« 『団欒』にて。 | トップページ | 『原因』にて。 »

2007年11月27日 (火)

『叱咤』にて。

昨日、僕は合気道3級の昇級審査を受けた。。。

。。。

11月26日月曜日。

合気道昇級審査当日。

緊張しつつも、僕は学校へ向かった。

5限目に授業が入っているため、審査前ギリギリまで稽古はできない。

そのため、僕は空きコマである3,4限目を利用して稽古をした。

最終確認というほどでは無いけれど、一通り技をやって、授業に向かった。

今回の審査は体術10種。武器技11種。

3級は、4級の時の審査に比べ、技の数は一気に増す。ある意味節目の級である。

現に、3級から白帯ではなく茶帯に変わる。

審査は、師範の先生と先輩、同輩の前で技を行う。

順番は名前の50音順。僕は3級の一番最初。

辺りは静寂に包まれ、道場で感じれる音は受験者の気合の声と、己の鼓動のみ。

自分が緊張しているのが嫌でもわかる。

僕はとにかく技をこなした。。。でも、ミスをした。

自分にしかわからないくらいの小さなミスでも、僕から冷静さを奪うには十分な条件だ。

そのまま、体術は終了。

大きなミスはしなかったものの、悔いは残る。

。。。

全員が体術の審査をした後、全員揃って武器技に入る。

僕は一番先頭だから、技の掛け声などの配役が回ってきやすい。

案の定、いくつかの掛け声を担当することとなった。

掛け声を出しながら武器を振るのは、不器用な僕にとっては至難の業。

まぁ、そんなの普段の稽古でいくらでも補えるものなのではあるけれども。。。

一応、リハーサルでは失敗することなくできてはいた。

僕「九!十!十一!十二!!・・・

確かめる様に数を数えていく。(今回は三十一迄。)

僕「十三!十五、十六!!・・・

間違えた。

僕の掛け声に合わせて動いていた全員の動きが止まった。。。

動きが止まった瞬間、自分が何を言ったのかわからなくなった。(正直、未だにどうして間違えたのかわからない。多分一つ数をとばしたのだとは思うが・・・)

でも、ここで止めたらもっと最悪な事態になる。

僕は焦りながらもカウントを続けた。

そして、何とか数えきった。

しかし、他の注意点から、師範の先生から何度か同じ技を指導された。

そして、全ての審査が終了。

皆、肩を撫で下ろし、道場に整列。

僕は、掛け声を間違えたことを同輩に謝罪したりしていた。

師範の先生をお見送りし、部員だけの整列となった時・・・

一人の先輩がブチ切れた。

今回の、3級の昇級審査の出来があまりにも酷いことに我慢ならなかったらしい。

鋭い怒鳴り声が頭の中を貫いた。

空気が張り詰めるような音が聞こえた気がした。

特に武器技が酷かったらしい。

確かに、先輩らが3級を受けている審査を過去に見た時、僕らほど注意を受けることは無かった。

稽古不足、技の出来、心構え、他にも一気にお叱りを受けた。

僕は、情けなさと、悔しさ、申し訳なさでいっぱいだった。

人に怒鳴られたのは久しぶり。

稽古終了後・・・

僕は道場を誰よりも早く退場した。

。。。

外にはクリスマスに向けて綺麗なイルミネーションが施されていたが、僕には滲んでしか見えなかった。

そんなに寒い夜ではなかったけれど、僕の頬だけは冷たかった。

悔しくて、情けなくて、申し訳なくて。。。

審査中の自分。審査前の自分の行動が頭を過ぎった。

もっと稽古しておけば、あの時もっとこうしておけば・・・

後悔で頭がいっぱいだった。

武器技での自分の失敗。皆にかけた迷惑。

全てが圧し掛かってきた気がした。

やっぱり、3級は難しかった。取れなかったらどうしようと、一人部屋で打ちひしがれていた時だった。

携帯電話が鳴った。

呆然としながら、携帯を手に取った。

メールだ。。。

こんな時に、誰だよ。

こんな時、誰とも連絡なんて取りたくないのに。

今日、怒鳴った先輩からだった。。。

どうやら、いつもなら部員皆で道場を後にするはずが、僕は今回一人で先に帰っていたため、僕が今どうしているかを見透かされていた様だ。

先輩S「今落ち込んでんだべ~」

なんて返信して良いかわからなかったが、とにかく謝罪と、今後の意気込みを返信した。

僕にはそれが精一杯だった。

でも、次のメールで、今日怒った理由等が送られてきた。

涙が止まらなかった。。。

そして、また一人部屋で横たわっていた。

その時・・・

ピンポーン!

何か鳴った。

多分チャイム。そして、多分僕の家。

ドアを開けると、

部活の先輩が一人。(今日怒鳴った先輩とは別の先輩)

どうやら心配して来てくれたらしい。

。。。

色々と、色んな人に心配かけてしまったけれど、また明日から稽古頑張ろうと思う。

今まで以上に。

「怒られているうちが華。」とはよく言ったものだ。

怒られたことにショックを受けることは誰でもできる。

そこからどうするかは本人しだい。

「一番短い返事は行動。」と、昔よく言われた。

「頑張ります。」なんて誰でも言える。

口だけにならない様に、これから行動で示していけたらと思う。。。

。。。

あぁ~落ち込んだ。落ち込んだ。

めっさ落ち込んだわぁww

自分のヘタレ具合を再確認しちゃいましたよ(苦笑)

とりあえず、今は元気です。

明日の部活緊張しますが。。。

これからもっと頑張らねば~

。。。

蜜柑ウマww

|

« 『団欒』にて。 | トップページ | 『原因』にて。 »

コメント

コメントありがとうございました☆

*こねこさんへ
本当に幸せです(ホロリ....)

今後の稽古でしっかりと挽回していけたらと
思います!!

*モアさんへ
まぁ、怒られたのは僕一人ではなく一年生全員なんですがね ^^;
なぜか泣いたのは僕だけらしいです(苦笑)
でも、これからも頑張りますww

*優さんへ
そうですね。
今回のことで、また少し大きくなれて
いたら良いと思います。。。

*タジイさんへ
そうですね。
きっとこれはどこに行っても通用する
言葉だと思います。
だから忘れずに念頭において生活したいです。。。

*しまさんへ
ありがとうございます。。。
そうだと光栄ですww

多分そのくらいでしょうかね。。。
まだわからないですが。
またしばらく緊張の日々が続きそうです。。。

投稿: 智斗 | 2007年11月30日 (金) 22時52分

蜜柑、美味しいですよね♪

今回のことでそれだけ考えられる智斗さんだからこそ、
先輩もそれだけ心配して下さるんじゃないでしょうか?

昇級試験だけが合気道じゃないですからね。
それに向けての稽古、そして普段の行動
・・・みんなちゃんと見て下さっていると思います!
結果はまた2週間後でしょうか?
ドキドキするとは思いますが、これからにつなげて下さいね。

投稿: しま | 2007年11月30日 (金) 01時07分

素晴らしい方に恵まれてはると思いました。
先輩SさんもTELをされたり
心づかいがあるなあと。。。

「一番短い返事は行動。」
この言葉は
大人になっても大事な意味があると感じます。
誰でもミスとかそんなこともあるんで
それがあるから次の道がひらけると思います。

投稿: タジイ | 2007年11月28日 (水) 13時34分

とてもはりあいのある生活をしているねぇ。。
いっぱい失敗して怒られて涙して・・・
人は成長していくのですよね。

投稿: | 2007年11月28日 (水) 00時30分

いい先輩達ですね。
怒られた後にどうするか?
ホント重要だと思います。
実習でも先生に怒られたら、中には先生に対して不満を抱く人、僕のようにその日1日がくーっとテンションが下がってる人(笑)など色々います。

でも「頑張ります」の一言より態度で返すというのはなるほどなって思いました。
僕も怒られたとき、「頑張ります」とか「勉強してきます」とか言うんじゃなく、次の日には怒られたところが十分にできるようにしてくるようにしたいですっ。

怒られてへこんで終わりじゃなく、何で怒られたかを考えると、きっと先輩達は後輩である智斗さんに頑張ってほしかったんだと思いますよ。
後輩がいい結果を残したときの笑顔を見たかったんです!
先輩達のためにも今度はもっと頑張ってください^^☆

投稿: モア | 2007年11月27日 (火) 22時49分

 こんばんは☆こねこです♪

 そのミカンの味、涙の味、しっかり覚えておくんだよ。
 人は失敗こそ成長の糧とも言うから、今回の失敗したことは失敗としてスパッと忘れること。出来たのに出来なかったことを思い返してまた練習すればいいじゃん(微笑)。

 「一番短い返事は行動」・・・まさにそのとおりで、私がよく言ってる「反省は言葉ではなく行い」というのと全く同じだよね。

 素晴らしい仲間や先輩に囲まれて、ちぃちゃんは本当に幸せだよ(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆

投稿: こねこ | 2007年11月27日 (火) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6186/9140703

この記事へのトラックバック一覧です: 『叱咤』にて。:

« 『団欒』にて。 | トップページ | 『原因』にて。 »