« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

『原因』にて。

今日はね、朝から頭が痛かったんです。

きっと、昨日遅くまで課題書いてたから。

それで結局2限目の授業はあきらめてしまいました。。。

疲れてるんでしょうかね。

まぁ、今日は早めに寝れたら良いですね。課題も提出したし。

明日は部活の納会(飲み会)だし。

またしてもスーツ着用だぁ。。。

そろそろ僕のスーツの着こなしレベル上がりましたかね?

初めて僕がスーツ着た日の母の反応を、未だに僕は覚えていますです。はい。。。

。。。

さてさて、そんな体調不良な今日でしたが、ちゃんとお昼くらいには学校行きました。

部活もありますし。

そして、いつも皆が集まる学食へ行ったところ・・・

もっと具合悪そうな友人が。

僕「やほぉ~」

友人M「あ、智斗ぉ~大丈夫??」

僕「大丈夫。もう平気だからさww」

友人O「お前さぁ~

解熱剤持ってない?

結構深刻なようで ^^;

僕「・・・。無いよ。薬なら○○(友人の名)が持ってんじゃない?」

友人O「アイツ今日学校来てないんだぁ。。。」

僕「そか~・・・とりあえず、ご飯でも食べたら?」

・・・と、まぁこんな感じで結構酷そうだったんですよね。

友人O「お前、昨日何時に寝たの?」

僕「え?2時くらいかな。なかなか課題が終わらなくてね。。。」

友人O「あそ~・・・あぁ、やべぇ~かなり具合悪い。。。でも、帰っても看病してくれる彼女とかいないから帰りたくもない。。。」

僕「どんまいだな。・・・でも、昨日課題書いてた時、危うく炬燵の暖かさで眠ってしまうところだったよ。。。」

友人O「え?俺最近

ずっと炬燵で寝てるよ?

僕「え?風邪引くよ?」

・・・。

僕「・・・あ、だからか。

もうね、炬燵で寝るとか駄目ですよね。

絶対風邪引きますよ。

炬燵で寝て良いのは猫だけっすよ。

布団で寝るのが一番ですよね。

そして、またしても最近・・・

僕の布団がぬるいです。

この前の一件から、タオルケット一枚増やしたんですが・・・

さらに寒くなってきたってことでしょうかね。。。

あぁ~・・・ついにヌイグルミさん達の出番でしょうか。。。

とりあえず、昨日は黒い兎さんのヌイグルミ抱いて寝ました。

こんな僕も・・・

もうすぐ二十歳.....orz

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

『叱咤』にて。

昨日、僕は合気道3級の昇級審査を受けた。。。

。。。

11月26日月曜日。

合気道昇級審査当日。

緊張しつつも、僕は学校へ向かった。

5限目に授業が入っているため、審査前ギリギリまで稽古はできない。

そのため、僕は空きコマである3,4限目を利用して稽古をした。

最終確認というほどでは無いけれど、一通り技をやって、授業に向かった。

今回の審査は体術10種。武器技11種。

3級は、4級の時の審査に比べ、技の数は一気に増す。ある意味節目の級である。

現に、3級から白帯ではなく茶帯に変わる。

審査は、師範の先生と先輩、同輩の前で技を行う。

順番は名前の50音順。僕は3級の一番最初。

辺りは静寂に包まれ、道場で感じれる音は受験者の気合の声と、己の鼓動のみ。

自分が緊張しているのが嫌でもわかる。

僕はとにかく技をこなした。。。でも、ミスをした。

自分にしかわからないくらいの小さなミスでも、僕から冷静さを奪うには十分な条件だ。

そのまま、体術は終了。

大きなミスはしなかったものの、悔いは残る。

。。。

全員が体術の審査をした後、全員揃って武器技に入る。

僕は一番先頭だから、技の掛け声などの配役が回ってきやすい。

案の定、いくつかの掛け声を担当することとなった。

掛け声を出しながら武器を振るのは、不器用な僕にとっては至難の業。

まぁ、そんなの普段の稽古でいくらでも補えるものなのではあるけれども。。。

一応、リハーサルでは失敗することなくできてはいた。

僕「九!十!十一!十二!!・・・

確かめる様に数を数えていく。(今回は三十一迄。)

僕「十三!十五、十六!!・・・

間違えた。

僕の掛け声に合わせて動いていた全員の動きが止まった。。。

動きが止まった瞬間、自分が何を言ったのかわからなくなった。(正直、未だにどうして間違えたのかわからない。多分一つ数をとばしたのだとは思うが・・・)

でも、ここで止めたらもっと最悪な事態になる。

僕は焦りながらもカウントを続けた。

そして、何とか数えきった。

しかし、他の注意点から、師範の先生から何度か同じ技を指導された。

そして、全ての審査が終了。

皆、肩を撫で下ろし、道場に整列。

僕は、掛け声を間違えたことを同輩に謝罪したりしていた。

師範の先生をお見送りし、部員だけの整列となった時・・・

一人の先輩がブチ切れた。

今回の、3級の昇級審査の出来があまりにも酷いことに我慢ならなかったらしい。

鋭い怒鳴り声が頭の中を貫いた。

空気が張り詰めるような音が聞こえた気がした。

特に武器技が酷かったらしい。

確かに、先輩らが3級を受けている審査を過去に見た時、僕らほど注意を受けることは無かった。

稽古不足、技の出来、心構え、他にも一気にお叱りを受けた。

僕は、情けなさと、悔しさ、申し訳なさでいっぱいだった。

人に怒鳴られたのは久しぶり。

稽古終了後・・・

僕は道場を誰よりも早く退場した。

。。。

外にはクリスマスに向けて綺麗なイルミネーションが施されていたが、僕には滲んでしか見えなかった。

そんなに寒い夜ではなかったけれど、僕の頬だけは冷たかった。

悔しくて、情けなくて、申し訳なくて。。。

審査中の自分。審査前の自分の行動が頭を過ぎった。

もっと稽古しておけば、あの時もっとこうしておけば・・・

後悔で頭がいっぱいだった。

武器技での自分の失敗。皆にかけた迷惑。

全てが圧し掛かってきた気がした。

やっぱり、3級は難しかった。取れなかったらどうしようと、一人部屋で打ちひしがれていた時だった。

携帯電話が鳴った。

呆然としながら、携帯を手に取った。

メールだ。。。

こんな時に、誰だよ。

こんな時、誰とも連絡なんて取りたくないのに。

今日、怒鳴った先輩からだった。。。

どうやら、いつもなら部員皆で道場を後にするはずが、僕は今回一人で先に帰っていたため、僕が今どうしているかを見透かされていた様だ。

先輩S「今落ち込んでんだべ~」

なんて返信して良いかわからなかったが、とにかく謝罪と、今後の意気込みを返信した。

僕にはそれが精一杯だった。

でも、次のメールで、今日怒った理由等が送られてきた。

涙が止まらなかった。。。

そして、また一人部屋で横たわっていた。

その時・・・

ピンポーン!

何か鳴った。

多分チャイム。そして、多分僕の家。

ドアを開けると、

部活の先輩が一人。(今日怒鳴った先輩とは別の先輩)

どうやら心配して来てくれたらしい。

。。。

色々と、色んな人に心配かけてしまったけれど、また明日から稽古頑張ろうと思う。

今まで以上に。

「怒られているうちが華。」とはよく言ったものだ。

怒られたことにショックを受けることは誰でもできる。

そこからどうするかは本人しだい。

「一番短い返事は行動。」と、昔よく言われた。

「頑張ります。」なんて誰でも言える。

口だけにならない様に、これから行動で示していけたらと思う。。。

。。。

あぁ~落ち込んだ。落ち込んだ。

めっさ落ち込んだわぁww

自分のヘタレ具合を再確認しちゃいましたよ(苦笑)

とりあえず、今は元気です。

明日の部活緊張しますが。。。

これからもっと頑張らねば~

。。。

蜜柑ウマww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

『団欒』にて。

今日は部活の行事でちょっと他県に行って来ました。

昨日も書きましたが、他県と言っても僕の地元の県なのですよねww

そんなわけで僕は終わった後に一人実家へ。

ゆっくりする為じゃなくて夕飯食べにww

ちょっと久しぶりの実家の食卓だったので、少食であるこの僕がご飯二膳も食べちゃいましたww

久しぶりに会った両親は相変わらずでした。。。

。。。

母「そう言えば智斗。アンタ布団あんまりかけてないの?日記見たわよ?」

僕「ん?あぁ・・・今はタオルケットもう一枚プラスしたから別に平気だよ。」

母「そう?またアレな時は何でも良いから布団の上に乗せなさい?温かいから。

ほら、ヌイグルミでも良いから。

僕「いや、駄目だろ。どう考えてもそんな仕事彼らには荷が重過ぎるよ。確かにいっぱいいるけども。。。(汗)」

母「そう?」

僕「うん。・・・そう言えば。お父さん、手大丈夫?」

実は、僕の父親は最近(?)とある病気の疑いがあって、筋力が落ちているらしいんです。。。

最近、握力が落ちたとか言っていたんですよね。

病院で握力を計測した結果・・・

平均よりはあるらしいんですが。

父は納得いっていなかったらしい。

僕は詳しい数値を聞いていなかったので、いい機会と思って聞いてみた。

父「駄目だ。力入らねぇんだ。握力無いんだ↓」

僕「どん位?」

父「・・・。お前よりはあるぞ?」

僕「知ってるよ。僕の方があったら引くわ。・・・で、今握力なんぼなん?」

父「・・・。

60くらい。

僕「十分だろ。・・・ってか、そんなにいらんって(汗)」

正直ね。予想外でした。

元々、父がどのくらいの握力だったかは知りませんよ?

でも、落ちたって言ってたし、平均よりあるって言われてたとしても40~50くらいかと思ってましたよ。

60って・・・60って......orz

親父ありすぎだろ↓

本当に病気なのか?

我が父親ながら疑問です。

そうそう・・・兄貴はと言いますと。。。

僕「そう言えば。お兄ちゃん部屋に閉じ込められたんだって?」

兄「うん。アレはビビった。」

僕「んでどうしたの?」

兄「ドアの隙間から”助けて”って紙に書いて出したんだけど、誰も気付かなくて↓」

僕「馬鹿だな。何で携帯使わなかったん?」

兄「え?だって

起こしちゃ悪いじゃん?夜だったし。」

僕「お前・・・助かる気サラサラ無かったろ....orz」

ってか、ドアの隙間から紙って、古典的にもほどがあるだろ。

昭和なら許すよ?

今は平成ですよ?

まったく、兄ちゃん・・・アンタ最高だよ。

それ最高のボケだよ。

まぁ、そんなこんなで僕の実家滞在時間は45分でした。

他にもたくさん面白い話はしたんですが、さすがにココには書ききれないし、固有名詞とか出てきちゃうのでね。。。

どうしても他のネタが気になる方は・・・そうですね。

頑張って僕から聞いてくださいww

では、では、もう夜も遅いので。

今回の部活の内容はまたの機会に書きたいと思いますです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

『雑談』にて。

今日は、朝から雪が降ってました。

傘をさしても意味が無いくらい雪が舞っていました。

ここまでくるとロマンチックだのなんだの言ってられません。

寒いし、濡れるし。。。

こんな日は授業を受ける気も薄れます。

でも、授業はちゃんと受けねば・・・

なんて言う程僕は優等生ではありません。

いつもならちゃんと受けるんですが、今回、学食での友人達との話が盛り上がってしまい・・・

3時間目サボっちゃいましたww

い~けないんだぁ~、い~けないんだぁ~♪

とか言いつつ集団サボり。

ごめんなさい↓

でも、そんな時の雑談ほど盛り上がることはないと、僕は思っています。

何せ、その中の友人の一人なんて、全部サボりましたからね。

せっかく学校に来たのに。。。

友人M「おう!さっきの授業いなかったね?どうしたの?」

友人S「髪が濡れたからブルーになってね。。。

この友人Sも、3時間目サボりました。

大事な髪濡らしてまで学校に来たのに、結局何も授業受けずに帰りました。

髪が濡れたくらいなんだ!!・・・って思う方もいると思いますが、

天パを背負う者にとって水分は天敵なんです!!

僕も、今となっては縮毛矯正という技術を駆使して髪を真っ直ぐに保っていますが、中学の頃なんて、朝から雨なんて降っていた日には死活問題でしたよ。(苦笑)

そんなサボり組でダベること90分!

色んな話をしましたね。

「腕相撲で負けた人が恥ずかしい話か甘酸っぱい過去を語る」とか「とある友人のナルシスト伝説」とか、他にも色々。。。

その中で、ふと下着の話になったんです。

別に猥談をしていたわけではありません。

ただ単純に、この前僕と友人Mが100均に行った時、ヌーブラを触った!!ってだけの話題だったんです。

あ、ヌーブラがわからない方はググってください。悪しからず。

・・・で、その感触が、

すっごいぷよっ!っぷよっ!だったんです!

もう、擬音語なんかじゃ表現しきれない手触りで、僕は男性連中相手にも関わらず、これは絶対触るべきだと主張しようと思ったわけなんですよね。

友人M「あの手触りはやばかったよねww」

僕「うん!あれはね・・・・

絶対触ってみる時期だよ!!

間違えたぁー!!

「時期」じゃない!「べき」だぁ~!!

一同爆笑。

友人O「時期か!?時期なのか!?」

友人C「やべぇ~帰りに100均寄らなきゃww」

友人S「K、帰り100均行こうぜ。」

友人K「おう。これは行くしかないな。だって時期だもんな。。。」

やめろぉ~(泣)

間違えたって言ってるだろぉ!?

横でひたすら爆笑し続ける友人M。

いやぁ~えらい恥ずかしいこと言いましたよ。本当に。

皆さんも、言い間違えには十分にご注意しましょう。。。

。。。

明日は、祝日ですが、部活でちょっと他県に行ってきます。

と、言っても僕の地元の県なんですがね。

きっと寒いだろうなぁ。。。

でも、久しぶりに家の夕飯が食べられそうな予感ですww

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年11月21日 (水)

『体温』にて。

最近突然寒くなりました。

寒くなると、朝布団から出られないという事態が生じるわけなんですが、最近・・・

僕の布団がぬるいんです。

朝、目が覚めると、布団が暖かくて出たくない!!・・・って感じるのが一般的だと信じているんですが、僕の布団は何故かぬるいんです。

今朝、目覚めて発した言葉が・・・

寒っ!?

・・・でしたからね。

布団の中にいるのに。

決して僕の寝相が悪くて布団をはいでるわけではありません。

どちらかと言うと僕の寝相は

気持ちが悪いくらい良いですから。

目を閉じた時と全く同じ姿勢で目が覚めます。

布団はいつも大体全く乱れていません。

恐らく、自分の体温で布団暖められなくなったんでしょうね。。。

一体どんな事態だ↓

何気なく、今日そのことを友人らに打ち明けたところ・・・

友人M「服着て寝てるからだよ。

え?そこ?

友人K「確かに、服全部脱いで寝ると防衛反応働いて体温高まるよ?」

僕「え・・・でも、僕寝るとき半袖短パンっていう夏同然の格好で、結構露出度高くしてるんだけど ?(汗)」

友人M「中途半端に服着てるからだよ。

ぃゃ、普通だろ?

友人K「服全部脱ぐか、めっさ着込むかだな。」

僕「え?下着は?」

友人M「え?着ちゃ駄目だよ。

それさえもなんですか?

僕「えぇ~・・・・(汗)」

何で皆そんな究極なことを言うんでしょうね↓

そもそも、友人Mは普段全裸で寝ているのか!?

とりあえず、今日は・・・

ちゃんと服着て寝ますけどね。

まぁ、確かに全裸で寝るのは体に良いっても聞きますけど・・・

突然、全裸で寝ろなんて無茶な話ですよ。

皆さんは普段どんな格好で寝てますか?

ちなみに僕はさっきも書きましたが半袖短パンと言う夏同然の格好で寝ています(夏はタンクトップになりますね。)

なにせ・・・

袖が嫌いなもので。

学校のジャージも胴着もすぐ巻くってしまう癖があります。

そしていつも怒られますww

皆さん、温かくして寝ましょうね。ww

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

『不安』にて。

皆さんは、どんな時に「不安」を感じますか?

。。。

はい。初っ端変な話題ですいません↓

でも、僕は、チキンなので、しょっちゅう何かにいっぱいいっぱいになってます。

昨日の昇級といい・・・ね。

今現在、僕の学部では3年生になってから始まるゼミの先生を誰にするかで皆てんやわんやです。

人気のある先生を希望したらあぶれるかもしれない。

でも、かと言って興味の無いゼミには入りたくない。。。

僕も、今まで興味のある先生の研究室を何箇所か訪問しました。

僕の興味のある先生は何方も人気の高い方々。

正直、どうなるかわかりません。

そして、今日は僕の第一希望とも言える先生とお話をしてきました。

6対1での面談でした。

僕は、入試の面接で志望理由としてあげた内容を思い出しながら話そうと思ったのですが・・・

順が回って来た瞬間頭が真っ白になりました。

。。。

最近、やたらと緊張します。

頭の中がよく真っ白にまります。

ギリギリまで大丈夫と思っていたのに、いざとなると何もできないんです。

そりゃ、元々持っている語彙とか力量は少ないですけど....orz

自分に自信が・・・

というか、こうやって失敗してばかりで最近自信喪失ばかりなんですよね↓

う~ん。。。

いけませんね↓

今回の面談は、もちろん大失敗したわけなんですが、こんな形で終わらせたくないので、もう一回・・・いゃ、何度でも先生のところに行って、話しをしてみたいと思います。

まぁ、つい30分前までこの前向きな思考になるとは思えないくらいの落ち込み具合だったんですがね。。。

僕は不安になるともうどうしようもないレベルまで落ち込むんですよ。

ほら、体育座り初段の腕前ですから。

でも、地元の友達と話して、もう一度頑張ろうと思ったんですよね。。。

友人H「頭悪いとか、そんなの関係無いよ!

って、言ってもらえたんでね。

僕は頭悪いから、難しいことは言えません。

でも、難しい言葉を並べる必要は無いんですよね。

自分はこれがしたいんだ!・・・って、簡単な言葉でも相手に伝えられれば良いんですよね?

まぁ、こう言ったことはあまり何度も言いたくないですが、僕は頭が悪いので、頭が悪いなりに頑張って気持ちを伝えてみようと思います。

そりゃ・・・

頭は良くなりたいですけどね!!

こればっかりは自己責任ですからね.....orz

虚しい理想を描くのはやめましょう。

足りない部分は努力するしかないです。うん。

頑張ろう。。。

とりあえず、またレポート書かなきゃ....orz

今週は金曜がお休みなので月曜が締め切りとなりましたが、ズルズルと引っ張りたくないので早めに仕上げたいと思いますよ。

さてさて、不安が絶えない毎日ですが、頑張って乗り越えて参りましょう。

。。。

今日、友達と100均ショップで・・・

ウサミミ着けて遊んでいたのは僕です!!

・・・あえて黒いウサミミだった理由は内緒です。

サンタの帽子カブって遊んでいたのも僕です!!

ただ・・・

元気出したくて!!ww

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

『白色』にて。

今日は忙しかった。

部活で昇級審査のリハがあるのに、今日の僕の授業は部活が始まるギリギリまでかかる5限目まで。。。(苦笑)

練習ができないよぉ~↓

でも、昼休みと3、4限目が空きなので、その間に道場に行って自主稽古。

お昼を一人で道場で食べて、一人で武器振ってました。

鏡の中には、武器を振っている自分ではなく、武器に振り回されているような自分がいた。

一人っきりの道場は寒い。

しばらくして先輩が一人教えに来てくれたので一緒に稽古。

でもでも、4限目の時間に研究室へ行かなきゃで、早めに切り上げ研究室へ。

移動は全てダッシュか駆け足か気持ち早歩きでした。。。

意外と研究室の用事がすぐに済んで一安心。

食料求めて生協へ。

ここでホッと一息。。。

チーズケーキが安くなってていと嬉しww

5限を受けて、一番に教室を飛び出し道場へダッシュ!!

外は真っ暗。息は白い。

道場にはもう既に皆が稽古していた。

僕は15分くらいしかできなかった↓

そして、リハ開始。

5級が終わって、4級も終わって・・・

ついに3級。

僕は一番最初の組。

いつもの悪い癖は「焦ること。」

心の中で焦るな、焦るな・・・と言い聞かせながら、

焦ってました。

定位置に着いた途端に今まで覚えたことが飛んだ気がしました↓

その結果・・・

所々間違える始末↓

まぁ、コレが本番じゃなくて良かった↓

3級を取れば白帯ともおさらば。

本番は一週間後。

とりあえず・・・

もっと技にキレを出そう。。。

。。。

今朝、窓の外を見たら・・・

雪が薄っすら積もってました。

初雪です。

どうりで寒いわけだ....orz

出来れば降ってる瞬間見たかったな。

雪って良いですよね。

見てる分にはww

冬の空も綺麗だから好き。

冬空に、雪が降ってる綺麗な景色を・・・皆さんは、

今年は誰と一緒に見るんでしょうね?ww

とりあえず、今僕の隣には。。。

黒くてデカい兎のヌイグルミがいますね。うん。

。。。

          『優月夜-yu-zukiyo-』

    冬の夜空に浮かぶ月。

    透き通る夜空と僕らの足元を明るく照らしてくれる、

    優しい光。

    僕が転ばないように。

    君がちゃんと帰れるように。

。。。

海苔の佃煮ウマww

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

『証明』にて。

今朝、起きた時若干頭が痛かった。。。

でも、授業休んで部活行くのもあれだしと、少し迷いながらちゃんと学校に行きました。

30分くらい遅刻して。

教室に入ると当然の様に授業は始まっており、僕はこっそり教室に入り、

堂々と真ん中を歩いて席を探しました。

意外に空いてなくて↓

友達が席を空けてくれて何とか座れましたが ^^;

授業は何やら昭和の日本の話を先生がしている模様・・・

テレビとか、洗濯機が日本に普及し始めた頃の話。

すると、話題は車の話題へ・・・

先生「昔は車がある家の方が珍しかった。今では当たり前にあるがね・・・

まぁ、我が家には未だ車が無いですがね。

教室「!?」

先生「ウチはマンションでね。。。でも、無いと不便なんですよね。」

教室内がザワ付いている。

そりゃ、車が無いと色々大変だろうなぁ。。。

先生「子供にも昔よく突っ込まれましたよ。・・・でも、ウチには車も無いが

私は免許も無い。

教室「!?」

な、なぬっ!?

そ、そこからか!?そこからなのか!?

一応言っておきますが、この先生は若いわけではありません。

お子さんも今では大学生だそうです。。。

先生「身分証明の時困るんですよ。TSUTAYAに保険証持っていく訳にもいかないし、パスポートも恥ずかしい。学生には学生証があるのに、教員にはないんです。まったく・・・」

確かに、身分証明で一番手っ取り早いのは免許証ですからね。

今では持ってない人の方が珍しいくらいですし。。。

先生「それでね、私決めたんです。

原付の免許取ろうって。

えぇっ!?そっちなん!?

ザワつく教室。

先生「あ、でも原付には乗りませんよ?写真付いてる証明書が欲しいだけですから。」

乗れよ(苦笑)

・・・ってか、原付取るなら車の免許取れば良いのに ^^;

まぁ、本人がそれで良いなら良いんですけどね。

。。。

あぁ・・・

今日の部活は疲れました。

頭痛がなかなか治らなくて↓

でも、不思議なもので、動いていたら自然に治りましたww

今日はちょっと危険な練習したんで体が痛いです↓

受身の練習なんですが、「飛び受身」と言って、

飛んで受身を取るんです。

まんまな説明しかできなくてすいません...orz

でも、こうとしか言えないんです。

どんなモノかは皆さんの想像力に任せます。

そして、僕はまだ下手なので体を畳に強く打ち付けてしまいます↓

きっとまた痣が増えていることでしょう。。。

今、もし大浴場に入れと言われたら恐らく拒否しますね。

でも、本当に上手い人の飛び受身は、噂によると・・・

全く音がしないとか。。。

人が畳に落ちるのに音がしないなんて・・・

し、信じられない↓

今日、4年の先輩が綺麗な飛び受身を見せてくれている時、1年生の一人が・・・

「俺、あの人を超えてやる。。。きっと。」

と、ボソっと呟いたので、すごくイジってやりたくて仕方なかったですww

・・・なんてね(笑)

僕も早くできるようにならなければ。

とりあえず・・・

もっと高く飛ぼう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

『使命』にて。

今日、僕が絶対にしなくてはいけなかったこと。

洗濯物を雨に遭う前に取り込むこと。

。。。

今朝は、早くから陽が射して、良い天気だった。

今日は部活も無く早く帰れるから、洗濯物を干したまま学校へ。

3コマ目終了後。

外は雨。

あはは・・・。

洗濯物干しっぱで来ちゃったよ。

しかも、干してあったのは、ど・う・ぎ (ノ∀`*)ノ"アハッ☆

仕方ないよね。

うん。うん。仕方ない。

降っちゃったもんはさ。

秋の空と乙女の恋心は変わりやすいじゃん?(笑)

ほら、一回くらい洗濯物を雨に濡らす経験っていうのも大事じゃん?ww

良い経験したよ。うん。

胴着だっって、空手着あるし。

別に、明日の部活だけ空手着でやれば済む話じゃん。

そう、そう、僕には、

空手着っていう強い味方があるんだからぁぁぁっヾ(`□´;)ノ"!!

平気だもぉ~ん。

泣かないもぉ~ん。。。

・・・ちくしょう....orz!!

。。。

そんなこんなで、洗濯物を雨曝しにした次第であります。

明日から結構寒くなるみたいですね。

僕は一足先に風邪引きました。

体温が現在36.6℃ある模様です。

一般的に見て熱は無いんですが、平熱が低い僕にとってはキツい体温だったりします。

でも、明日友達にケーキを焼いて行く約束をしたので焼いちゃいました。

筍が余っていたので煮物を作っちゃいました。

何やらゼミに関してやらなきゃいけないこともあるようです。。。

ほら、こういう時って気合って大事じゃないですか?

ね。。。

とりあえず、早く寝ておこうと思う今日この頃です。

明日は熱無いと良いなぁ。。。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年11月12日 (月)

『入試』にて。

明後日は学校がお休み。

その日は学校で推薦入試があるから。

推薦入試と言ってもただの推薦入試じゃない。

AO入試と言う自己推薦入試だ。。。

そう・・・

僕が受けた入試。

僕は2年前、この推薦入試を受けて今の大学へ入学した。

正直言って、一般入試で合格できるとは到底思えない成績だったから↓

そのため自己推薦しか手はなかった。

学校推薦では僕の希望する学科は無理だったしね。

この日記をスタートしたのは進路が決まった後だったから、僕が入試で奮闘している姿は書いていなかったと思う。

まぁ。。。

入試時期にブログなんて開設してたら余裕も良いとこですけどね。

でも、懐かしいなぁ。。。

エントリーシート書いて、小論文書きまくって、面接練習吐くほどやって。。。

リアルに胃壊した人もいたっけ。

僕なんて面接駄目駄目だったからなぁ。

担任の先生が面接官役だったんですが・・・

恐いこと、恐いこと。

前に座った瞬間フリーズですよ。

まぁ、そのおかげで本番あんまり緊張しなかったって言うのはあるんですがね。

小論文もよく注意されたなぁ。

誤字が多くて(苦笑)

なんかね、いっつも惜しいんですよ。

「友達」って書いたつもりが、「友」って言う字に「しんにょう(部首)」書き足してしまっていたり。

危うく漢検剥奪されるところでしたよ...orz

そうそう、一次試験の面接で、今まで自分が取った資格の証明書とか、賞状のコピーを持って行かなくちゃいけなかったんですけど、あれも友達とヤィヤィ言い合ってたなぁ。。。

友人T「○○の資格の持ってっても良いと思う?」

僕「良いっしょ!何でもアピールできるのはしなくちゃ!しないと損だよ!」

友人T「じゃぁ、この前の○○の賞状もかな!?」

僕「もちろん!!」

友人T「大丈夫かなぁ?(汗)俺、19枚くらいになったんだけど、もう少し減らした方が良いかな?(汗)」

僕「大丈夫だよ!僕なんて

33枚だよ?

友人T「減らして行け!!

ガーン....orz

友人T「33枚とか何だよ!?もっと整理しろよ!何でもかんでも持ってきゃ良いってわけじゃねぇんだぞ!?」

僕「整理して33枚なんだよぉ↓整理しなかったら40枚くらいだよ(汗)」

友人T「うわぁ・・・

引くわぁww

何故!?

まぁ、こんな感じで僕は馬鹿みたいな量の証明書やら賞状を持って行ったわけなんですが・・・

結果。。。

面接官の先生から笑いを取りましたww

とりあえず驚いたんでしょうね。

まぁ、中身は得たいの知れない資格の証明賞と書道関係の賞状だったんですけど。

まぁ、笑いを取ったと言っても、僕は面接室に入室した時点で笑い取りましたけど。

前髪短すぎて。

前日、調子こいて切りすぎちゃったんですよ。

学校では・・・

友人T「なんだその前髪!?

エジプトの壁画かよ!?ツタンカーメンって呼ぶぞ!?

・・・て....orz

アレは確かに酷かった↓

今はもうそれが恐くて前髪短くできません↓

でもまぁ、受かって良かった。

面接練習の時点で、僕は駄目駄目のレッテル貼られてましたからね。

結構、駄目でもしょうがないかと思ってたんですよね ^^;

一次試験通った時なんて本当に嬉しくてすぐに家に電話しましたねぇ。。。

僕「もしもし?!お母さん!?結果出たよ!!」

母「どうだった!?」

僕「B判定だったんだ!」

母「良かったわねww

・・・ってか、それって良いの?

オカーン!!

昨日説明したじゃないですかぁ。。。

結果がAかB判定なら二次試験も受けれるし合格率も80%以上だって(汗)

取り合えず家に帰って改めて説明しましたけど。

そして、父親も帰宅したので、再び報告。

実は、父も僕と同じ大学出身なんですよね(笑)

僕「お父さん!聞いて!僕B判定だったよww」

父「・・・それって良いのか?

オトーン!!

アナタモデスカ?

まったく、あんたら二人は....orz

もっかい説明すんのダルかったのでとりあえずよしとしました(笑)

あぁ・・・懐かしいww

まぁ、とりあえず新入候補生を密かに応援するとしましょうかねww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

『打上』にて。

今日は部活で文化祭の打上がありましたww

部活が終わった後に近くのラーメン屋へ行って来ました

支払いは文化祭で僕らの部活で出した出店の売り上げからだったので、普段は高くて頼まないメニューをチョイスしてみたりww

なにせ学生さんはお金ないですから...orz

まぁ、そんな悲しい現実は置いときまして。。。

僕らの部では、文化祭で「スープバー」をやりました。

要するに、スープを屋台で売っていたと。

メニューはコーンスープミネストローネww

寒い季節とあってか結構な売れ行きでした。

目標売り上げには到達できなかったみたいですが↓

でも、一応お金が入ったので、そのお金で今日みたいな打上ができたわけなんです。

稽古後なので皆お腹ペコペコ。

皆で食べる夕飯は美味しいモノです♪

人数が多ければ、自然と会話も弾むわけで・・・

何故か話題はネコミミの話題へ。。。

僕「僕の家にネコミミあるよぉ?白いやつ。」

後輩H「Tの家にはウサミミありますよ?」

友人K「ウサミミ!?」

僕「T!!本当にウサミミ持ってんの!?」

後輩T「え?・・・あ、はい。あります。。。」

驚きましたよ。

正直ね、まさか男の子でそんな小道具を所持している人がいるなんて思いもしませんでしたから。。。

僕「・・・え?何、家で着けたりしてんの?(笑)」

後輩T「あぁ・・・はい。

元気出したい時に。。。

ちーん.....orz

ごめんなさい。

ほんの冗談のつもりだったんだよ?

何だか触れちゃいけないとこ触れちゃったのかな、僕。。。

あるよね。皆あるよね。うん。。。

一人暮らしだもんね。

僕だって、家じゃ体育座初段の腕前だもん。

元気の出し方は皆人それぞれだよね。

さてさて、お腹もいっぱいだし、今日はもうお風呂入って寝るとしよう。

レポートも終わって無事に提出してきたしね。

今まで出来なかった右からの受身をしても肩が痛くなくなったし。

。。。

先日、病院に行き、診断してみてもらったところ、順調に回復しているそうです。

良かった、良かったww

これで、また今月末にある昇級審査に間に合いそうですww

皆さん本当にご心配おかけしました。

ここ最近色々あった僕ですが、今は元気です。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年11月 6日 (火)

『誘惑』にて。

今日からまたレポートとの戦いが始まった↓

今さっき一段落ついて、こうして日記を更新している次第でございます。

決して・・・

わけがわからなくなって、今日は諦めたわけではないですからね?(苦笑)

。。。

今日、僕は凄く人生の中で躊躇させられる出来事に遭遇したんです。。。

それは何かと言いますと・・・

プリンの忘れ物を発見したんです!!

はい。意味わからないですよね?

実は、今日学校の生協で買い物をし、レジを通って買ったものを袋に詰めていた時に遭遇しました。

プリンに。

恐らく誰かが買ったは良いが忘れていってしまったのでしょう。

どうしよう、レジの人に言おうか。

それとも・・・

いゃいゃ駄目だ!!

そんなことしたら人間失格だ!!

そうだよ!この前甘いも食べたじゃないか!・・・って、そういう問題じゃなくて(汗)

あぁ~でもどうしよう。。。誰も気付いてないしなぁ。。。

いゃ!待て智斗!!お前はそんなことでプリンを手にして本当に嬉しいのか!?

今後笑顔でプリン食べれるのか!?

もしかしたら、自分みたいにプリンが大好きな人が買って、うっかり忘れてしまったのかもしれないじゃないか!!

本当にプリンが大好きなら忘れて行かない!!

プリン好きって言うのは、他に何を買おうともそればかり考えて買うわけで、絶対袋に入れ忘れるなんてことはしないんだぁ~!!

プリンを忘れて行くなんて許せないぃ~!!

もはや頭の中で趣旨がおかしくなってきた。

自分の好物の忘れ物を目の前にちょっとテンパってしまったんですよね。。。

その時です。隣に誰か他の学生がやって来ました。

男子学生A「あ!プリンだ!!」

男子学生B「うわっ!マジだ!」

男子学生A「どうする!?こういう時どうする!?」

男子学生B「え?とりあえずレジに・・・」

男子学生A「え?

俺もらうよ?!

な、なにぃぃぃっ!?

男子学生B「え?良いのかよ?(汗)」

男子学生A「知るかよww忘れるのが悪いんだよwwほら!行こうぜ

いやぁぁぁぁっヾ(´д`q)゜。!!

・・・こうして、いとも呆気なくそのプリンはその男子学生Aに持ち去られてしまいました....orz

くぅ~・・・なんてこった↓....orz

なんか腑に落ちない↓

自分が食べたかったからとかじゃなくて、何といか、こんな結末で本当に良いのか!?

・・・って、言う。ね?

もし、仮に後から本当の持ち主が気が付いてあのプリンを取りに来ていたら。。。

もしそれが僕だったら・・・

考えただけでも今夜枕を濡らせそうです。

あぁ~何か切なくなってきた。

まぁとりあえず、きっとあのプリンには青酸カリが混入されていたんだ!・・・と考えて自分を納得させようと思います。。。

。。。

明日は部活の出稽古だぁ~

場所が別のキャンパスの道場だから行くの大変だぁ。。。

でも、頑張って行って来ようww

。。。

乾し帆立うまww

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

『発表』にて。

はてさて、久しぶりの更新です。

別に、今まで悲しみに打ちひしがれていたわけではありませんよ?

今はだいぶ平気です。。。多分。

ただ単に、部活が忙しかったり、学校で文化祭があったり、「欽ちゃんの仮装大賞」の予選に出場していただけです。

そんなわけで更新する時間がありませんでした。

部活は、再び行われる昇級に向けて腕を回復させつつ稽古してたり、文化祭では、部活の皆で出店したりしたんですよww

楽しかった♪

さてさて、文化祭で僕らは何を売ったかと言いますと・・・

・・・え?

「欽ちゃんの仮装大賞」の予選って何?・・・ですか?

「欽ちゃんの仮装大賞」と言ったら年末だか年始にテレビで放送してるアレですよ。

ほら、電光メーターが審査員のボタンによって点として上げられていき、チビっ子が泣くと再び点が入る番組ですよww

・・・気になりますか?

気になりますか。そうですか。

実はですね、つい数日前、徐に部の副将が部員に呼びかけ始めたんですよ。

副将「『欽ちゃんの仮装大賞』に出ましょう!!」

・・・って。

皆きょとんですよ。

でも、副将は本気だったんですよ。

だから、急遽部の皆で参加することになったんです。

詳しく締め切りなどを聞くために、僕らは副将の周りへ集合。

副将「えぇっと、まず書類選考に合格しなきゃなんだけどね。」

部員「発表はいつなんですか?」

副将「一応明後日。」

部員「へぇ~・・・で、予選の日はいつ?」

副将「再来週。

全部員「再来週っ!?」

これは、また厄介な事態になりました。。。

あの超大掛りな番組にわずか2週間で乗り込もうなんざ・・・さすが我らが副将....orz

でもまぁひとまず書類選考に通らなければ予選も無いのでね、まだわからないですけど。。。ね。

そして、2日後。。。

意気揚々と副将が書類選考無事通過の報告をしてきた。

さぁって・・・

困った。

これは困ったぞ。

しかも、予選当日は学校の文化祭の日程にもカブっている!!

人手が足りないにもほどがる。

まず、セット作って、役考えて、練習して・・・

うん。2週間じゃ無理っ!!

ってか、発表されてからだからもう2週間も時間無いよ!!

僕らは学校近くの公園で夜遅くまで道具を作ったり、練習したりしてました。。。

そして、何とか・・・何とか!!カタチにはなってきました。

僕らが演じる内容は、『心霊写真』と言って、写真を人で再現し、その中で何かが色々と起こるというモノ。。。

そして、僕が演じたのは、その写真の中に写っている人。

だからまぁ、演じると言っても、ただじっと静止していれば良いんですがね。。。

こうしてドタバタと迎えた予選当日。

2週間という短い時間で作品を仕上げて乗り込んだ予選会場。

僕らは完全に浮いていた。

他の出場者の作品のクオリティーの高さに圧倒されつつ、僕らは着々と発表の準備。。。

結果は見事・・・

不合格!

いゃ、誰もが予想していた結果でしたけど。

評価もボロボロ。

僕らは始まる前にとにかく笑って帰ろうと約束はしていた。

結果は駄目だったけど、何となくやりきった僕らは安堵感に包まれていた気がする。

正直、2週間・・・いゃ、1週間で準備した僕らはある意味凄い。

でも、準備はそれなりに楽しかった。

良い思い出ができた気がするww

またやりたいかは謎だけど、やって良かったと思う。

良い経験ができました。。。

。。。

さてさて、これから僕はまたレポートを書かねばなりません。

結構楽しい内容の科目のレポートなので苦ではないんですがね。

今回は「おススメのお店」

飲食店で自分の進めるメニューなどを書く。

条件は良いポイントを3つ書くこと。

意外と難しい。。。

楽しそうではあるけれどね。。。

この前なんてこんな課題を出された。

「私の好きな人」

文の出だしは「私は○○が好きだ。」と書いて始める。

そしてその人が好きな理由を3つ書く。

・・・相手が架空でなければ誰でも良いとか。

もちろん芸能人も有り。友達でも、先生でも誰でも良い。

ただ自分が好きな人の好きな理由を300字以内で書き上げるのだ。

こ、こんな課題・・・

300文字じゃ足りませんよ!!

・・・なんてね。

僕が誰を書いたかは、内緒です。

多分(笑)・・・僕は部の先輩のことを書きましたww

さぁて、どこのお店を紹介しようかなww

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »