« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月30日 (土)

『身内』にて。

今日はです。

昨日もです。

そして明日もなんです。

雨の日というのは気持ちが落ち込みやすいですからね。

そういった日には何も悲しい事とか起きて欲しくないですね。

現時点で2つ起きてしまってますけど(苦笑)

あ、別に企業に不合格だったとかの類ではないですよww

あんなの、

日常茶飯事ですから...orz

そんなわけで、ちょっと心の温まる・・・

いゃ、人によっては別に温まらないかもしれないけど、

そんな話を一つ。

この前、

まだ天気が良かった日。

僕はとある企業の面接に行くため地下鉄に乗っていました。

バームクーヘン食べながら。

本当はね、地下鉄内で物を食べてはいけないって分かっているんです。

でもほら、僕って朝に弱いじゃないですか。

何も食べないと試験中お腹空くじゃないですか。

だから・・・ね ^^;

そんなわけで駅の売店で買ったバームクーヘンをはもはもと食べていました。

すると・・・

???「美味しそうねぇww」

誰かに話しかけられました。

僕は「はっ!」っとしてその声のする方に視線を送ると、

知らないお婆さんでした。

お婆さん「私もよくおやつにバームクーヘン食べるのよ?」

まぁ、僕のコレはお昼でしたけど。

僕「あぁwwそうなんですかぁ ^^;」

とりあえず笑顔で対応。

一瞬食べたいのかな?とか思って「一口食べます?」って言葉が喉まで出掛かりましたが、

さすがにそこは人としてやめておきましたとさ。

お婆さん「これからお仕事?」

僕「いぇ ^^;これから、

お仕事探しに行くんですww

あぁ、何か間違えたぁ....orz

自分で言ってすんげぇ悲しい↓

凄く切実な感じだぁ↓

いゃ、確かに切実だけれどもぉ~(ノω・、)

僕「お婆さんはこれからどちらに?」

お婆さん「さっき病院に行って来たから、これからお家に帰るのよww」

僕「地下鉄で病院に行かれるんですかぁ~・・・大変ですねぇ(・ω・;)」

お婆さん「ほらぁ、私達って

いつ死んでもおかしくないじゃない?ww

だから・・・

こ、コメントしにくいんですけどっ(lll゚Д゚)ノ!!

さすがの僕もここは笑って切り返すのは難しいですよ!?

ビックリし過ぎてその後に何を言ったか聞き取れなかったじゃないですか...orz

自分の婆ちゃんに言われても気まずいのに...orz

僕「そ、そんな・・・凄くお元気そう、ジャナイデスカ。。。」

お婆さん「あらそう?ウフフ...(つ▽`)ww」

「ウフフ。。。ww」じゃねぇよ↓

僕のドキドキ何とかして下さい↓

お婆さん「そう言えば、あなた大学はどちら?」

僕「はい、僕は”東北○○大学”ですww」

お婆さん「あらそうなの?じゃぁご実家も宮城なのかしら?」

僕「いえ、僕の出身は福島県なんです。ですから今は一人暮らしを。。。」

お婆さん「あらぁ~・・・私も岩手県出身なのよww

そこの岩手○○女学校っていう良い学校を卒業しててね、今その学校は岩手の中で一番優秀な学校なのよww」

僕「あぁ、そうなんですか~ww」

お婆さん「盛岡○高校ってあるでしょ?」

いゃ、知りませんけど。

僕「あ、はい ^^;」

お婆さん「あそこなのよ~ww旦那も今はもう共学だけど、昔男子校で一番優秀な学校出ててねぇ~ww

盛岡○高校ってあるでしょ?そこなのよ~ww」

いゃ、だから知りませんって...orz

福島出身って言ってんじゃん(;´Д`)ノ!

僕「そうなんですか~ww旦那さんもスゴイんですねぇww」

お婆さん「もう、

先に亡くなってしまったんだけどね~ww

えぇー・・・( ̄Д ̄;;

こんな感じでね、しばらくお婆さんの身内のお話を聞いていました。

聞くところによると、このお婆さんの旦那さんと息子さんもお医者様の様で。

まぁ、旦那さんはもう亡くなってしまわれているようですが。

息子さんは近所に書斎という形で、実家とは別の場所に暮らしているとか。

そして冷たいんだとか。。。 ^^;

何とも、とある優秀な家族の生活を垣間見てしまいましたね。

そして、そろそろお婆さんの降りる駅が近づいてきて・・・

お婆さん「そろそろね。」

僕「そうですね。次の駅ですね。お家までお気をつけて(゚▽゚*)」

お婆さん「ありがとうww

アナタみたいに笑顔が素敵で人柄の良い人なら、きっとすぐにお仕事見つかるわww

頑張ってねwwそれじぁ。。。」

す、

すぐにお仕事が見つからないから今この時期もスーツで地下鉄に乗っているんですけどね。

いゃ、まぁ・・・

不思議な出会いでした。

でも、最後に褒めてもらえたし、良い出会いだったといたしましょうww

優秀なお家柄だけあって、凄く高級感溢れるお婆さんでした。

言葉遣いとか、ウチの実家の祖母の常に喧嘩売ってるような感じとは大違い。

でも、旦那様も医者でずっと忙しくて、息子も医者だけど冷たくて・・・

何とも何とも。

優秀だから幸せってわけじゃないのかな。。。

でも、

家族の話をしているお婆さんは楽しそうだったから幸せなのかな。。。

。。。

・・・っていうお話。

ちなみに、最初に書いた「悲しい出来事」と言いますのは、

ちょっと部活の事でね。

今まで頑張っていた後輩がどうやら部活を辞めてしまうらしくてね。。。

二人も。

(一人はもう既に辞めてしまっていたんですが。。。)

今まで、「部を辞める人」にはたくさん出逢って来ました。

でも、大体いつも入って間もなく、まだそんなに「思い出」も作らず辞めていく人。

だから、「まぁ仕方ないか。。。」という気持ち。

でも、今回は、

二人とも入部して一年以上頑張ってて、

友達も出来て、思い出もたくさん作ってて。。。

部活にも毎日来てて。。。

「辞めます。」って言葉を聞いた時に、

部員の誰もが「何で!?」と思うくらい。

主将が説得したりもしたとか。

泣いた人もいるとか。

僕も今書いててちょっと悲しいです。

むしろ泣いてます つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

・・・でも、本人はもう決めた事だとか。

真面目な子だったから故、「中途半端になるくらいなら・・・」という判断。

少しの間休部とかも駄目だったんだろうな。。。

その子らしいと言えばその子らしい判断。

ただ、

「部を、合気道を嫌いになったから辞めるわけじゃない。」という事が幸いです。

その子本人が他に頑張りたい事があるなら、周りは応援してあげるのが一番でしょう。

僕も高校の時に部活辞めてますからね。

結構辞められる周りより、本人の方が辛いんです。

何かを「辞める」という判断は。

まぁ・・・

辞めて欲しくないですけどね(/□≦、)!!

ウゥ....グスン(ノω・、)

でもね、引っ張ったらせっかく決めた本人に迷惑ですからね。

最後の日は、笑顔でお見送りしたいと思います。。。(ノ_≦。)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年5月25日 (月)

『難題』にて。

またまた就活ネタです。

この前はとある企業の筆記試験でしたww

内容はクレペリン検査作文。

クレペリン検査というのは・・・

1~9までの数字がランダムに並んでまして・・・

隣合ってる数字を足した答えをひたすら書いていくモノです。

答えが二桁になってしまう場合は、その一の位だけを書いていきます。

数字の行はいくつかあって、時間がきたら次の行に移っていき・・・

その計算の進み具合で、人の集中力の持続力を見ます。

不思議な事に、同じように計算しているのに、たくさん計算できる行もあれば、少ない行もあったりするんですよね。。。

前に授業でクレペリン検査やって、結構自分的にたくさん計算できたと思ったら・・・

友人T「お前出来無さすぎじゃね!?ww」

って言われて、

マジで算数ドリル買おうか迷いました。

今回も、まぁ・・・

アレでしたよ。

僕は・・・

アレは量じゃないと信じてますから良いんです。

決して、

また算数ドリル買おうかなとか考えてませんから...つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

そして、次に作文。

この企業では事前に作文のテーマは何か漢字一文字という情報を得ていたので、

何が出されるかハラハラしていました。

前に受けた友人は「砂」だったとか。。。

そして、僕の時のテーマは・・・

朝かぁ~・・・(;´・ω・)

寝てた事しかないなぁ。。。

僕は母親に本気で心配されるぐらいよく寝る子。

授業中によく居眠りをする友人に「お前寝すぎ!」って言われるぐらいすぐ寝ちゃう子。

ここ最近「朝」という時間帯を経験した記憶がなかったです。

「朝」という時間帯を睡眠に捧げ続け続けてきた僕にとって、

「朝」に対して思い出少な過ぎです。。。

さぁどうする。。。

考えた結果の僕の作文の一行目

僕は毎朝早く起きる。

嘘大爆発。

+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ヽ(*´∀`)ノ :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

ほら・・・

これから早く起きていけばねww

でも、そんな嘘を綴っていた僕をね、

神様は許してはくれませんでしたよ。

僕が黙々と鉛筆を走らせていると・・・

試験管「アナタ・・・

これ(手前の赤い車)↓は何ですか?

090525_2214011 僕「こ、これは・・・

鉛筆削りです。

僕が自信満々に即答すると、面接官は苦笑いしながら通り過ぎて行きました。

まさかこんな辱めを受ける事になるなんて...orz

いゃ、だってね?

今回の試験はシャープペンシル使用不可だったんですよ!?

だったら鉛筆削りは必要じゃないですか!?

周りにだって鉛筆削り器を机の上に出している人いましたし。。。

しかも、僕の家からは鉛筆が2本しか発掘できなくて・・・

明らかに戦力不足だったんですよ...orz

僕は最初、「これは何か?」と聞かれた時に、

部品が取れてて分かりにくいから、

これが消防車型って事が分からないのかな?

って真剣に考えましたよ。

口に出すまで「これは消防車です。」って言おうか迷いましたもん。

まぁ、今回はコレのお陰で試験中鉛筆の先がいくら丸くなっても助かったわけです。

だから・・・

今度からはちゃんとした鉛筆削り買おうと思います...orz

あと鉛筆も...orz

そりゃ僕だって正直マズいと思いましたよ。

こんなナメた物机に出しておく受験者はきっと僕が初めてだったことでしょう。

試験前、試験官の方が気を遣って「鉛筆欲しい方いますか?」と聞いてはくれたんです。

僕の手元には2本しか戦力がありません。

周りは当たり前の様に5、6本の戦力。

確実にHPに差がありますから、僕は手を挙げようかと思いました。

・・・が!!

何故誰も手を挙げない!?...orz

僕はシャイなんでね。

ここで一人手を挙げるなんて事は出来ませんでしたよ↓

HPが少ない戦闘員には、ゲームなら「傷薬」が必要なんです。

それがたとえどんなに不味い薬でもね・・・(ノω・、)

。。。

そして、今日はまたとある企業の面接。

3対1の僕が1。

結構緊張していました。

結構緊張していたんですけど・・・

面接官「では・・・

私達を笑わせてみてくれませんか?

はぁ(lll゚Д゚)?

面接官「何をしても良いです。何か面白い事してください。」

いゃいゃ・・・

今この時ほど面白い状況とかもう無いでしょ?

一体何を求められているんだ...orz

僕はとりあえず・・・

何のネタで攻めようか迷いました。

この時ほどこのブログを書いていて良かったと思った事は無かったですねww

ネタはたくさんあるんです。

そして、考えた結果・・・

僕のブログで人気ランキング1位

僕の「お母さんネタ」で攻めてみました。

お母さん・・・

いつも面白い事してくれてありがとうww

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2009年5月21日 (木)

『選考』にて。

久しぶりに、就活の話をしようと思いますww

今のところ、まぁ・・・

まだ内定はゼロですけど。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

(p_q*)ゴシゴシ...

シャキーン(`・ω・)9...グッ!!

ここ最近は試験な毎日でした。

面接・筆記・その他色んな選考の方法があるんですが・・・

そんな中の最近のエピソードを無駄に長く書こうと思いますww

。。。

『面接』にて。

企業Aの面接で。。。

面接官「君は・・・

アンパンマンを知っているかい?

えっΣ(・ω・;ノノ!?

まったくもって予想外の質問。

僕「はい。知っています。小さい頃に見ていました。(汗)」

面接官「そうですか。なら良かった。では質問です。

アナタは何故・・・

バイキンマンは悪い事をすると思う?

えぇっ!?Σ( ̄ロ ̄lll)

考えた事無かったです。

まぁ、一応面接という正式な場での質問ですしね。

面接官の方は一体どういった気持ちでそんな質問を繰り出したのかということは

深く考えない様にしようと思いました。はい。。。

とりあえず、僕の中で二つほど候補を挙げました。

その① 「アンパンマンを誘き出す為。そして戦う為。」

その② 「アンパンマンの正義の味方っぷりを引き立たせる為。」

まぁ、無難に①の方を言いました。

むしろ②って、製作側の大人の事情ですからね。

全くメルヘンの欠片も無い。

しかも黒い。

面接官の反応は、まぁ普通でしたけど。。。

②の答えを言っていたら確実に不合格決定だったでしょう。

終わった後に気になって色んな人にも同じ質問をしてみました。

先ず、メルヘンと言ったらこの人・・・

僕の母。

僕「ねぇ、何でバイキンマンって悪さばっかりすると思う?」

母「え~・・・?

う~ん。。。

趣味じゃない?ww

命掛けのですかΣ(つロ ̄lll)!?

次に、部活の先輩。

僕「何でバイキンマンって悪さばっかりすると思いますか?」

先輩「う~ん。。。

本能?

・・・ばい菌ですもんね。

夢が無いのは僕だけじゃなくて良かったです...orz

きっとこの質問に答えは無いと思うんですが。。。

21年も生きた僕にはあまり夢のある答えは見い出せませんでした。。。

皆さんはどうお考えになりますか?

お子さん、小さな子が近くにいらっしゃる方はぜひ質問を試みて欲しいですww

。。。

『GW』にて。

グループワーク。

略してGW。

これは文字通り会場に集まった初対面同士でグループを組まされ、何か一つの作業を行う様を試験官に見てもらう選考方法です。

色んな内容がありますが・・・

この前の企業Bはディベート。(討論)

今回は、誰がどちら派かという事を決めるのは面接官であり・・・

僕らにその選択権はありませんでした。

そして、今回のテーマは・・・

『ドラえもんとのび太・・・どちらが主役か!?』

面接官「皆さん、ドラえもんってご存知ですかぁ??ww」

何と。。。

アンパンマンの次はドラえもんですか?

選考界ではアニメが熱いんですかね?

こういった類の内容は割と定番という噂も聞きますけど。。。

そんな訳で、僕は「ドラえもん派」へ。

メンバーは僕を含め4人。

何と皆同じ大学(笑)

ディベートというのは何事も感情論ではなく、

しっかりと理由・根拠などを挙げて、意見を裏付けなくてはいけません。

ドラえもんが主役である理由。。。

タイトル?

道具が出せる?

設定が細かい?

・・・とまぁ、色々考えましたよ。

そして、ついに作戦タイムは終了し、ディベート開始。

僕「では、先ずこちらからドラえもんが主役であるという理由をいくつか挙げたいと思います!初めに・・・・中略。

以上です。」

のび派A「ありがとうございました。では次に、こちらからのび太が主役であると言える理由をいくつか・・・・中略。

以上です。」

ドラ派A「では質問させていただきます!

先ほどそちらから述べられた~という意見についてですが・・・省略。」

のび派A「はい。それは・・・省略。」

ドラ派A「ありがとうございました。」

のび派A「では今度はこちらから・・・・省略。」

ドラ派「・・・・・・・!!」

のび派「・・・!!」

この緊迫した雰囲気の中・・・

僕は笑いを堪えるのに必死でした。

だって・・・

ねぇ?

皆さんはどっちだと思いますか?

ちなみに、一応今回のディベートは僕らドラえもん派の勝利という結果でした。

でも、試験管の方の話では、のび太派が負けるのは珍しい事だと。。。

ディベートに勝つ秘訣は、如何に相手に反論させないか。

確かに理由付けも大事なんですが。。。

言葉の使い方、言い方次第でも勝てるんですよね。

まぁ、僕はあまり役には立ちませんでしたけど(笑)

。。。

さてさて、

今日の試験は面接でした。

今日は普通に筆記と面接のみ。

多分駄目でしょう ^^;(苦笑)

試験は朝からだったので頭がお眠でした↓

ピュレグミ食べて元気出そう!

と思って一袋購入。

そしたら何と!!

090521_123601 『星型のピュレグミ』!!

何と珍しい!

いつもはハート型なのに。

初めてお目にかかりました。

やべぇ。。。今日は絶対

もう良い事起こらねぇ...orz

朝から運をこんなに使い果たしてしまうなんて↓

とりあえず、未だに恐くて星型を食べれてません ^^;

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

『服屋』にて。

今日は日曜日ですが入社試験でした。。。

試験は午前中で終わり、お昼には帰って来れました。

まぁ、帰って来る際に、ちょっと駅ビルの中とか寄り道して帰るのはしょっちゅうなんですが。。。

今日も相変わらず寄り道。

特に何も買う事もなく、そろそろバスの時間だから帰ろうかな

・・・って!

思った時に、僕の視界に

可愛い服が!!

僕は普段滅多に服なんて買わないんですけど。。。

そんな僕が服の為に

降りたエスカレーターもう一回登ってまで確認しに行く位可愛かったんです。。。

ちなみにその服は・・・

Photo こんな感じの服。

色はもっと落ち着いた紺色で。。。

丈は丁度お尻が隠れるくらいの長め。

ノースリーブの袖周りと首周りはちょっとフリフリしてて・・・

生地も薄めだけど、紺の生地の下にグレーの生地で重ねられてるから全然問題なし。

素材は、紺の生地は綿素材っぽくて・・・

下のグレイの生地の方は、なんかテロテロしてた。。。

僕の描いた絵だとイマイチ伝わりにくいかもですが、

とりあえず可愛かったんです ^^;

僕はそれを手に取り見てたんです。。。

でも、値段は

4,000円。(中のキャミとは別価格。)

皆さんの価値観と僕の価値観がズレていたらちょっとアレなんですが・・・

まぁ、僕的にちょっと高いかなって思ったんです。

キャミを諦めれば。。。

とも思ったんですが、キャミも合わせて可愛かったんです...orz

ちなみにキャミは3,000円。

僕が服で可愛い、良いなって思う時少ないから、

就活で寂しくなった懐だけど、今回ぐらい緩めても良いかなぁ~・・・

なんても思ったんですよ。

服あんまり買わないし。

今現在自分が持ってる服とも合わせられて良いかなぁ~・・・とか思って。

でも。。。

やっぱり高いかなぁ~・・・

と、悩んでいる時。

女性A「これ可愛くな~い??ww」

別のお客さんが僕が見ていた服の別の色の物を手に取り言いました。

この服は、紺の他に黒、白、ベージュ、グレイ、深緑がありました。

その女性はグレイの服を手に取りつつ・・・

女性A「グレイも良いけどやっぱりこの作りなら、

紺が一番可愛いくて着やすいよねぇww

・・・と、

僕の方を見て言いました。

最初気のせいかなと思いつつ、僕が紺の服を手に持ちじっとしてたら、

その女性が何だか僕の横に近づいた様に感じました。

僕が少し横にズレると・・・

女性A「・・・チッ!」

えっ(つД ̄;;!?

舌打ち!?

舌打ちですか!?

そうですか・・・

この瞬間から今回ばかりはブラック智斗に変身ですよ。

マジでカッツーンきましたもん。

見知らぬ赤の他人から舌打ちされるなんて高校生の時以来ですよ。

僕はまだ買うか決めて無かったんですけど、苛々したんで、

絶対に手から離さないぞ!って思いました(-゛-メ)

でも、なかなか踏み出せないのはお値段...orz

就活中の学生に7,000円は大金なんす↓

するとその女性は・・・

女性A「これ可愛いけど7,000円かぁ~。。。

まぁ安い方だよねぇww

くぅ....orz

そしてまたしても僕の方に寄って来る。

じりじりと僕を追いやろうとする圧が凄く感じられました。

なんと言いますか・・・

その女性はその・・・アレです。

ここはネット上なんで、まぁオブラートに包んだ感じで言いますと・・・

太ってんす。

完全なる残念なぽっちゃりです。

そして・・・

グレイの服を自分に当て、着た感じを想定しては、

女性A「この作りなら

お腹周りとかも隠れるし良いよねぇ~ww

いゃ、隠れきれてねぇーから( ̄д ̄lll)

一緒の友達も苦笑いしてんじゃん。。。

むしろその一緒のお友達さんの方が絶対似合うでしょ!?

僕だってそっちの人が買うなら喜んで譲るよ↓

女性A「でも、これ黒とか紺の方が絶対体締まって見えるよね~??...チッ!」

いゃいゃいゃ、

もう黒とかでも着痩せで誤魔化せる規模じゃないでしょ。。。( ̄д ̄lll)

そしてまたしても舌打ち。あーんど、チラ見。

ハムスターの方がよっぽど可愛く「チッ!」って言いますよ?

僕は最初すんなり此処で手放したら負けた気がして嫌だと思ってましたが・・・

だんだんこんな苛々した状態で買いたくもないと思い、

しばらく迷いましたが、

やっぱり、7,000円は高いので、諦めてハンガーを戻しました。

すると、僕がハンガーを戻しきる前にその人の手が僕の手からその服を奪って行きました。

そして

女性A「・・・チッ! あぁ~wwやっぱり紺可愛いぃww」

本日3度目の舌打ち。

もう良いっすよ。

そんなに欲しいならどうぞお買いになってください↓

服なんてこれからもっといっぱい買えるもん。。。

でも、何となく名残惜しくてもう一度振り返ってしまいました。

すると・・・

女性A「あ。ってか、サイズ小さいわ!!

まぢウザくない?!

お前がな!!o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

全く。。。

僕の苛々を返してくれ!

帰って牛乳に相談しないとじゃんヾ(` ゚Д゚)ノ!!

絶対あんな大人にならないぞ!

・・・って心に決めて、帰って来ました。

でも、何と言うか・・・

やっぱり女性は恐い。

僕も今回「負けじと!」って感じで闘争心見せちゃいましたけど。

果たして人に嫌味垂らしてまで買った服って気持ち良く着れるんだろうか?

そんな事を考えちゃいました。

おわり。

。。。

今回のツッコミはしばしブラックでしたが、ご了承ください ^^;

僕もまだまだ未熟なんです...orz

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

『夕食』にて。

またしても、

実家に帰って来ました。

今日は祖父の88歳の誕生日なんですww

そんな訳で、今日の晩御飯はお寿司でした。

我が家は何かとイベントの日にはお寿司を食べます。

まぁ、兄貴がお寿司作る仕事をしてるからってのもあるんですが。。。

ちなみに僕の好きな寿司ネタは「螺貝」です。

そしてサビ抜きじゃないと食べれません。

家族はそんな僕を

無視します。

・・・ね。

子供の頃は要望聞いてもらえてたんですがね。

何ででしょうね。。。

今日は僕が久しぶり(?)に帰って来たので家族5人で晩御飯。(父親は帰り遅し。)

祖父の大好きな赤ワインで乾杯。

好きなお寿司をはもはもとほうばる我が家。

・・・と、言っても、僕は少食+サビ苦手なので、

家族の誰よりも先に胃袋に限界が。

皆が食べてる所を味噌汁すすりながら見ていました。。。

祖母「智斗ちゃん食べないの?」

僕「あぁ、今ちょっと休憩中 ^^;」

祖母「これ美味しいよ?」

僕「あぁ。うん ^^;もう少ししたら食べるよ。。。」

祖母「ほら、コレ美味しいから食べな。」

僕「・・・はい。」

祖母は耳が遠いんです...orz

祖母「ほら、コレもww」

僕「いただきます。。。」

祖母には逆らえません↓

母「ほら、コレもww」

兄「コレ食べろゃ。」

いゃいゃいゃ、おかしいでしょ。。。( ̄Д ̄;)

僕「もうこんなん食べたら太るよ↓」

祖母「そんな。智斗ちゃん今ちょうど良いじゃないww何キロなの?」

僕「え?ごじゅう ・・・」

祖母「あら。

結構あるのね。

うわーんつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

その時、今まで黙って寿司を食べていた祖父が・・・

祖父「ちょっとお兄ちゃん!!アンタ・・・

左利きなん?!

今更Σ( ̄ロ ̄lllノノ!?

兄「え・・・あぁ、そうだよ ^^;?」

祖父「気が付かなかったわぃww」

いゃいゃいゃいゃ。

24年目にしてそれは無いでしょ...orz

祖母「じいちゃんもう忘れちゃってんだよ(;´д`)」

なんてこった。

祖父「あの・・・お兄ちゃんは。。。

玉転がしも左かぃ?

玉転がしΣ( ̄ロ ̄lll)!?

兄「あぁ、ボーリングは右だよ ^^;」

なるほど。。。

ボーリングね。(兄貴はボーリング上手なんです。。。)

何の事かと思ったよ ^^;

今晩は祖父ワールド全開でした。

祖父「じゃぁ、そろそろご馳走様にしようかね。」

満足したのか、上機嫌で祖父は台所を後にして行きました。

僕「じいちゃん機嫌良いみたいだね。」

母「そうねww」

でも、しばらくして。。。

祖父「いゃ~・・・忘れ物しちゃったぃww」

母「何忘れたの?」

祖父「杖。

よく歩いて行けたな、オィ(lll゚Д゚)!!

我が家は皆、やれば出来る子です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

『GW』にて。

皆さん、ついにGWも終わってしまいましたね。

どんな風に皆さん過ごしていたんでしょう?

僕は、GW中に就職活動を

忘れて元気に遊んでました。

本来忘れちゃ駄目なんでしょうけど ^^;

今までの人生の中で一番遊んだGWだったきがします ^^;

そんな訳で、僕のGWをご報告したいと思いますww

長いですが、ご了承くださいww

。。。

2日(土)

午前中は先輩、後輩と一緒に学校で合気道の稽古ww

午後は卒業した先輩方とお昼食べたり、遊んだりしました

3日(日)

友人と遊園地へ。

この日から地元に帰ってきたんですww

そんなに大きな場所じゃないけど、友人の希望から成り行きで行くことになりました。

・・・と、言っても、

僕はビビリなんで絶叫系には乗れない子です。

いつもなら皆が乗ってる姿を見て終わるのですが、

今回は二人という少人数で行った為・・・

逃走失敗。

僕「マジで僕乗れないんだって(lll゚Д゚)ノ!!」

友人H「大丈夫だってぇ~ww」

え?何が?

そして、乗車。。。

僕「マジ高いわぁ~・・・何かやっぱり急じゃね?角度急じゃね?ねぇ!?」

友人H「え?智斗・・・

本当に駄目なの??

僕「え?

何で嘘だと思ってたの?

何でですかねぇ~・・・

僕たまにこういう事あるんですよね。

「無理だ。出来ない。」って言ってんのに信じてもらえない・・・っていう。

ジェットコースターに乗ってる間、僕は乗れない人特有の

「無駄に口数が増える」っていう症状に見舞われてました。

それはコースターが発射しても、落下しても続く症状な訳なんですが。。。

僕「ぉあ”ぁぁぁぁぁぁっ!!

無理!無理!!無理!!!無理ぃーーっ!!

友人H「智斗うるさい!」

僕「無・・・。

ぅーーーーーっつД`)・゚・。・゚゚・*:.。」

。。。

到着次第、僕は誰よりも早くベルトを外しました。

アナウンス「お疲れ様でしたぁwwお忘れ物の無いように降りてくださいね~♪」

魂忘れて来る所でした。。。orz

マジ怖かったっす。

でも、乗りたいと言っていた友人が満足してくれた様で良かったです。

友人H「めっちゃ楽しかったわぁ~

智斗がww

Σ(゚д゚lll)!?

まぁ、結果オーライでしょう。。。

友人H「智斗って意外に出来ない事多いよね?」

僕「・・・。

何で出来ない事が少ないと思ってんの?」

友人H「トマト食べれないし~、泳げないし~、蝉も嫌いだし~、絶叫系乗れないみたいだし。。。

本当に信じらんない。

僕「・・・。」

僕は7年間も付き合いっている友人にこんな事言われる方が信じらんないっす...orz

。。。

友人H「次ゴーカート乗りたいww」

どうやらカートは二人乗り仕様らしい。

僕と友人は順番待ちの間にどちらが運転するかを検討。

それとも別々に乗るか?

・・・とか。

でも、乗りたいって言ったの友人の方だし、僕は運転を譲ろうかと考えてました。

そして、結局決まらぬまま順番が。。。

友人H「智斗が運転して良いよ?」

まさかの出遅れ...orz

僕「え?だって乗りたがってんじゃ?」

友人H「え。だって・・・

後で本物運転するから別にいい。

僕「・・・。」

この後、僕は急カーブさえも全速力で曲がりきってやりました。

。。。

4日(月)

この日はサファリパークへ。

何でも、友人がライオンを見たいとか。

友人H「ライオン見たい!

ライオンと智斗がじゃれるとこ見たいww

僕「いゃ、死ぬから。」

友人H「代車借りれると良いねぇ~ww」

僕「パーク内って免許無くても車運転出来るらしいよ?」

友人H「え?じゃぁ智斗が運転してみる?」

僕「いゃ、

僕免許持ってるから。

まぁ、基本いつも出かける時は友人の車で僕は助手席が定位置な感じなので、

パーク内ぐらい僕が運転しようかとも思いました。。。

動物たくさん見たいだろうし。

でも、GW中人が多い為、

代車は休行中。

仕方なくバスに乗車。

ライオンとかめっちゃデカくて友人も代興奮。

でも・・・

ラクダに一番興奮してましたね。

何ていうの?

怯えてた感じですかね?

アレは。。。

ラクダの餌への執着ぶりがマジ半端無かったっす。

パーク内に一頭しかいないハズなのに、

ラクダのインパクトが何より強かったです。

いろんな動物いたはずなのに、

ラクダ無しではサファリを語れないぐらいのインパクトでした。

。。。

バスを降りると今度は「ふれあいコーナー」へ。

そこでは兎とか猿と触れ合えるとかww

入って先ず目が会ったのは

鳩でした。

・・・。

リスザルもいて、腕を伸ばすと上に乗ってくれたりと、

すごく人懐こかったですww

そんな感じで僕がリスザルと戯れていると。。。

友人H「智斗!智斗!!」

やたらと声を張り上げる友人。

何事かと思いきや、

突然飼育員さんまでも箒を持ってサルを追う。

僕から離れたサルは

何か緑色の物加えてる。

あぁ。

なるほど。

生茶パンダの足を喰い千切ったんですね。

わかります。

・・・。

僕の鞄に付いてた生茶パンダ(キーホルダー)の足を喰い千切って、そのまま銜えて逃げ回るサル。

飼育員さんの頑張りで、何とか生茶パンダの足を捨ててもらえましたが、

僕の生茶パンダは、残念ながら購入初日に足を喰われるという悲惨な結末を迎えてしまいました。。。

そして、残念ながら兎はいませんでした...orz

。。。

5日(火)

この日は、おばあちゃんの家(父の実家)へ行きました。

そして夜は、また友人と会って、GWの最後を締めくくりました。

こんな感じですごく充実したGWでした。

そして・・・

今回のGWでの僕の最大の収穫は

ゲームの「ぷよぷよ」が強くなれた事です。

。。。

今はまた一人暮らしに戻っています。

何か明け初っ端

2社からの不合格通知もらいました...orz

現実は辛いです ^^;

皆さんはどんなGWでしたか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »