« 『同輩』にて。 | トップページ | 『結果』にて。 »

2009年10月16日 (金)

『実験』にて。

いつも現実に背を向け気味の僕ですが。

たまには卒論関係の日記を書こうと思います。

ちゃんとやってはいるんだよ~??っていうアピールです(笑)

これ見て安心してくれる人がいたら幸いです。

安心できないという方は・・・

何でも好きに物申してくださいww

。。。

母「アンタ・・・

いつ実験やんの?

そう母に電話越しで問われてからどれくらい経過したでしょう。

9月の中旬くらいに母親と卒論の話をしていた時、

母「智斗の卒論って実験やらない事には進まないんじゃないの?」

ご名答。

まさにその通り。

でも、その時の電話では「予備実験」の日程が確定しそうだ的内容だったので、一応母親が満足いくであろう返答ができた訳なんですが・・・

僕「一応9月末に予備実験できそう。。。」

母「そっか~・・・お母さん的にいつ実験するのかずっと気になってたんだよね。実験しないと卒論書けなそうな内容みたいだし。。。

まぁ、あえて言わなかったんだけどね。

何故だ...orz

別に何をどうツッコンでもかまいませんて...orz

そんな訳で、一応9月末に予備実験を無事に済ませた訳ですが。。。

勝負はこれからです。

予備実験はあくまで予備。

本実験が上手くいくかを確かめる為の実験。

メインは本実験ですからね。

実験手順は予備も本もどちらも同じなのですが・・・

何が違うかって

実験の被験者が違う。

実験において、実験を行う人。この場合僕の事を「実験者」と言い、実験に参加する人。

まぁ・・・いわゆる

実験台です。

実験台となる人を「実験参加者・被験者」等と呼びます。

実験台では響き悪いですからね ^^;

予備実験では、僕の知り合いを集めて実験を行っても良いという事でしたので、

4年生の権力で・・・

後輩にお願いして実験に参加してくれる人を集めることが出来ました。

でも・・・

本実験ではそうはいきません。

知り合いだと、どうしても結果偏りができるとかで、全く知らない人を使うのがセオリーです。

なので、この時期4年生は、参加者集めに手を焼きます。

なるだけたくさんの人を集めなくてはいけないので。

では、どうやって知らない人を集めるかと言いますと。。。

大学で行われている講義の時間を、その講義担当の先生にお願いして10分~20分程度貸してもらいます。

その時間に、質問紙に答えてもらったり、実験に参加してくれる人を募集したりします。

講義には一教室30人から多くて200人以上の学生が参加しているので、上手くいけばたくさんのデータが収集できます。

でも。。。

それはあくまでその場で質問紙に答えて貰うパターン。

実験参加者を募集する場合・・・

非常に厳しい状況になります。

過去に、200人程いる教室で実験の参加者を募った先輩がいたそうです。

全員に用紙を配り、参加しても良いという人は必要事項を記入し用紙を提出する。

と言ったいたって簡単な方法なのですが・・・

ちゃんと返却された枚数は

たったの6枚。

200人もいるのに...orz

でも、所詮そんなもんらしいです。

学生は面倒な事が嫌いですからね。

他人の卒論なんて知ったこっちゃないわけです。

まぁ、実験の都合上な、実験内容を詳しく説明できないので、何されるかわからないという点に不信感を抱く人多いでしょう。。。

そんな話を聞いていて、さらに今年は厳しい事態が。

どうやら今まで何の授業の先生にお願いしても大丈夫だった呼びかけが、

心理学系の授業に限定されたとか。。。

何でも学校に苦情が来たらしいです。

「授業と関係ない事を何でする?」「授業料払ってんだから、時間いっぱい講義してもらわないと困る」..etc

あれですか?

モンスターなんとかって奴ですか?

まぁ、心理学系ではない学生からしたら関係無い事にかわりないのでね。

何ともそこは言えないです。

でも、こうした事から頼める先生が激減。

心理の先生だって毎回の授業で10分も20分も時間取られたんではたまったもんじゃないですからね。

なるべく一人の先生に集中しないようにしなくてはなりません。

そんな中、僕は自分のゼミの先生の授業時間を少し貰えることになりました。

ゼミの先生と言っても、3人の先生が合同で行う講義。

ゼミの先生が話しを通してくれましたが・・・

3人の先生に囲まれて僕の緊張はMaxでした。。。

学生の人数は80人。

この中から何人の人が協力してくれるもんだか・・・。

そして、ついに先生からマイクを受け取りました。

80人の学生の視線が僕に集中しました。

相手は2年生ですが、正直僕より年上に見える。

恐い。。。

でも、頑張らねば...orz

絶対可愛い人からのお願いの方が聞いてくれる人多いだろうという僕的単純思考の元、

普段より可愛い格好をしていった僕。

いつもはスニーカーなのにパンプスとかはいたくらいにしてww

走りにくいことこの上なかったっす↓

でも、そんなジンクスは自信の一つにもつながらず・・・

噛んだ。

そして詰まった。

もうしどろもどろです。

どろどろです。

後にゼミの先生から駄目出しを受けた事は言うまでも無いでしょう。。。

僕は今回、授業の始めにお願いの用紙を配り、授業の終わりに回収という流れを先生から言いわたされました。

用紙をテンパりながらも配り終え、教室を一端後に。

不安を抱えて、再び教室に入り、先生からもう一度マイクを渡されました。

K先生「智斗さん。最後にもう一押ししてみてくださいww」

先生的気遣いだったんだと思います。

僕は

めっさ焦りました。

まさかの展開に頭は真っ白です。

僕「えっと・・・その。。。

たくさんの人の協力が必要です!きっと・・・

きっと皆さんも来年こういった事経験すると思うので、ぜひご協力お願いいたします!!」

言い切った。

アドリブながらに僕は言い切った。

最後の一行は我ながら良い事言ったと思う!!

一先ず安心。

マイクを先生に返却。

K先生「はい。ありがとう。まぁ、

この子たちが卒論書くのは再来年だけどねww

ちーん...orz

しくった。

そして、講義を終えた学生が教室を出て行く。

やっぱり、誰も用紙を返却してくれない。。。

まぁ、こんなもんか~・・・2年生だもんなぁ~・・・

無言で通り過ぎて行く学生達。。。

僕は心の中で

お前らみんな卒論で苦労したらいぃっ!!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

・・・ってガチで思いました。テヘッ

...orz

そう思ってうな垂れかけた時、

一人の女の子が用紙を持って来てくれました。

そして、今度は男の子が・・・

友達の分と言って数枚一気に持って来てくれた子も。

何か、

すごく嬉しかった。。。

タダのA4の紙1枚がこんなにも受け取って嬉しいモノだなんて。。。

そして、結果は

11枚。

80人中11人は快挙だと思う。

まだ足りないけど、一先ず少し集まって良かった。

2年生とか一番チャラチャラしそうな時期だけど、今の二年生は捨てたモンじゃないかもww

そして、教室を出る前に先生と一緒に教室に忘れ物が無いか机の下を確認。

僕の配った用紙が多数発見される。

・・・。

やっぱりお前らみんな卒論で苦労したらいぃっ!!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

...orz

ちょっと、二回も取り乱してしまいましたが・・・

希望は11コあるんでね。

この11人が必ず参加してくれるかもまだ分からないけど・・・

めげずに頑張ろうと思います。

中間発表も近いですからね。

。。。

今日はまた古本屋行って漫画読んで来ました。

今後ちょっと気になる漫画発見。

「テガミバチ」っていう漫画。

内容は・・・

手紙を届けるお話です。

僕もまだ1巻と2巻しか読んでいないのでよく分かりません ^^;

現在8巻まで出ているらしいですが。。。

あと、この前は「ご近所物語」っていう

ご近所で繰り広げられる物語の漫画を読んだりもしました。

幼馴染って良いですね。。。ww

皆さんも気が向いたら手に取ってみてくださいww

最近漫画の話が多いですが、ちゃんと卒論もボチボチやってますよ~ww

|

« 『同輩』にて。 | トップページ | 『結果』にて。 »

コメント

コメントありがとうございました☆

*こねこさんへ
今、「あ!!」って事になりつつあります。。。
統計処理でめげました↓
出来る気がしません↓
一応研究室から本は借りて来て勉強はしようと思うのですが・・・
どうなるか。。。

*モアさんへ
本当ですよ。
きっと学生にとっては面白い経験だと思うんですがね。。。
親の意見とは恐いものです(苦笑)

*しまさんへ
ですよね。
面倒ですよね。
僕もそう思います ^^;
そんな中、協力してくれたしまさんは素敵ですww

今、喉を守るためイソジンでめっさ嗽してますww

*ヒナコさんへ
一年生・・・
でも、一年生ってのも微妙なんです。
結構まだ大学慣れてなくて、警戒して消極的なんです ^^;
一番良いのは3年生なんですww
三年生にもデメリットはありますがね。。。

*碧さんへ
いやぁ~・・・
あんまりちゃんとはできてないよ~??(笑)

でも、応援してくれてありがとうww
がんばるよww

*Fisさんへ
そうですね。
何気にもう時間が・・・↓

マイクで話すのは・・・
まぁ、少しだけだったので ^^;

投稿: 智斗 | 2009年11月 3日 (火) 00時00分

智斗さんこんばんは~☆

卒論本気モードにはいったんですね。
私が卒論を書いた時は最後の文章をまとめていくのに
戸惑ったような記憶が・・・細かい文章チェックとか・・・
おおざっぱな性格なので。

卒論どうこうよりマイクを持って大勢の前でしゃべるなんて
しかもアドリブ・・・智斗さんすごいです☆
私にはめちゃくちゃ難しいので。

投稿: Fis | 2009年10月26日 (月) 18時42分

お久しぶりですnote

卒論大変そうですね(>_<)sweat01

けれど、
先輩はやることしっかりしているのできっと大丈夫です(・∀・)V

人集めも上手くいったみたいで良かったですねnote

実験が成功して、卒論が上手く書き上げられるとよいですねconfidentdash

応援してますo(^o^)oshine

投稿: 碧 | 2009年10月21日 (水) 22時01分

おつかれさまー。
きっと、2年後、彼らも卒論に苦しむ時が来るんだろうね。。。
(悪魔の笑い)
思い切って1年生はどうだろう?
まだ大学に対するフレッシュさや
自分たちが卒業したら…ってゆう興味が残っていそうだし。

でも、人に協力することが、どこでどうなって
苦情になってしまうんだろう。
(でもテスト前だと10分だって切実なのか…。)
みんな、授業なんていつも寝るか自主休講してるだろになぁ(笑)

『ご近所』、私も友達に借りって読んだよ。
これ読んだら、次は『パラキス』だ!
(あれ?パラキスの方がリアルタイムな世代?)

投稿: ヒナコ | 2009年10月20日 (火) 22時39分

被験者集めるのって大変ですね・・・。
最終的には何人必要なんでしょうか?
私も大学時代の友人の協力をした覚えがあります。
あと、会社の同期の彼が京大の院生で、
確か心理学科・・・その被験者になった事も。
わざわざ京大に行くのは・・・面倒でした。
ええ、確かに面倒はごめんかも。(笑)

で、どうです?
最近の体調は?
悪くても白玉作るんですか。

投稿: しま | 2009年10月20日 (火) 14時34分

なかなか集まったじゃないですかhappy01
知らない人ばかり集まった大学の講義でこれだけの人が協力してくれるなんて・・・そのときの智斗さん、さぞ可愛らしかったことでしょうねww。

でも「授業料払ってんだから、時間いっぱい講義してもらわないと困る」なんて苦情があったんですかぁ。

大学の授業っていったら先生が遅れてきて半分ぐらいの時間で帰ることもよくありましたよ?
そっちの方が学生には好評でしたし(笑)。

卒論は色々と大変そうですが、頑張ってくださいhappy02good

投稿: モア | 2009年10月17日 (土) 23時26分

 こんばんは☆こねこです♪

 200で6。
 80で11。

 けっこういい数字だと思うよ(微笑)。

 2年生に「来年・・・」と言ってしまうあたりは、さすがちぃちゃんと思ったけど、きっとこの子たちも「そのとき」が来たら分かると思うよ☆

 まだまだ卒論の提出は先・・・なんて思ってると「のあっ!?」ってことにもなりかねないから気をつけてね(笑)。

 ねこでした。ニャン☆

投稿: こねこ | 2009年10月16日 (金) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6186/31802162

この記事へのトラックバック一覧です: 『実験』にて。:

« 『同輩』にて。 | トップページ | 『結果』にて。 »