« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

『法律』にて。

年上をするって、ありますよね。

もしくは憧れるとか。

僕自身は、年上に対して憧れしか経験ないんですが、友人によく年上の方にメロメロになってしまう子がいる。

これは恋なのか憧れなのか微妙だけども、よく年上の方に惹かれるようだ。

相手は先生だったり、先輩だったり・・・

そして、今回も自動車学校の教官にメロメロになっていた。

しかし・・・

『習字教室』にて。

ガラガラッ!!

後輩T「ねぇ聞いてぇ!!O先生に子供がいたのぉ(泣)」

先輩Y「そりゃ残念だったなぁ。。。だいたい今度は何歳の人だったんだ?」

後輩T「36歳!」

後輩S「それは子供いてもおかしくないだろう(汗)」

後輩T「しかもね!3人だよ!?3人!上は中学生で、下は小学生の双子なの!!」

僕「へぇ~、そりゃまた多いこと。・・・じゃぁさ!

奥さんは何人なの??

・・・(爆!!)

先輩Y「おぃ!日本は一夫多妻制じゃないぞ?(笑)」

後輩T「ちぃちゃん!そ、そんな衝撃的な質問しないでよぉ!!(笑)」

後輩S「アナタ日本の法律理解してる!?(笑)」

えぇ~・・・皆にかなり馬鹿にされましたね(苦笑)

うっかり言い間違えただけなのに...orz

うっかり言い間違えただけなのに...orz

とりあえず・・・

日本は一夫多妻制じゃないそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

『整体』にて。

去年の10月の今頃・・・

僕は車に跳ねられた。

結構跳んでたらしいけど、ケガは全身打撲と血豆で済んだ。

2月の今となっては、もう3ヶ月くらい過ぎてるし、結構なんともない。

でも、交通事故に遭った人は、骨が歪んだりしている恐れがあるため、整体を受けることをよく勧められる。

今回、僕の父親の元クラスメイトだった人が開いている整体を紹介されたので行ってきた。

うん。最初に感想だけ述べますと。。。

痛かった。

僕は、背骨が捩れていたり、骨盤が片方動かなかったり、とりあえず体の色んな箇所がおかしかった....orz

先生「う~ん・・・これ本当に事故だけかなぁ?なんかスポーツとかしてた?」

僕「えぇと・・・バスケット書道やってました。」

書道はスポーツではない。

まぁ、僕的には書道もスポーツですけどね。筋トレとかしますし。合宿で体重減るしww

先生「う~ん・・・バスケットかぁ・・・何か他に体に衝撃とか受けたことある?」

僕「・・・。」

僕は考えた。

高校時代。僕の高校は9割以上が男子生徒。僕のクラスも9割が男子。

衝撃を体に受けることは日常茶飯事。しかも、僕はクラスで一番と言っても過言ではないくらいの

いじられキャラだった。

休み時間は迂闊にバックを取られてはいつ技をかけられてもおかしくない。

体育では壁にぶつけられたり、蹴飛ばされたり・・・

担任以外の先生にいじめと勘違いされたこと多数。。。

そんな、危険な毎日を僕は送っていた。

※本当に、いじめられてはないですよ?

・・・ぃ、言えない!!こんな馬鹿な過去なんて

恥ずかしくて言えない!!

こ、こうなったら!!

僕「空手部でした!」

先生「あぁ。なるほどねぇww」

う、嘘は付いてないですよ!?空手部に所属していたことは事実なんですから!!

ただ、普通の部員より在籍期間が少し短かかっただけですから!!(涙)

馬鹿げた日常を話すよりは簡単でたくさん衝撃を受けてても不思議じゃない理由ですもん。

・・・まぁ、こんな話をしながら色んな体の部位をボキボキ、バキバキとされたわけです。

でも、不思議なことに激痛の後はちゃんと体は治ってるし、指圧して痛かった部分が押しても痛くなくなってたりするんですよね。

これは良いです。

別に、交通事故に遭ってない方でも、是非一度行ってみてくださいww

ただ!!

間接を鳴らされる際に、恐らく・・・

日常生活でまず使わない言葉を放ってしまうでしょう。

きっと、新しい自分に出会えますよ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年2月24日 (土)

『短期』にて。

今日は、バイトの面接に行って来ました。

2ヶ月も実家で何もしないでいるのはちと肩身が狭いと感じましてね↓

だからと言って、こんな時期に短期で雇ってくれるバイトなんてほとんどない↓

この前まで諦めてましたしね↓

でも、やっぱり何もしないでは短期ニートになっちゃいますからね。

挑戦してきました。

決して、「長期で出来ます。」なんてハッタリはこいてませんよ?

今回、僕が面接を受けたバイトは本屋さんの教科書販売のバイト。

教科書を仕分けしたり、各学校に届けに行ったりするお仕事です。

この時期だからこそある仕事。

期間も3月いっぱいとベスト!

そもそも、里帰り中の大学生をターゲットにしたバイトらしい。

これはやるしかない!!

どうやって、こんな美味しい情報を手に入れたかと言いますと。。。

先日、高校へ行って、担任の先生と話していた時に教えてもらったんですよ♪

しかも、その仕事の責任者(?)が担任の先生の昔の同級生だとか。

何でも聞いてみるものですね。。。

もう卒業してるのに仕事斡旋してもらっちゃいましたよww

そして・・・

。。。

面接は3対1の形で行われた。

僕の他に、男の子1人と女の子1人。

面接官「えっと・・・智斗さんはアレだよね?T先生とこの?」

僕「あ、はい!!」

面接官「T先生とは中学の同級生でねぇ。じゃぁ・・・Y君は高校の時の担任だれだった?」

Yさん「えっと・・・K先生です。」

面接官「あぁ!あの数学の?」

Yさん「あ!そうです!!」

面接官「そっかぁ・・・FさんはS高校かぁ。。。担任誰だった?」

Fさん「えっと・・・S先生です。」

面接官「あぁ!英語のでしょ?知ってる!知ってる。。。まぁ

知ってるだけなんだけどねww

なんだそりゃ ^^;

面接官「じゃぁ・・・1日から皆さんお願いできますか?」

え!?担任聞くだけで良いの!?

3人「ぁ、はい!!」

面接官「はい、じゃぁよろしくねぇ。」

・・・終了。

こんな感じで面接は終了した。

とりあえずバイトだわ~い♪

良かったぁ。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

『約束』にて。

今日は、高校へ行って来ました。

僕の出身校。相変わらず・・・

汚い。

まぁ、ほぼ男子校なんでね↓

仕方無いような、仕方なく無いような。。。

担任の先生との約束は3時。

先生の仕事の都合で、一時間程度しか話せないらしい↓

僕「失礼しまぁす

懐かしい感覚で職員室に入る。

知ってる先生が僕らに声をかけてくれる。

先生I「あらぁ智斗じゃなぁ~い!元気ぃ??」

僕「あぁIちゃん元気だったよぉ♪先生ちょっと太ったんじゃない?(笑)」

先生I「まぁ酷い!!失礼ね!!」

僕「冗談だよぉ(笑)」

・・・ちなみに、先生Iである。

そんなことをしているうちに、友人と担任の先生は先に教室へ行ってしまった↓

担任の先生との話はかなり盛り上がった。

本当にたくさん喋った。

話し終わる頃には外は真っ暗。

僕らは・・・

3時間も喋っていた。

いやぁ~・・・先生、お仕事大丈夫だったかなぁ。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

『特徴』にて。

今日は、急遽父親の実家に行くことになりました。

鱈子もらいに。

鱈子と言っても、漬鱈子ですけど。

酒と、みりんと、醤油などで漬けた鱈子。

これがなかなか手に入らない一品らしい。。。

父親の大好物なんですよね。

僕も大好き好きですけど。

さてさて、今までこの日記で僕の家族のことを何度か書いてきたと思うんですが・・・

父親の両親についてはあまり書いたことがなかった気がする。

まぁ、一緒に住んでいるのは母親の両親なんで、仕方無いです。

父方の両親。。。

とりあえず、祖母はよく喋ります。

僕「じいちゃん、ばあちゃん元気だった?」

祖母「元気!元気!智斗ちゃんにもわけでけっかい?(訳:分けてあげようか?)」

祖父「この前まで、腰が痛・・・」

祖母「そうだ!○○(母の名)ちゃん!この前ね!!」

じいちゃんの話まだ途中だったよ!?

平気で他の人の話をぶっちする祖母。

これは祖母の得意技。僕もこの技に今まで何度も敗れた↓

それをニコニコと受け止める祖父。

祖父は、何かと冗談を言う、面白いじいちゃんである。

でも、たまに本気で変なこと言う。

今日、母と僕で作ったバナナケーキを持って行った。。。

祖父「ほぅ、智斗とお母さんで作ったのかい。」

僕「うん!美味しい??」

祖父「これは何が入ってるんだ?」

僕「これはバナナだよ♪」

祖父「へぇ~。。。」

僕「じいちゃんバナナだよ!!じゃないよ!?」

祖父「おぉ、バナナか、惜しかったなぃ。

僕「一文字も合ってないよ!?」

・・・まぁ、これがボケでないことを祈りましょう。。。

でも、二人とも元気で良かった、良かった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

『対処』にて。

何もない。。。

予定はチラホラあるものの・・・

何もない日は何もない。

実家にいるのは3月まで。

短期のバイトも少ないもんだ↓

よく探せって?

だって・・・

僕の実家の周り何もないんだもん。

こんなんじゃロクな日記も書けない↓

というわけで、久しぶりにバトンを製作してみようかと思います。

やってみたい方ご自由に持って行ってください(笑)

題して・・・

『こんな時バトン』

1.嬉しい時のアナタは?

・・・とりあえず、これでもかってくらいニヤけ顔になりますね。

甘い物を食べた時とかまさに。。。

2.怒った時のアナタは?

基本、あんまり怒らない。・・・つもりなんですけどね。

あ、最近一番怒ったのは、習字教室で騒ぎまくる少年に手をきおつけの姿勢にさせて怒りましたね。。。

これは駄目だろぉ・・・と思ったら動きますね。多分。

3.悲しい時のアナタは?

とりあえず、視線がどっか逝きますね。

一人黙り込んで。

寝たりする時もあるかな。。。

4.楽しい時のアナタは?

無駄によく喋り、無駄によく動きます。

はっきり言って、一歩間違えたらウザいと思いますww

5.困った時のアナタは?

いつもだいたい決まった相手に「どうしよぉ↓」って言って、さらにその相手を困らせます。

6.暇な時のアナタは?

じっとしてただひたすら何かを考えるか(周りからはボーっとしてるようにしか見えない↓)、何かを書く(描く)か、ギターいじってるかしてますね。

今は、ギターをいじったり、何か書いてることが多いです。

あ、自分の食べれるおやつを母親と作ったりとか。。。

7.他人に一番見られたくない時のアナタは?

家に一人でボーっとしてる時の姿は見せられませんね↓

だって・・・

アレ、完全ニートですもん。

。。。

お気に召した方ご自由にどうぞぉ♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

『間食』にて。

さて・・・

お菓子が禁止されてから一週間ほど経ちました。

正直・・・しんどいです。

世の中には、思った以上に誘惑が多いもので↓

家でも、兄がポテチなどを口に運ぶのを見ては、柱に頭を打ち付けんばかりに我慢しています。

そんな僕を見かねて、母が優しい一言。。。

母「何かおやつ食べる?」

僕「・・・お菓子とか駄目って言ったじゃん↓」

母「うん、だから・・・

おにぎりとか。」

今は戦時中ですか?

気持ちはありがたいけど、僕が食べたいのはお米じゃないんだ↓

確かにお米は美味しいよ?

お兄ちゃんだっておやつにカレーライスとか食べてるけど。。。

僕が食べたいのは違うんだよぉ↓

僕「いいよ↓・・・習字行ってくる。。。」

そして、僕は習い事へ。

実は、僕が通っている習字教室では、終わると先生が飴をくれたり、自分達でお菓子を持って来たりしてる時がある。

何故かと言うと・・・

僕が率先してお菓子を持ち込んでいたから。

それをきっかけに、誰かしら何かお菓子を持ってくるようになった。

あげくの果てに、子供から聞いたのか、いつもご馳走になっているからと、子供にお菓子を持たせる親御さんまで。。。

ははは、先生ゴメンなさい(笑)

でも、先生も許してくれてるからまぁいっかww

・・・でも、今回僕は食べれない↓

先週の教室で皆に理由を話したら、慰められつつ目の前でお菓子を食べられた↓

今日もかな・・・

と、そお思ってた時。。。

友人S「智斗さんがお菓子食べれないって言ってたから今日は特別に智斗さん専用のお菓子買って来たんだぁ♪」

僕「え?!本当?!」

友人T「おぉ!S偉い

友人M「ちぃちゃん良かったね

先生「S君、何買って来たの?」

友人S「えぇっとねぇ・・・これなら絶対食べれるでしょう♪」

僕「何なに??」

友人S「じゃん!!

カニマヨネーズおにぎりぃ~♪

うわぁ・・・ガッツリだね(ノ∀`*)ノ゛~♪

.....orz

ゆっくりと、味を噛み締めておにぎりをいただきました。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

『献立』にて。

実家に帰って来てから、料理のレパートリーを増やすために、晩御飯を母親と一緒に作るようにしています。

今日のメニューは『肉じゃが』

今日の最初の僕のお手伝い内容は野菜の皮を剥いて切ること。

ジャガイモ、人参、玉葱と、一つずつ切っていきました。

玉葱を切ろうとした時。。。

母「肉じゃがの時の玉葱はどう切るかわかる?」

僕「う~ん・・・わからない↓」

母「カレーの時はどうしてた?」

僕「・・・こう??」

母「そうそう切ったら玉葱から鍋で炒めてね♪」

僕「は~い♪」

そこへ仕事から帰って来た兄が台所へ・・・

兄「何してんの?珍しい。。。」

僕「肉じゃが作ってんの!」

兄「肉じゃがかぁ。。。カレー作ってんのかと思った。。。」

母「はい!十分炒めたら、お肉入れて、ジャガイモと人参も入れてね♪」

僕「はいは~い♪」

母「炒めたら・・・水を入れて。。。」

僕「うんうん。」

母「灰汁を取って。また煮て。。。」

僕「ほぉ。。。」

母「十分似たら・・・ルーを入れて♪」

僕「うんうん

母「ルーが溶けたらカレーの出来上がり

僕「できたぁww」

兄「あれ?今日って肉じゃがだったんじゃねぇの?」

僕・母「あ。。。

.....orz

・・・一体、僕らは何処で何を間違えてしまったんでしょう。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

『不安』にて。

今日は、映画を観てきました。

一人で行きましたが何か?

観てきた映画は「どろろ」

原作はあの手塚 治虫さん

僕は手塚 治虫さんの作品と言えばブラック・ジャックぐらいしか知らなかったんですが。。。

映画の予告と、ミスチルの主題歌に惚れて観たくなって行って来ました。

一人で行ったのには理由があって・・・

一つは・・・

仲の良い友達がまだ地元に帰って来ていなかったから。。。

もう一つは・・・

僕の苦手な映画を家で家族が観ていたから。

その映画とは「日本沈没」

この映画、もっと前にも旧作があったんですが、最近また新しく映画化したんですけど・・・

どちらも怖くて観れないんです↓

小さい時から、僕は異常なほど心配性の不安症で、ちょっとしたことから勝手に自分の中で妄想・・・想像を膨らませて怯える子だったんです↓

そんな日は、

怖くて夜眠れないくらい。

はっきり言って、ほっとけばかなりのところまで膨らまします。

日本が沈没する。。。

小さい頃の僕にとってはとんでもない恐怖。

まぁ、今となっては日本なくなれば結局皆死ぬんだと思って開き直ってる部分もありますが・・・

やっぱり考えると怖いです↓

しかも、今こうしている間にも地球の環境は悪化していっている。

決して、ありえない話ではない。

あぁ・・・やばい。。。

考えただけで今日寝れないかも。

もし、火山が噴火したら・・・火山岩とか避けれるかな↓

もし、大きな津波が来たら・・・友人Mが流されちゃうかな↓

もし、大きな地震が来たら・・・机の下に入るだけじゃ駄目だよね??

もし、本当に日本が沈没したら・・・

死んじゃいますよね。

あぁ、怖い↓

あ、で!今日観てきた「どろろ」はどうだったかと言うと・・・

妻夫木さん(主人公)が格好良かったです!!

以上。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年2月 9日 (金)

『言葉』にて。

最近、僕の家の周りでよく猫が喧嘩してる。

この前なんか、

家の玄関先で喧嘩してたとか。

僕の母親がずっと見ていたらしい。

下手に手も出せないしね。

僕はその時まだ帰って来ていなかったから詳しくは知らないし、どんな猫かもわからない。

ただ、母親の話によれば、その時片方の猫がケガを負ったらしい↓

しかも、結構ひどい傷だったとか↓

どうやら胸元を抉られていたらしい↓↓

僕の家族は皆動物好き。

まぁ、畑を守っている祖母曰く、畑にいない猫は可愛いらしいが。。。

今回のことで、母はやたらとその猫のことを気にしている。

喧嘩をしていた時はすぐに逃げられてしまったようだが、それからその猫は、母親の前に現れてはじっと逃げずに母を見つめているとか・・・。

捕まえて手当てすれば?と言っても、野良猫なため、下手なことが出来ないらしい。。。

今日の昼間、僕がお使いから帰って来た時、家の車の前に一匹の猫がいた。

僕が「あ!猫!!」って言ったら逃げられた↓

もっと違うこと言えば良かったのかな.....orz

いゃいゃ、そんなことはどうだっていい↓

もしかして母が話していた猫だろうかと思い、母へ訊ねた。

僕「今、車の前に猫が一匹いたよ?」

すると、母はものすごい勢いで・・・

母「え!?その猫に毛はあった!?

僕「ぁ、ありましたよ・・・毛ぐらい。」

母「そうじゃなくてケガはあったかって聞いてんの!!」

僕「・・・。あぁ、多分なかったかなぁ。一瞬で逃げられたけど。。。」

母「そぅ。。。」

僕「・・・。」

そんな母を見ると、僕もその猫が心配になってくる。

今日見た猫はどうやら違うらしいけど。

その猫は、ちゃんと元気でいるんだろうか。

どこかで苦しんでいたらどうしよう・・・と。

傷付いた猫さん。。。どうか元気でいてください。

もう一人の、ねこさんも。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

『実験』にて。

今日は、せっかく実家に帰って来ているので、料理のレパートリーを増やすために母親の料理の手伝いをしました。

今日のおかずは『おでん』『茸と筍の煮物』

今度、一人で作れたら上出来でしょう

さて、台所と言えば欠かせない物がいくつも浮かぶと思うんですが・・・

その中でも今日はちょっと炊飯器について書きたいと思います。

前回、僕は炊飯器でケーキを作りましたが。。。

実は、昔実家の炊飯器で色々なことをしていたんですよ。

こっそりと。

僕の実家では、当時夜寝る前にタイマーでご飯を炊く方法をとっていました。

夜の台所。

誰もいない台所。

お風呂上り、僕は一人台所に入り、ある実験を決行した。

それは・・・

『炊飯器に、どれくらい調味料を入れれば人が気が付くのか。』

それは、炊く前に日に日に違う量の調味料を入れて、家族が食べる様子を伺うという・・・

かなりタチの悪い悪戯。

当時、僕は中学生。

本当に馬鹿だ。

作戦を決行する前日の昼間、僕は家のお米の種類が変わったことを母に指摘したところ、見事正解。

気が付いたのは僕だけだったという話を聞き、作戦決行の衝動に駆られた。

1週目

最初の一週間は砂糖を混入。

醤油も考えたが、色が付くので消去。

入れ始めた最初の方は全く誰も気が付かず。

ご飯には多少の甘味があるためか、なかなか気が付かれなった↓

しかし、週の最後、土曜日あたりに、皆でご飯を食べた時・・・

母親の眉毛がついに動いた!!

キタ!!

その日の砂糖の分量を記録。

2週目

2週目はを混入。

塩はさすがに早く気が付かれると思った。

でも、入れて2.3日は誰も気が付かなかった。。。

しかし4日目の木曜日・・・

母が動いた!!

母「智斗、今日のご飯変じゃなかった?」

僕「そうかなぁ?普通じゃない?」

母「そぅ?何か心当たりない?」

僕「特には。気のせいじゃない?」

母「ふ~ん、アナタがお風呂から上がった後に、タイマーをセットした時には落ちてなかった塩が、炊飯器の周りに落ちてたんだけど?」

僕「本当にタイマーの時なかったの?」

母「だって、タイマーセットした後炊飯器の周り綺麗に拭いといたからね。」

ゲームオーバー

ついに気が付かれてしまいました↓

こんな馬鹿なことをする奴なんて、我が家では僕しかいませんからね。

迂闊でした。

この後、僕がどうなったかは・・・

皆さんのご想像にお任せします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

『誘惑』にて。

しばらくぶりに実家の敷居を跨いで3日が過ぎた。

実家での生活は本当に幸せ。

家族が近くにいるし、ご飯も美味しいから。

ただ一つのことを除けば、本当に幸せ。

そう・・・僕は

甘い食べ物を一切禁止された。

前回のプリン禁止令とはわけが違う。

お菓子とみなされる物は全て禁止。

。。。あれは三日前のことだった。

家に帰って来た僕に母が言い放った衝撃の一言。

母「これから甘い物は我慢しなさい。

お母様、僕に一体どうなれと?

甘い物食べないと僕、半狂乱になりますよ?

いゃ、理由は自分でもわかっている。

実家に帰って来た時の僕は、お世辞でも綺麗とは言えないくらい肌が荒れていた。

前に病院で診察を受けた際、医者に糖分は痒みの原因になると宣告された。

テストなどで生活リズムが狂っていたせいもあるだろう。

痒みが出れば体をかく。かけば体は荒れてくる。

いくら大好きな物でも、我が子の哀れな姿を目の前に、母親は黙っていなかった。

しかし、時は如月。

如月と言えば2月。

2月と言えば・・・

バレンタインデー

行く店全てがバレンタイン一色。

何処に行ってもチョコの山。

耐え切れず野菜売り場へ非難をしても、チョコの香りがふわふわと漂ってくる。

恐るべしカカオパワー....orz

こんな中で甘い物を我慢だなんて・・・

過酷過ぎる!!

こんなのある意味拷問だ↓

・・・でも、自分の体を治すと考えれば仕方がないこと↓

我慢するしかない↓

しょんぼりした気持ちを隠しながらスーパーの中をウロウロ。。。

今日は12年ぶりに買い物で母親とはぐれた。

僕がずっと一箇所に留まっていたせいかもしれない。

此処に、19歳の迷子現る。

まぁ、気にせずウロウロ。母親を探しながら迷子気分を堪能。

その時・・・

店員さん「手作り用チョコの試食しませんかぁ?バレンタインチョコにぜひぃ~♪」

うわぁ~ん(´Дq)゜。おウチ帰りたいよぉ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

『本屋』にて。

今日は、あるCDを探して本屋さん行って来ました。

今は本屋さんとCDショップがくっ付いているところが多くて助かります。

目的の物を手に入れても、ついつい本の立ち読みとかで用がなくても長いしてしまう。

まぁ、よっぽど懐が賑わってなければ買いませんけど。

今日もそんな感じで本屋を梯子して来ました。

。。。

1軒目

お目当てのCD置いておらず。

もうお話になりんませんね。

ここは本もあまり置いていないので、すぐに出ました。

2軒目

う~ん・・・

あったはあったけど、レンタルではない。

これは買うしかない流れなのか?

CDなんてここしばらく買っていない。

でも、レンタルがないなら仕方ない↓

・・・なんでそんなに必要かというと、実は新しくギターで練習したい曲のCDなのだ。

聴かなきゃ練習できない。

でも、お金がぁ~

最近懐賑わってないんだよぉ↓↓

でもぉ・・・

そんなこんなで商品抱えたまま無駄に店内をウロウロしていると・・・

男子高校生A「加藤?加藤じゃん??」

はてさて。僕は加藤なんて名前じゃないですよ??

男子高校生B「馬鹿!全然似てねぇだろ?!」

男子高校生かぁ。。。

懐かしいなぁ。

でも、今の僕は大学生です。

人違いされ、僕までちょっと気まずくなり、早く店を出たくって、思い切ってCD買ってきちゃいました。

3軒目

一応目的は達しましたけど、何となくもう一軒行こうと思って別のお店へ。

今度は最初から店内をフラフラ。

すると・・・

奥様「あれ?リョウ君のお母さん??

僕は大学生です。

奥様「あ、すいません!人違いでした!!」

今日は眼鏡着用だったんですが・・・

加藤という人物が老けてるのか、リョウ君のお母さんとやらが若いのか、知りたいようで知りたくない事実です↓

そんなこんなで時間はお昼過ぎ。

出かけた母親が家に戻ったというメールを確認。

お腹が空いたので家に帰ることに。。。

・・・。

何度も言いますが、

僕は大学生です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

『都合』にて。

僕は、これから実家に帰る。

本当は、来週末に帰る予定だった。

しかし、最近父親の体の具合があまりよろしくないらしい。。。

そのため少し早まった。

帰る日が今日になったのは他にも理由がある。

一週間くらい前だろうか・・・

どうやら、母親曰く、来週末より今週末の方が天気が良い。とのこと。

最近降るようにもなってきたので、僕もできれば晴れた日に帰りたい。

昨日降った雪も溶けたしね。

だから今日帰るようにした。

なのに・・・

朝からめっさ雪が降っていた。

実家の母親からもメールが来た。

「こっちは凄い雪です。」

母は、何処から今日天気が良いという情報を入手していたんだろう。。。

とりあえず、これから帰ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

『不変』にて。

今日は、朝から外真っ白。

そうなんです。

ついに僕の一人暮らし先でもが積もりました。

しっかり足跡付くくらい。

今日は学科の幹事が集まって、今後の科の活動について話し合うはずだったんですが・・・

参加した幹事は7人。

19人いたはずなのに!!19人いたはずなのに!!...orz

しかも、2グループ、両幹事長どちらも欠席という事態。

まぁ、天気の関係もあったのかもしれませんけど。

突然の積雪でしたから。

一応、話はまとまって、あとは科の人に連絡を回すだけとなりました。

なんとか一段落。

人数も少なかったせいか、話し合いは1時間程度で終了。

早々に帰ることができました。

外は雪なんでね、ちょうど良かったですよ。

早く帰ってお昼食べよう♪・・・と、思っていた時・・・

僕の足元に雪の塊が!!

友人N「あ!おしいっ!!」

僕「な!?やったなぁ!?」

はい!始まりました雪合戦。

僕も思わず投げ返しちゃいました(笑)

そしたら、今度は別の子が僕の背中に雪玉を!!

僕「あぁ~↓やったなぁ・・・」

友人M「あぅっ!!」

僕「あ。。。」

軽く放ったつもりが、僕の投げた雪玉が、今度は見事

彼女の脳天直撃。

軽く握った雪玉で本当に良かった↓↓

さすがに雪玉でも女の子の頭はマズいですからね↓

その後、僕は背中に雪玉を数個受けました。。。

。。。

それにしても、本当にって不思議。

空から降って来る物なのに、とは全然違う。

降るだけで、人の気持ちを楽しくさせたりする。

たとえ何歳になっても、雪が降ると雪に触れてみたいと考える。

そして遊んでみたいと思う。

って不思議。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »