

そういえば前に、僕らを乗っけて公道で120キロ出した上司の車の車高がとても低く、

それに対して・・・

僕「こんなに車高低くしてsweat01危ないじゃないですかsweat01車高低くする意味わかんないっすsweat01

って、言い放った。。。

やべぇ・・・

明日、車で会社に行くのちょっと恐ぇ...orzsweat01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

『挨拶』にて。

洗濯物が見事にYシャツだけの物干し台を眺めながらの更新です。

明日、やっとお休みです。

やっと連勤地獄から抜け出せました。。。

商品管理部でのお仕事は覚えることが多くて大変です。

ひたすら倉庫での荷物の出し入れや手入れ。

事務所内での座学の繰り返しです。

道具を運び出したりするのは全く苦では無いのですが・・・

僕が普通に持てる荷物を、

同期の女の子は重くて持てないというカルチャーショックと戦う日々です。

。。。

今日は会社の全体会議がありました。

社員全員が集まり、各部署長が前期の結果報告と、今期の目標や計画を発表する会。

僕らは何処にもまだ属してないから、ただ聞いてるだけで良かったんですが。。。

N部長「明日、新入社員を紹介するから・・・

誰か代表して挨拶してもらうから。

なんとまぁ大役だこと。

N部長「新卒の中から出すから、皆で話し合って代表決めて、後で言いに来て。」

それは退社直前に起こった悲劇でした。

つまり・・・

代表決めるまで帰れないsweat01

同期H「俺は入社式で答辞読んだからねww」

同期S「そうだよね。だったらここはY君が良いんじゃない?」

同期K「うん。男の子がやった方が締まるだろうしね。。。」

僕の同期には男の子は2人しかいません。

一人は入社式で答辞を読んでいるので、矛先はもう一人の男の子へ。。。

僕も、こういった事は男の子が適任だろうと思ってました。

同期Y「え?sweat01いゃ・・・ここは一番朝礼で声のデカい

智斗が良いんじゃね?

やられた。。。

はい。

僕は朝礼の社訓詠唱で、

声が一番大きい女の子で有名です。

まさかのとばっちり。

同期M「あぁshine智斗ちゃんなら女の子だけどきっと締まるよshine社長に気に入られてるしshine

同期K「智斗ちゃんなら声大きいしねflair良いと思うなdash

え?

ちょっと・・・

皆、

マイクって知ってる?

アレって、小さい声でも大きくなるんだよ?

。。。

こんな流れで僕は新入社員代表の挨拶をすることになりました...orz

言われたのが本番前日の夕方っていう時間の無い罠。

僕は家に帰るや否や挨拶文を考えました。

今まで部活の主将とかやってた人に連絡したりしました。

主将挨拶とかしてたからね。

とりあえず・・・

アンタすげーよsweat02的なことを言ってみました。

人前で挨拶する日が来るなんて考えて無かったから大変ですsweat02

N部長曰く・・・

挨拶は40秒から3分で。

ちょwwスタンス広すぎなんですけどsweat01

何とか1分30秒くらいの文章が完成させましたけどね。

あとの問題は・・・

僕がカミカミなこと。

普段会社で喋ってて、僕がカミカミなこと知ってるクセに、

僕にこんな役を与える同期らは一体何を考えているのか...orz

僕は本番に弱くも無いけど、

決して強くもない。

何度練習しても噛む。

また噛む。

噛みまくる。

ゆっくり読んでも噛むのは、もはや自分でも才能だと思う...orz

今日、会議当日の朝、皆の前で考えた挨拶を詠唱してみる。

同期「噛みすぎじゃね?

だから言ってんじゃんっ(lll゚Д゚)ノthundersweat01

でも、そんな事言ったって、もう日程表には「新入社員代表 智斗」って書かれている。

もう後戻りはできない。

会議の時間に近付くたび、

胃が気持ち悪くなる。

呼吸が苦しくなる。

全社員大体約120人。

120人の前で話した経験なんて皆無。

社長の話が呼ばれて、ついに新入社員紹介になった。

僕らは名前を呼ばれ、ステージに上がる。

社員さんは、円卓に座っているため、一直線に見られていないだけ救いだった。

司会「では、新入社員を代表して、智斗さんに、今期の抱負を一言、お願いしたいと思います。智斗さん、お願いします。」

僕「はい!」

僕は返事をして一礼。

マイクの前に立った。。。

そして・・・

此処からの記憶がありません。

マジでもう何を言ったかイマイチ覚えて無いっす。

あ、

昔からの夢で、一度は言ってみたかったフレーズである、

これからも、ご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。

って言って最後締めたのはちゃんと覚えていますけどww

僕を知ってる社員さん達からは、

「良かったよsign01」「頑張ったねshine」「お疲れ!大変だったねsweat01

的なお褒めの言葉や、労いの言葉をいただけたのですが・・・

同期からは、

「お前マジ噛み過ぎだしsweat01

「聞いててめっさヒヤヒヤしたわっsweat01

「まぁ・・・練習よりは良い出来だったよsweat02

「・・・お前、超ウケるなww」

的なクレームの嵐...orz

優しい子はね、「智斗ちゃん!頑張ったねsweat01ちゃんと言えてたよsweat01とか言ってくれましたよ。。。

本当に。。。

社交辞令って素敵(ノ_-。)

挨拶が終わった後の放心レベルは半端なかったっす...orz

とりあえず、考えた文章はちゃんと全部言えてたようです。

・・・なんで原稿見て喋らなかったかって?

部長が見ない方が良いって言ったからですよ...orz

しかも、

会場に入った後に。

一応、内容は全部覚えてましたし、元々原稿は見ないで喋ろうと思っていたのでね。。。

大丈夫ではあったのですが・・・

本当に緊張しました。

出来ればもう二度とやりたくないです。

。。。

明日は同期の女の子とラーメン食べに行きます。

出来れば夕方に道場にも行きたいです。

本当に今日は精神的に疲れました↓

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

『映画』にて。

えぇ・・・っと。。。

 

 

 

GWって、何ですか?

食べ物ですか?

美味しいんですか?

それとも何かのブランド名ですか?

現在僕は・・・

8連勤の真っ只中です(ノω・、)

世の中が休日で過ごしている中、

僕らは連勤。

まぁ、こんな人世の中にはたくさんいらっしゃるんでしょうが・・・

GW中に一日くらい休みがあってもよくないですか?

何?

このGWに一切かすりもしない日程表...orz

一ヶ月前まで学生という身分でぬくぬくと過ごしてきた僕にとってはなかなかヘビーです。

今日も、研修中にお家に帰りたくなりました。

今日から商品管理部っていう部署での研修開始。

この部署での研修はなんと一ヶ月間。

つまりは5月一杯ずっと商品管理部での研修となりまっす。

デスクワークから解放された僕らですが。。。

ここはここで仕事の量や覚えることがたくさんありすぎて結構しんどそうです。

まぁ、体動かせるだけマシです。

さて、

たまにはお仕事以外のことも書きましょうか。。。

この前実家に帰った時、

映画に行ってきました。

観たいモノが丁度あったものでww

最初は、兄も一緒に観に行くとか言ってたんですが、

当日。

全く起きる気配の無い兄。

まぁ、別にどうしても一緒に行きたかったわけでもないし、

元々一人で行くつもりだったのでね。

僕は気にせず一人で行きましたよ。

映画館って、曜日によって色んな割引してたりするんですが、

この日はレディースディでは無い曜日。

まぁ、お給料も貰ったし、

普通の料金で観ても全然良いと思い、窓口へ。

すると、

この日も何やら割引の曜日らしい。

自分にはきっと関係無いと思いつつ確認。

ふたりディ。

二人で来れば、2000円だとか。。。

・・・。

ぁ、兄貴ぃぃぃぃっつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

周りを見渡せど二人、二人、二人、

僕一人...orz

コンチキショーと思いつつ、

僕は一番良い席で映画観てきましたっと。

そんな休日の一時でした。

あぁ・・・

早起きしたくねぇなぁ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »