« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月17日 (木)

『道場』にて。

昨日は、雪が降る中、自転車こいで道場へ行きました。。。

この寒さですからね。

道場生さんも少なかったです。

でも、いつも来てる方はいらしてました。

でも、

一人だけ・・・

毎日稽古に来る方が、昨日は珍しく欠席。

僕は、道場生の方に「今日Tさん居ないの珍しいですね。」って聞いてみました。

すると、道場生のKさん曰く・・・

Kさん「それ今禁句なんだsweat01

僕は、とりあえず何かあったんだと思いました。

恐らく禁句というのは先生の前でということでしょう。

僕は気になり、先生が道場から居なくなってから聞いてみました。

すると・・・

Kさん「もしかしたら・・・もう来ないかもしれないんだよね。。。」

まさかの返答。

僕「え!?先生と喧嘩でもしたんですか?」

Kさん「いゃ、喧嘩はしてないんだけど・・・」

僕「(;・ω・)?」

どうやら、聞くところによると、

Tさんが一方的に先生のやり方に対して耐え切れなくなったとか。。。

Tさんは、道場生の中でも一番頑張っていた人でした。

まだ段は持っていませんでしたが、

次の審査を受ければ初段というトコロでした。

でも、

何故か先生はTさんに昇段審査を受けさせないとか。。。

勿論、Tさんに実力が無い訳ではありません。

そして最近、やっとTさんの昇段審査の話が持ち上がったと思ったら・・・

来年の7月と言われたらしいです。

Tさんが1級を取ってもう1年。

そろそろ受けても良い頃。

でも・・・

先生の判断はあと半年。

まぁ、コレだけなら良かったんですが・・・

Tさんを差し置いて、全然稽古にも来ていない人が、半年後に引っ越すので、

初段とってこの地を離れたいと申し出たところ、

先生がすんなり受諾。

その人は今年の末に昇段審査を受けるらしいです。。。

自分は受けさせてもらえないのに。。。何で?

どうして稽古に全然来てない奴が受けさせてもらえるんだ?

そんな想いから、「月曜日に来なかったら、もう一生来ないと思って。」と言い残し、先週、道場を後にしたそうです。

僕がその話を聞いたのは今週の水曜日。

Tさんは稽古に来てませんでした。。。

僕はその話を聞いた時、

自分の昇段審査の時の話を思い出しました。

僕の同期の中で、稽古を怠っている居る奴がいるから、全員の審査が延期。

何で頑張ってる人が、稽古怠っている奴に合わせなきゃいけない?

僕は主将に頼み、先生に頼み、

同期よりも早く初段を取りました。

唯一3年生だったという事で時間が無かったというのもありましたが・・・

理不尽な事で審査を受けさせてもらえないという気持ちは痛いほどよく分かりました。

でも、

道場生さんからしたら、僕ら学生が定期的に審査を受け、すんなり初段を取り、黒帯を締めるという事に関しても、きっと良くは思われていないはず・・・

道場生さんは僕らみたいな学生なんかよりすごく長い間稽古に取り組んでいるのに。。。

いくら学生の部活だからとは言っても、

同じ合氣道に取り組んでいるはずなのに扱いに差があると思ってもおかしくはないでしょう。

現に、学生の黒帯所持者でも、道場生の白帯の方には敵わなかったりしますから。。。

僕ら学生は、とても楽なレールの上に居る様に思います。。。

僕が学生でいる以上、Tさんの気持ちはわかってあげれないのかもしれないです。。。

簡単に審査を受けられない道場生。

簡単に審査が受けれる学生。

同じ先生なのに・・・。

僕ら学生の存在は、道場生からしたら面白くない存在で、

Tさんの納得のいかない要因に、少ないとはいえなっていたのかもしれないです。

僕が黒帯を取って間もない頃・・・

Tさんと組んだ時、

僕が黒帯を締めてる事に関して、良く思っていないのだというのがわかる発言をされた事を思い出しました。。。

若干の嫌味です。

人が良いはずのTさんの口から嫌味。

それぐらい、僕が黒帯取った事にも悔しさを覚えていたのでしょう。。。

だって・・・

始めて2年そこらの小娘が黒帯で、始めて5年の自分が白帯。

しかも努力もしっかりしてるのに。。。

きっと僕がTさんの立場ならば、悔しさ大爆発だと思います。

それに、

学生なんて、たまに気まぐれで先生の道場へ顔を出しても、その一回きり。

後は来ない。

いくら部活で稽古してると言っても、

自由気ままに稽古して審査が受けられる。

そう思われても仕方ない事をしていた気がします。

だから僕は、道場生さんに「学生でもちゃんと頑張ってる子いるんだな。」と思ってもらいたくて・・・

毎週道場へ行こうと決めたんですがね。

Tさんの悔しさが伝わって来たから・・・

「何でこんな奴が黒帯締めてんだ!」なんて思われたくないですから。。。

それでなくとも、

僕は来年の2月には二段の昇段審査を受けるつもりでいますからね。

僕と一緒に初段を受けた先輩から・・・

「智斗は二段でリベンジしろ!!」

って言われてますから。

恥ずかしいマネはできません。

「所詮学生」と思われるのなら、

最大限の事してから思われたいです。

そして、

Tさんにもう一度道場に来てもらいたいです。

確かに先生の判断は理不尽かもしれないですが・・・

ここで諦めたら、それこそ今までの頑張りが無駄になってしまう。。。

僕はTさんに八つ当たりをされた時から、

道場に通うと決めたのに・・・。

そのTさんが道場に来ないなんて。。。

僕の気持ちがおさまりません。

僕に悔しさを感じたのなら・・・

意地でも黒帯を取って欲しいです。

生憎、道場生の皆さん誰もTさんの連絡先を知らないらしいので、

「稽古来い!」とも言えない状況だとか・・・。

この日記だって、Tさんは知りもしないですからね。

この僕の気持ちが伝わることは無いのですが。。。

同じ合氣道を嗜む者として、

復活してくれる事を祈ってます。。。

僕ももっと頑張らないと。

。。。

ちなみに、話の流れで聞いたのですが・・・

僕が道場に行き出した頃も、

道場生さんからは「ウルサイ子がまた来てる。」としか思われていなかったらしいです。

でも今は、

「一番めんこい子」に変わったらしいです(*ノv`) ~♪

少しは、受け入れてもらえた様ですねww

。。。

久しぶりに「審査が延期」になった時の事を思い出したら、

涙が出ました。

でも、

本当に悔しいんですよね。

自分の頑張りを否定された様で。

先生の考えは、僕にはよくわかりません。

ただ、

僕が道場で、知らなかったとはいえ禁句を発してしまった時・・・

門下生の名前が書かれ、並べられている木札を、ただじっと眺める先生の後姿も、僕は見ました。

きっと、

今まで休まず稽古に来ていたTさんが、突然稽古に来なくなった事に関して、

先生も何かしら感じているのかもしれないです。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

『動画』にて。

今日は、とある動画サイトを見て、

『じゃがい餅ーズ』なるモノを作ってみました!!

材料は。。。

  • ジャガイモ・・・好きなだけww
  • 塩・・・結構いっぱい。
  • 胡椒・・・少々。
  • 片栗粉・・・好きなだけ。(目安はジャガイモ1個に対して大さじ1)
  • バター。

ですww

①まず、ジャガイモを皮をむいて、適当に切り、箸が通るまで茹でます。

この時、鍋に塩を好きなだけ入れてくださいww

大さじ1~2くらい。

薄味が好きな方は控えめが良いでしょう。

②茹で上がったジャガイモを、水を切ってボールに移します。

そして、そこに片栗粉と塩コショウを少々入れて・・・

ノバシ棒的な物で潰します。

この時、片栗粉を多めにすると、仕上がりはモチモチ。

少なくするとホクホクに仕上がるので、お好みの量を入れてください。

今回、僕は多めに入れますたww

潰してるうち、芋がモチモチとしてきますww

ちょっと感動しますww

③充分に潰し終わったら・・・

掌に適量を取り、ジャガイモもの中にチーズを入れて丸めます。

この時、平べったい形にしてください。

チーズの種類はご自由に。

今回、僕はモッツァレラチーズと、市販のと○けるチーズの二種類を作りました。

④形が出来たら、焼きます。

フライパンにバターを敷いて、両面に焼き色が付くまで焼きます。

バターが無い時はサラダ油で。

今回僕もサラダ油で焼きました。

元々、芋に火を通しているので、焼き色を付けるだけで大丈夫です。

そして、焼きあがったら、お皿に移して・・・

091208_192301  

完成!!

 

中のチーズも・・・

091208_193001

 

こんな感じww

 

写真のはと○けるチーズバージョンです。

僕的に、モッツァレラチーズの方が美味しかったですww

ぜひ、お試しくださいww

塩をきかせると美味しいですww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

『提出』にて。

仮ですけど。

しました。

卒論。

僕のゼミでは昨日と来週の二日に分けて仮提出日が用意されてますた。

先生が添削する都合も考えて、なるべく分散させて提出すべきなんですが・・・

僕「今日、卒論出す?」

友人M「え?出さないよ?

・・・ってか、情報によると今回出すの

智斗だけみたいだよ?

Σ(゚д゚lll)!?

マジかよ。。。

まぁ、良いけどね。

とりあえず、午後のゼミまでに表紙とかもキチンと作らないと・・・

表紙。。。

Σ(;゜Д゜)ハッ!!

我が大学の卒論の表紙には、日本語タイトルと一緒に

英語でタイトルを書かねなりません。

すっかり忘れてました。

僕の英語のレベルは・・・

中学校一年生以下です。

マジで。

だから辞書無しでは英文なんて作れません。

僕は図書館へ行き、心理学辞典で必要な単語調べて、研究室へ行き・・・

僕「僕に英語を教えてください....orz!!

友人Y「あぁ・・・良いよ ^^;」

僕「ありがとうございます つД`)・゚・。・゚゚・*:.。」

Yさんは去年ドイツへ留学していまして、英語ペラペラなんです。

僕の勢いに研究室にいた他の人たち思わず失笑。

僕「一応必要な単語は調べて来たんですが・・・」

友人Y「あ、本当に?・・・う~ん。。。

ぁ、この単語名詞だった?」

僕「・・・!?」

友人Y「ん?」

僕「忘れてました。。。英語には名詞とか色々あるんでした...orz」

友人K「日本語にもあるんだよ!?

僕「Σ( ̄ロ ̄lllノノ!?」

鋭い友人Kの鋭いツッコミにめげている間に、

Yさんはちゃっちゃと英文作ってくれました。

お陰で僕は無事に提出できました。。。

仮ですけど。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

『運命』にて。

できた・・・。

ついに書いた。。。

卒業論文!!

嘘じゃないよ!?

明日仮提出なんす。

真っ赤になって返って来る事間違い無しだけど、

とりあえず出来た。

そんなわけで、

突然話を変えますけど、

皆さん・・・

初恋はいつでしたか??

また・・・

その相手の事まだ覚えてますか??

まぁ、僕が・・・

ここで自分の初恋語るのか?って言ったら別にそういう訳ではないんですけど・・・

最近、すごい感動話を読んだんです。

主人公は、一人の男の子。

中学校の時に隣の席になった女の子に恋をします。

勿論初恋。

でも、女の子は高校生になる前に転校。

男の子は一生懸命ラブレターを書くんですが。。。

この続きは是非皆さんの目でご覧になってもらいたいですねww

↓↓『消しゴムをくれた女子を好きになった』↓↓

http://www.youtube.com/p/7FD64BFA24B7249F&hl=ja_JP&fs=1"></param><param

結構長いですけど、

凄く良い話です。。。

「運命」ってモノを、ちょっとばかり信じてみたくなりましたね。

。。。

今日は天気も悪いし、鞄の紐千切れるし、

お気に入りの傘実家に忘れて来てたしであんまり良い事なかったんですが。。。

今日、この話の最後を読んで、

嫌な事全部吹っ飛びましたww

卒論は吹っ飛んでねぇーけど...orz

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »