« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月29日 (水)

『遊具』にて。

ちょっとばかし、卒論の事に関しても日記を書いてみようかと思いました。

何、ちょっと・・・

行き詰ってるだけですよ (ノ∀`) ゜:∴。

やるべき事は分かってるんですが・・・

どうもね。。。

ちなみに、僕の卒論の内容は「ストレス」に関する内容です。(詳しい内容は終わった時にででも。。。)

ここで分かりやすく説明できれば良いのですが・・・

ちょっとスキルが足りないもんで↓

もう、この時点で終わってる気がします・・・。

まぁ、今はスルーしておきましょう。

そして、卒論を書くにあたって、ちょいと他人の唾液を採取しまして、

人がストレスを感じた時に分泌される成分量を測定する。。。

・・・なんて、

面倒な実験しちゃいます。

自分でプランは練ったんですがね...orz

案は同じゼミの友人がくれました・・・。

実験の参考にした論文もあるんですが、

科捜研の人の論文でしてね。。。

僕みたいなしょぼい大学生に何処まで真似できるのか?

って話です(苦笑)

でも、考えたからにはやらねばなりません。

もう後戻りはできません。

一応、実験を計画する段階まではきているんですが。。。

その計画書ってのがなかなか曲者なんです。

まぁ、ぶっちゃけ・・・

「卒論」自体が卒業においての曲者ですけど。

計画書には実験の細かい手順などを書いて、ぬかりなど一切無い感じに仕上げなくてはなりません。

僕は甘ちゃんなんでぬかり無くとかなかなかハイレベルな目標です。

先ず、日常生活でぬかりっぱなしですから。。。

あと、実験に使う道具(質問用紙...ets)も作らねばなりません。

やるべき事は分かっているのに。。。orz

あ、でも!

一つだけしっかりやっている事があるんです。

ストレス測定器に慣れる事。

先日、先生が唾液からストレス値を測定する機械を貸してくれました。

初めて手渡された時は、もう何と言うか・・・

ちゃっちぃなぁー・・・と思いました。

マジで。

○研とか、チャ○ンジで貰えそうな感じ。

まぁでも、使ってみるとなかなか面白い。

唾液を採取するチップを口の中に30秒間入れ、

それを機械に通すと、そこから検出されるストレス成分をちゃんと画面に数値化して、ストレスがあるか無いか

変なキャラクターが教えてくれます。

ちなみにそのキャラクターは「KOKOROちゃん」とか言うらしいです。

大学の研究室にある物って、もっとお堅いイメージがあったけど、

今回の機械を手にして「そーでもねぇな。。。」なんて思ってしまいました。

思えば、確かに先生も僕に機械を貸す時

先生「しばらくコレで

遊んでみてください。

って言ってた。

確かにこの機械を見ると「遊ぶ」って言葉が適していると思う ^^;

唾液を採取するチップもめっさ一杯もらったし。

僕「こんなに貰って、好きに勝手に使っても大丈夫なんですか?」

先生「あぁ、大丈夫。このチップ

もう、賞味期限切れてるから。

賞味(つД ̄;;!?

味!?

ってか、そんなもん口に入れて遊べっていうんですか!?

色々大丈夫じゃないですよ!?

・・・なんて言えるはずも無く、

素直に持ち帰って来ました。。。

とにかく、先ずは実践。

最近は色んなタイミングで自分のストレスを測って遊んでます。

楽しい事があった時。

不愉快な事があった時。

朝起きた時。

参考文献がやっと読み終わった時。

眠い時。

とりあえず・・・

どんな時もストレス感じてました...orz

まぁね。

人間生きてれば必ず少しくらい!!

・・・そう思って、部活の先輩で、もう社会に出ている人に検査をお願いしてみました。

僕らみたいな学生と違って、社会人の先輩。

大きいストレスの一つや二つ・・・

KOKOROちゃん「ないよ

なんですとぉーっ(lll゚Д゚)!?

まさかの結果。

僕の方がストレス感じているなんてね...orz

いや、むしろ社会に出ているのにストレスをあまり感じていない先輩が凄いのか?

分からないけど、とりあえず僕も早くKOKOROちゃんに「ないよって言ってもらえる様に頑張ります ^^;

この機械をイジる様になってから、苛っとした時とか、不愉快になった時も、

とりあえず測定!!

なんていう変な冷静さを手に入れました。

つい最近、久しぶりに

「みぎゃーっヾ(lll゚Д゚)ノ!!」

ってくらい苛ってしたんですケド。。。

KOKOROちゃんに聞いたら・・・

KOKOROちゃん「ややあるよ

なんだ・・・

まだ「ややある」程度か...orz

って感じに冷静さを取り戻せました。

まぁ、何も使わないで落ち着きを持てたら良いんですけど ^^;

あぁ~・・・

卒論終わるまで落ち着けない気がしますがね...orz

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

『同輩』にて。

ご無沙汰です。

更新しうようしようって思ってなかなかできませんでした ^^;

今まで夜遅くとかに更新してたんですが、

最近夜眠くって↓

今は部活が無いから、師範の先生が開いている道場へちょくちょく行ってるんですが・・・

そこの稽古がなかなかハードでして ^^;

体力がもたないんです↓

結構気楽に通おうと思っていたのに・・・

道場生さん「今度、私昇段審査受けるんだけど・・・

受けお願いしても良いかな?

うわぁ~・・・ (lll゚Д゚)

何か凄いお願いされたし ^^;

僕で良ければ。。。

と言った感じで引き受けたは良いですが、

審査の日まで僕もガチで通わないといけない雰囲気ですよね?

正直・・・

道場生の実力は僕ら学生の比では無いです。

学生と違って定期的に審査があるわけじゃないし、

ちゃんと先生の判断がないと審査は受けられません。

当然不合格とかもありえるとか・・・

そんな環境の方々の、しかも昇段なんて。。。

下手な受けはできません↓

そんな時に。。。

私も道場行きたい!

やべぇ~・・・

何か嬉しい声聞こえたんですけど?ww

部活の同輩の子が先日一緒に道場行ってくれましたww

友人K「でも、先生私の名前とか覚えてくれてるかな??」

ウチの大学は部員数多いですからね。

全員覚えるのは大変なんです ^^;

でも、

先生「お~・・・K(名字)さんwwこんにちわww」

さすがに僕らは4年生ですからね。

覚えていた様です。

さらに、稽古が始まった時・・・

先生「じゃぁKちゃん数えてww」

友人K「は、はい!!」

すげ~・・・

先生が部員の下の名前覚えてるww

やっぱり何だかんだで先生も部員の名前ちゃんと覚えてるんですよねww

先生「はいじゃぁ・・・次は。。。

何だっけぇ~?

まぁ、数えて~」

先生・・・

最近毎回来てる僕ですよ?

今までちゃんと名前呼んでもらえてたのに...orz

何と言うトラップ。

アレですよね?

新しい人が来て、名前思い出したら、今まで覚えた名前忘れた感じですね?

わかります。

ちょっぴり・・・

いゃ、マジ残念です↓つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

でも、こうして日記にネタとして書けるオイシイ出来事だと思って良しとします。

さらに・・・

道場生さん「・・・。

アナタにも昇段の受けお願いするねww

友人K「えぇっ∑(=゚ω゚=;)!?」

道場生さん「智斗ちゃんも丁度良い子連れて来てくれてありがとうww」

僕「・・・そんな事全く頭に無かったっすけどね ^^;」

そんな訳で、

二人揃って捕まりました。

実は、初段の受けには二人程必要なんです。

何と言うか、他の道場生の中に丁度良い女性がいなかったみたいなんですよね ^^;

でも、僕的にも一緒に通える相手が出来て嬉しいですけどww

彼女も通わなきゃいけない雰囲気に巻き込まれましたからねww

これから二人で頑張って通えたらと思いますヽ(´▽`)/~♪

。。。

そうそう。。。

同輩と言えばね、

共通のイベントが多々あるわけで。。。

今回その一つである・・・

卒業式に着る着物選びに行ってきましたww

成人式とはまた違う着物が選べるのでねww

お互い何回も色んな着物と袴を合わせて選びました。

でも、その選ぶ度に定員さんが・・・

店員さん「あら~

お嬢さん可愛いですねぇ~(ノ∀`)」

店員さん「お嬢さん次こちらなんてどうかしらぁ~ww

袴はこの色で~わぁ素敵

店員さん「わぁ何て可愛いお嬢さんww」

ここは・・・メイド喫茶かどっかですか?

過去に秋葉原へ行った時の事を思い出しましたよww

そんなおだて上手な店員さん方の勢いもあり、結構楽しく試着ができましたww

でも、なかなか着物というモノも分からんもんで。

まさかこの色が!?

っていうのが似合ってしまうモノなんですよね。

逆に、普段着てる色なのに!?

ってぐらいしっくりこなかったりして ^^;

だから、最初は女の子らしさ爆発で、淡い感じの色を選んで試着していた友人が・・・

最終的に

ワインレッドの着物を選んだり。。。

確かに、一緒に行った友人Kは淡い色の着物が凄く似合う可愛い子なんですが・・・

試しに着てみたワインレッドや紺の着物もすっごく似合う事が発覚!

店員さんも・・・

店員さん「ワインレッドが似合うお嬢さんは珍しいんですよ?ww

運命的な出会い発生。

カッコ可愛い彼女に僕も胸キュンキュンでした。

レベルで言ったら10キュン満キュンでしょうww

もう意味がわからんですね(笑)

そして・・・

皆さんが気にしてるか、してないかを無視して、

僕が選んだ着物の報告ですが。。。

自分でも意外な色と柄を選んだと思います。。。

僕は成人式の時にコレでもか!!

・・・って程の青い着物を着たのをご存知でしょうか?

僕は今回色んな色を試して着たんですよ。。。

勿論、青、赤、黒、紺・・・

でも、最終的に・・・

抹茶色っていう。。。

何かね。。。

自分でもビックリです。

あ、決して抹茶菓子が大好きだからとかの理由じゃないっすよ?

さすがにここは空気読みますよ?

本当に一緒に行ってくれた友人Kにも大絶賛を浴びた色なんです。

店員さんにも・・・

店員さん「このお色を着こなす方はなかなか珍しいですよ~ww

あぁ、僕もコレは運命感じるべきなんでしょうか??(笑)

またしても人と違った道を行く僕。。。

でも、決まるまで長い道のりでしたよ。。。

友人は何を着ても「可愛い~ww」ってはなるけど、

逆にどれが一番自分に合ってるの?

・・・っていうね。

僕は・・・

なんて言うんですかね。。。

色によっては・・・

例えば黒い着物着た時に・・・

僕「どうかなぁ??」

友人K「わぁ~・・・凄い似合うww何か

姐さん!!・・・って感じ!!

・・・。

僕は褒め言葉として取りましたけど、

さすがに卒業式にそんなシビアな空気纏いたくないですからね。。。

血迷って、友人の真似してピンクとか着ちゃったりしました。

まぁ、結果は聞かないでください...orz

こんな感じで、似合う色と似合わない色がハッキリしていたので色々と手探りでした ^^;

でも、普段の合気道着以外の着物袴が着れて幸せでした(´∀`*人

友人と着付けの時間とか合わせたしww

同じお店だからお泊りして、朝一緒に行く約束もしたしww

これは・・・

ちゃんと卒業勝ち取らないとですね。

ちゃんと着物に袖を通せる様に・・・

その為にも卒論頑張ります↓

今日の夕方、疲れて爆睡しちゃったけど、

きっと頑張れますww

。。。

こうして、地味に卒業というイベントを目の前にして、

本当に友達との時間って大事だなと感じました。

これから、残り少ない学生生活、

力一杯楽しもうと思いますww

遊び!時々卒論!!

なお、後半に強い卒論というなの夕立が降る恐れがあるでしょう。。。(笑)

あ、ちなみに・・・

今回僕が選んだ着物、

「智斗っぽくないよ~??」

って思った方。

大丈夫。(←何が?)

柄はちゃんと兎柄です。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年7月14日 (火)

『電車』にて。

今日は、何も用事も無いし、

図書館の方にも論文の取り寄せ頼んだから、その連絡待ちだし、

昨日探して集めて来た論文読もうと思っていたんですが・・・

この通りブログ書いちゃってる始末です。(*゚▽゚)ノテヘッ。。。

...orz

だってさ、さっき急にお腹痛くなるしさ、

何か外は雷鳴ってるっぽいしさ、

昨日は師範の先生の道場へ行って来たからなんか体痛いしさ。。。

あぁ・・・

誰か僕に一喝入れてやってください...orz!!

。。。

今日、こんなにグダグダしちゃってる僕ですが・・・

この前のゼミで先生にめっちゃイジメられたんですよ(/□≦、)

何でイジメられたかと言うと、

僕の話し方、考え方が論理的じゃないから。

僕は物事を論理的に考えたり、話すのが苦手なんです。

大学生を辞めてしまえ!!

って感じですね。

いつも思った通りに喋ってしまうのです ^^;

そして、何で先生が僕をイジメたと言い切れるかと言うと・・・

先生が自分で言ったんす。

何か今日の先生何時にも増して厳しいなぁ(ノд・。)

って思っていたら・・・

先生「今日は智斗さんの事いっぱいイジメてしまってごめんなさいね。」

まさかの発言に僕は、

僕「いぇいぇそんな・・・

全然イジメてくださってかまいません(lll゚Д゚)9!!

かまえよっ!!o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

マジで僕ド変態じゃないですか...orz

先生苦笑い。

実際、イジメられるの嫌なんでね。

次はイジメられない様に頑張ります。

ブログ更新してから。。。

さてさて、さっきもチラッと書きましたが、

昨日は師範の先生が開いている道場へ行ってきました。

学校の方の部活がテスト前と言うことで終了してしまったのでね。

僕はテスト無いし。

動かないと体鈍るし。

という事で行って来ました。

先生の道場へは、電車に乗って行きます。

そんなに遠く離れた場所じゃないからすぐに着きます。

僕は座らずに、吊革にぶら下がりながら目的の駅に着くのを待っていました。

そして、

電車は綺麗に目的の駅を通り過ぎました。

・・・。

快速電車だったぁぁぁっΣ( ̄ロ ̄lll)

何というトラップ!!

全然何処にも止まる気配ねぇ。

っつーかちゃんと停まるの!?

いゃ、どっかしらには停まるだろうけど。。。

終点とかで停まられたら困るんですけど!?

ってか、目的の駅に止まる以前に、他の駅にも止まらない時点で気づくべきだった...orz

まぁ、仮に気がついたとしても、快速電車はしばらく止まらないので無意味に等しい。

僕は武道家として、こういう時こそ冷静で在らなければならないと思いました。

もう、むしろこの状況を楽しんでやろうと思いましたよ。

隣にいるおっさんの傘の変な動き観察したりとかして。

そして、やっと電車がやっと止まった瞬間、

誰よりも先にめっちゃダッシュで電車駆け下りて反対側のホームへ向かいました。

マジ涙目でした。

だって・・・ねぇ?

反対側のホームで、再び電車に乗る時は、ここはちゃんと頭使って、

次に来る電車はちゃんと各駅停まるかどうか確認して乗りました。

最初から使えれば良かったんですがね...orz

今度はいくつかの駅を通るので座って待っていると・・・

横にはさっきの傘のおっさんが。

ぁ、アナタもでしたか( ̄Д ̄;;

だからあの時傘が変な動きしてたのか。

焦っていたのですね。。。 ^^;

道場へ着くまでが大変でしたが、僕は無事に到着することができましたww

稽古でもめっさ汗かきながらも何とかこなせました。

次に行く時は気をつけたいと思いますww

。。。

そう言えば、ふとさっき気がついたのですが・・・

僕の日記へのコメント数が

3,000件を突破しました!!

そして、その3,000件目のコメント書いてくれた人は。。。

・・・。

Fisさんですww

おめでとうございます(?)

ありがとうございますww

そして皆様、今後ともよろしくお願いいたしますww

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

『出産』にて。

え~っと・・・

無事に出産しました。

・・・僕の友人が。

ついに僕の高校の同級生にママ第一号の誕生です。

あ、既に友人の中には高校生の時点でママになった子がいますけど(笑)

昨日産まれたみたいです。

母子共に健康だそうで。

結構な難産だったとの情報ですが、

二人とも無事なら良かった良かった。。。

いゃぁ~・・・

それにしても、

僕らももうそんな歳なんですね。。。orz

実際今回出産した友人は高卒で就職していた子なんですが、

大学進学組としてはまだまだ学生の視点ですからね。

早いと思ってしまいますよ。

僕が卒論でヒーヒー言ってた頃、友人は出産でヒーヒー言ってたわけですからね。

あ、ヒーヒーじゃなくてヒッヒッフーかww

とにかくまるで別次元です。

まぁ、実際僕のゼミにも僕らと同い年でありながら去年出産して、現在子育てしながら学校通っている子もいますし。。。

とある友人のゼミには後輩に二児の父親学生がいるとか。。。

二十歳越えれば大人と言いますが、

気づかないうちに此処まで周りが大人の階段駆け上がっているとは思ってませんでした。

僕なんてまだ銀行の口座作っただけで一杯一杯だというのに。。。

でも、話を出産に戻しますけど・・・

今回出産した友人は18時間にも及ぶ「難産」だったそうです。

よくテレビとかで出産するお母さんの映像とか見ますけど、

めっさ苦しそう。

あれが18時間も?

って考えただけでちょっとぞっとします ^^;

僕は基本的にヘタレなんでね。

ビビッてしまいますよ。

鼻の穴からスイカ出すくらいの痛み。とか、

男性が経験したら死ぬくらいの痛み。だとか・・・

正直ピンと来ないレベル。

今までたくさんケガとかもして来た僕ですが、その時はそんなん比ではないだろうし。。。

僕がよく痛みの最高レベルとして例に挙げる、

腹切るのとどっちが痛いのかな?

とかも考えましたけど・・・

出産って実際腹切ったりしますもんね...orz

マジで友人はよく頑張ったんだと思います。。。

今度お祝い持って行こう。。。

でも、確かに不安ですが、こういう痛みって遺伝するっても聞くじゃないですか?

僕も前に自分の母親に聞いた事あるんですよね。

僕「兄貴と僕、産む時痛かった?」

母「え?・・・

別に。

僕「べ、別に!?」

まさかの返答。

一瞬エ○カ様かと思いましたよ。

僕「え?痛くなかったの?」

母「うん。すぐ産まれたし。

ポロッて。

僕「ぽ、ポロッ!?」

僕ら兄弟はかさぶた並だったそうです。

母「気が付いたら産まれてたんだよね。」

気が付いてもらえただけ良しとしましょうか。。。

まぁ、楽に産まれるなんてとても親孝行じゃないですか。

僕らは産まれる瞬間から空気が読める子だったと思えばね。

・・・今はあんまり読めないけど...orz

でも、親のそういった体験談を聞くとちょっと安心。

僕の子供もポロッと産まれて欲しいですww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

『大人』にて。

夜更かし~

いやぁ~・・・

卒論進まねぇーったらねぇわ↓

何を思ったか、またしても先生に

僕「来週までに書いてきます!」

とか何とか言っちゃうもんだから↓

自分で自分を追い込むはめに...orz

現在、卒論を書くために行う実験の「計画書」を製作中です。。。

。。。

さてさて、今日はちょっとばかし大人の階段を登ってみました。

まぁ、さりげなく僕ももう20歳と17ヶ月目のいい大人ですからね。。。

銀行の口座くらい開けなくてどうする!?

・・・と、言った感じの勢いで今日は銀行へ行って来ましたww

今まで、親の仕送り等は郵便局の「ゆうちょ」なるモノを活用していたわけなんですが・・・

今回ちょっと自分の口座が必要な事態となりましてね ^^;

急遽作ってしまいました。(笑)

でも、ぶっちゃけ銀行のシステムとか全然知らない僕なんで。

めっさテンパりました。

今考えると、自分でもよく就活で銀行を受けようと思ったなと思います↓

まぁ、それはさておき・・・

番号札を握りしめ、番号が呼ばれたので窓口へ。

僕「新しく口座を作りたいのですが ^^;」

窓口「分かりました。ではこちらに記入して再び持って来てくださいww」

渡された申込用紙には名前と住所、身分(?)とか、暗証番号とか書く欄がありました。

曲者がこの「暗証番号」

誕生日とか携帯の番号を使うのは止めてくださいとな。。。

そうするとなかなか難しい。

忘れない番号にしたいけど、自分と何の関連も無い番号は忘れやすい↓

どうしたもんか。。。

そうだ!!

僕「・・・。あ、もしもしお母さん?」

母「どうしたの?」

僕「今銀行で口座作ってたんだけど・・・暗証番号どうしよう ^^;」

暗証番号一つ自分で決められないなんて・・・

本当、残念な21歳です...orz

母「ゆうちょの暗証番号と一緒で良いんじゃない?」

僕「あぁ!なるほど!!確か・・・

****で良いんだよねヽ(*≧ε≦*)φ~♪

母「合ってるけど。。。

そんな事銀行内で声に出して言って良いの?」

僕「あっ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)」

思わぬ罠が潜んでいたもんです...orz

皆さん、銀行内ではお静かに↓↓

暗証番号も無事に決まり、あとはちゃんと出来上がるかを待つだけ。

再び番号札を渡され待つことに。。。

僕はオレン○ページを一冊手に取り待っていました。

そしたら・・・

○○「こんにちわ~ww」

とても可愛らしい女の子が僕の横にちょこんと座り、挨拶して来ました。

まさに天使の微笑み。

ごっさ可愛かった。。。orz

僕「こんにちわぁ~ヽ(´▽`)・・・一人かな?」

今にも連れ去りそうな口調ですが。。。

女の子「あそこ今ガシャンってなったぁ~( ´艸`)ww」

無視ですか。そうですか。。。

僕「なったね~。もう三時だからね~、おやつの時間だねぇww」

銀行は三時で閉まりますからね。

外のシャッターが閉まった様です。

すると・・・

女の子「これあげる~ww」

僕「ん?なぁに?コレ?」

女の子「ハイチュ~ww林檎味なの~ヽ(´▽`)/」

僕「わぁwwありがとうww」

マジこの子天使だ。。。

そう思って二人でハイチュウをもぐもぐしていると。。。

お母さん「ごめんねぇ~ヾ(;´Д`A ユウちゃん(仮)待ったねぇ~」

女の子「一緒に見てたぁww」

僕のオレン○ページ!?

お母さん「すみませ~ん↓お邪魔じゃなかったですかぁ?(汗)」

僕「いぇいぇ ^^;ハイチュウまでいただいてしまいまして。。。ご馳走様です↓」

女の子「お母さんにもハイチュー♪」

お母さん「ありがとう♪」

しかし、お母さんがハイチュウを包みから出し、口に運ぼうとした時。。。

女の子「あ!!」

ハイチュウ床へ落下。

お母さん「ごめんねぇ(ノ_≦。)お母さん落っことしちゃったからもう一個ちょうだい?」

女の子「え~、え~・・・

それ食べて(◎´∀`)ノ

酷いっ!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

可愛いあの子に一瞬悪魔の笑みが!!

さすがにお母さんは新しく貰っていましたが。。。

きっとあの子は大物になる気がしました ^^;

さてさて。。。

本題からズレましが。

親子が帰った後に僕は呼ばれて再び窓口へ。

すると・・・

窓口「お待たせしましたぁww印鑑よろしいですかぁ?」

僕「あ、はい。どうぞ(汗)」

窓口「恐れ入ります。

学生さんですよねぇ?今回はどうしてまた口座を?」

僕「え?あぁ・・・今回宮城県内の企業に就職が決まったので、宮城の銀行の口座が必要かと。。。思いまして。。。?」

コホン。。。実は全然違う理由なんですがね ^^;

窓口「お給料の振込み用ですか?」

僕「え?えっと・・・はい、そうです ^^;」

窓口「・・・。

そうですか。内定おめでとうございます★」

え?

何?今の間は( ̄Д ̄;;

疑った?

疑っちゃった感じですか??

まぁ、でも、何とか無事に口座が作れました ^^;

以前・・・

僕が落っこちた銀行のですけどww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »