« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

『失態』にて。

やってしまった・・・僕としたことが・・・

ヨーグルトを買い忘れた!!

ここしばらく悪天候が続き、買い物に行くことが出来なかったんですが、今日やっと晴れて自転車で買い物に行けたんです・・・

なのに、一番大事な物を買い忘れてしまった↓

僕にとってどれくらいヨーグルトが大事な物かというと、僕の家の中にある物で、友人がいじるにあたって・・・

唯一僕の許可が必要なぐらいです。

まぁ、なんでかって、僕の朝食的な物なんですよね。毎朝欠かさず食べるもんでして。

何を考えていたのか、すっかり忘れてきてしまいました↓

一応、明日の朝の分がラストとして残っているんですが・・・

明日こそ忘れるわけにはいきませんね。。。

こればっかりは雨だろうが関係ありません。

。。。

忘れると言えば・・・ 

僕がよく忘れるモノがあるんです。

それは、人とのコミュニケーションの一つである、会話にとても必要なモノ。

 主語。

僕は、いつも(?)何を考えているのか、主語の前に動詞など発してしまったりするんですよ。

言語能力が低いというのか、何と言うか・・・↓

う~ん・・・わかりにくいですよね↓

上手く説明するために、ここ最近で友人にお叱りをいただいた僕の送信メールをご紹介。

例1 「何の話?」

例2 「録画した?」

例3 「切れた!!」

・・・全て、僕から友人へ何の前触れもなく送った一通目のメールです...orz

全てにおいて、え!?何が!?って言いたくなりますよね?

今日も色々と友人らからネタにされましてね↓

本当に、皆にこれ以上迷惑をかけないためにも気をつけなくてはならないんですよ↓

今後、頑張って治していきます。

本当、こんな意味不明なことばかり口走っている僕と一緒にいてくれる友人皆に、感謝・感謝です。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

『贅沢』にて。

3日も間が空いちゃったなぁ。。。

特別何かあったわけでもなく、ただたんに普通の日常だったんですよね。

なんか、前に実家で生活していた時にもこんな風にネタがなくてウダウダしていたことがあった気がする。

でも、結局そんな毎日が幸せなんだろうって答えに行き着くんですけどね。

今、僕は珍しテレビを見ながらこれを書いているわけなんですが、どうやらN県辺りで女性の遺体が見つかったとか・・・。

その女性がどんな人生だったかはわかりません。

でも、そんな風に当たり前の日常が突然終わってしまう可能性だってあるわけで。。。

毎日、何か起きないかなぁ・・・と考えるのは贅沢ってものなのではないか?なんて考えたりします。

そりゃね、本当に僕の祖父母みたいに毎日本当に同じことの繰り返しではないですよ?

毎日同じ友達に会えるとは限らないし、同じ場所でお昼を食べれないことだってある。。。

ただ、その変化が些細過ぎて、それが楽しさの一つだと思わなくなってきてるんですよね。

まぁ、究極の意見を言ってしまえは生きてることだけで幸せっても言えるんでしょうけど。

・・・人間は生きてることが贅沢なのか?

さすがにこれは言いすぎかな(苦笑)

う~ん・・・贅沢ねぇ。。。

いざ君の贅沢って何?と聞かれると難しいですよね。

僕は、自分の欲しい物を買ったり、自分の好きなことをしたり、裂けるチーズを裂かずに食べることとか、贅沢なんだろうなぁ・・・と思いますけど。

もちろん、今こうして一人暮らしして大学に通っていることも。。。

・・・皆さんの贅沢って、なんですか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

『演劇』にて。

さてさて、今日はちょっと夜にお出掛け。。。

ひょんなことから演劇の舞台を観に行くことに。

なんだよ、ちょっとお洒落じゃん?・・・なんて思った方、残念。

これは授業の一環なのであります。

しかも英語の。

あぁ!もしかして英語劇?・・・なんて思った方、残念。

普通の日本風の演劇であります。

しかも・・・

あえてシェイクスピアの作品を日本風にアレンジした物。

もはや、この時点で何で英語の授業の一環として観に行かねばならなかったのか分からないですよね?

答えは簡単。

その劇団の主催者が僕らの英語の先生なんですよね。

つまり・・・

先生の利益のために行ったわけなんですよ。

ほぉら、簡単でしょ?

しかも、来週までに舞台を観た感想をレポートにして提出しなくてはならないんですよね。。。

な、なぜだ....orz

でも、まったくこの行為が無駄なわけではないんですよ。

実は、今度その英語の授業で、ある一つの洋画を僕らで再現・・・つまり英語劇としてやらなくてはいけないんです。

つまり、演技・演出の参考にでもしろということなんでしょうね。

それに、そのためこの前の英語の授業なんて、体育館貸し切って、かなりアクティブな授業しましたからね。

なんでも、人前で何かを演じる恥ずかしさに耐える練習だとか。。。

英語の授業で汗かくってどゆこと!?

う~ん・・・でもこれがまた難しい↓

人前でどれだけ変な動き出来るかとか・・・

何かになりきってみたりとか。。。

例えば、殺し屋、殺される役、殺し屋を捕まえる人・・・etc

しかも、その殺しの手段がウィンクときたもんだ。

凄いですよ?迂闊に殺人犯と知らず目を合わせたが最後。ウィンク一発であの世逝きですから。。。

ちなみに僕は殺されてしまいました。

その時、その場に倒れこまなきゃならないんですが、始まる前に・・・

友人H「智斗・・・派手な演技期待してるから。」

おい、ボソッと指令出すなよ...orz

調子に乗るだろ!?

・・・違うって?(笑)まぁ、結局無難な倒れ方しか出来ませんでしたけど↓ヘタレなんで↓

でも、なんで英語の授業でこんなことしなくちゃならないんだ??

・・・答えは簡単。もちろん

単位のためです。

さぁて、レポート頑張るぞぉ~。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

『吉報』にて。

今日は・・・

普通の一日でした。。。

そりゃ、本当に何もなかったの?って聞かれたら嘘になりますけど。

そうですね、今日の僕にとっての大事件と言えば・・・

授業開始15分前に起床したことでしょうか?

間に合ったかって?

間に合うわけないじゃないですか↓↓

この時、真剣に学校が山の上にあることに対して疑問持ちましたね↓

これと同じことを中学の頃も考えた気がします...orz

。。。

さてさて、こんな駄目な大学生ですが・・・

こんな僕にも後輩という存在がいるわけなんですよ。

僕は、小さい頃から習字を習っていました。(これ書くの何度目だ?・・・汗)

そこには、年上のお兄ちゃんもいれば、年下の子も何人かいました。

もちろん同い年も。

その中の何人かは、中学、または高校入学と同時に教室を辞めていってしまうのですが、中には辞めないで続ける子もいるんですよね。。。

そして、最後まで残った仲間は、小さい頃から一緒だったため、もはや兄弟のような関係になったんですよ。うんうん。

僕は・・・上から4番目ってところでしょうか。

そして、下には6人ほどいるわけなんですが・・・

今年大学受験の子達が全員無事に合格が決まったとのこと。

いやぁ・・・本当に良かった(ホロリ↓

でもまぁ、今でもそうなんですが、これで本当に皆バラバラになってしまいますね。。。

僕らの時は、地元に残る人もいれば、静岡や宮城、東京の大学へ・・・

今度は、埼玉、名古屋、宮城だそうで。。。

うわぁ・・・バラバラやぁ↓↓

今度集まる時しんどそうだぁ....orz

でも、毎年ですが、皆当たり前のように集まるんですよね。

中には一人っ子の人もいるし、本当の兄弟ごと仲間に含まれてる人もいるし・・・

本当の兄弟みたいに仲良いんです♪

でも、不思議なことに、

お互いの日常生活は全く知らないという事実もあったり。

お互い、自分の目で見てる部分だけがその人であり、他の部分は知らなくても気にならない。

だから、その人が悩んだり、困ったりした時、本人の口から打ち明けられなければ知ることはない。

異変に気が付いても、本人が打ち明けなければ聞こうとはしない。

あくまでいつも通りの振る舞いしかしないのだ。

そんなの友達として良いのか?と、第三者から聞かれたことがあったけど、本人が助けを求めていないのだから、それで良い。

見せたくない部分がお互いあっても良いじゃないか・・・と。

だから、皆、お互い自分で見たその人だけを信じているのだ。

第一、もう友達とかいう認識とも、違っているから・・・

今のところ・・・

10人兄弟(妹)ぐらいでしょうか(笑)

とりあえず、今年は全員決まったということで、一安心です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年11月24日 (金)

『隙間』にて。

今日は、この前何故か緩めた時に弦が切れてしまったので、再び弦を買うため楽器屋へ。

そのため、帰りは駅の方へ行く友達と一緒に帰ることに。

お互い、地下鉄の駅までは自転車なんですが・・・

寒いこと、寒いこと。

もうね、寒すぎて痛いぐらい。

しかも、僕らの大学は山の上に位置しているため、自転車で急斜面な坂を下り降りなければならない。

その時、体もそうだが、手が半端なく冷たいことに気が付いた。

僕「あぁ~、やっぱり今日手袋も買って来ようかなぁ。。。」

友人M「手袋はやっぱり革のが良いよね。」

僕「あぁ、良いのだと凄く良いもんね。でも、僕は別に普通ので良いよ。お金もないし。」

友人M「え!?だって毛糸とかって、風通すから意味ないじゃん!!」

僕「二重のとか買えば結構平気だって。」

友人M「え!?毛糸だと走ったら風すんごい冷たいの入ってくんじゃん!!」

僕「そんな、結構大丈夫だって(汗・・・」

友人M「だって・・・

200キロで走ると隙間から風入って来るんだよ!?

僕「自転車で200キロもスピードでねぇよ!!

そうなんですよ。友達は、自転車だけでなくバイクとかにも乗る子なんでね、もともと使用用途の次元がかみ合ってなかったんです↓

普通の自転車のスピードなんて20キロそこそこ。0が一個多いっすよ....orz

まぁ、僕はバイクとか乗らないんでね。普通の無難な手袋を買って来ました。

炬燵に蜜柑。コートに手袋・・・もうすっかり冬支度ですね。。。

。。。

・・・冬か、いつかのあの日は、雪がもう舞い始めた頃だったなぁ。。。

。。。

            『隣人』

   吐く息も白く、木の葉もすっかり色付いて。

   役目を終た木の葉が宙を舞い、

   ゆっくりゆっくり落ちてゆく。

   窓の外は寒い風が吹いている。

   暖かな部屋の僕の隣には、

   無邪気に眠る友の姿。

   ・・・君と出逢って、最初の冬を迎えるね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

『果実』にて。

今日は、昼から一人暮らし仲間の友達が家に来ました。

用件は、ギターの練習。

家にはそれぞれ事情があるみたいなんですよね。。。

音が出せたり、出せなかったりとか。

そこで、家に来るついでに、僕が前々から欲しいと思っていた物を買いに行くのに付き合ってもらうことに。

それは・・・

蜜柑。

僕の家の近所に小さな?八百屋みたいな所がありまして、そこに行くことに。。。

いゃぁ~・・・予想通りいましたよ。

威勢の良いおじさん。

本当にノリが良いというのか、なんというか・・・

とにかく目的の蜜柑を買うにあたってどれが良いか聞くことに。

色んな県産の、色んな大きさの蜜柑があったんですが、僕らが買ったのは中でも小玉の物。

蜜柑は、大玉より小玉の方が高価らしいんですが、僕らが買ったのは、小玉のわりに安く、量が多い物。

さてさて、まだ食べてはないですが、美味しいと良いなぁ。。。

。。。

果物かぁ・・・

一人暮らし始めて、缶詰とかでしか食べてなかったんですよねぇ。

前に、友達にバナナを進められて買って来たことがあったんですよ。

でも

友達に食われました。

自分で食べる前に...orz

今度は、ちゃんと自分で食べれますように。

。。。

ちなみに、今回一緒に蜜柑を買いに行った友達は「怠け者の押入れ」の綺乃さんなわけで。

もちろん蜜柑は割り勘の山分けなわけで・・・

えぇ!?綺乃、そんなに蜜柑持ってくの!?

え!?全部!?

・・・あぁ嘘かぁ、はははぁ、よかったぁ。。。orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

『身包』にて。

今日も、友達と一緒に中心地の駅へ。

今回は、付いて行ったのではなく、しっかりと事前に約束した上で一緒に行きました。

目的は、僕のコートを買うため。

いゃぁ、恥ずかしい話、ここ最近肌寒い気候にも関わらず

ずっと薄着だったんですよ。

友達に、何度怒られたことか↓

でも、そんな日々からもおさらばするために、冬物のコートを買いに行きました。

コートって、一体どのくらいの値段なんだろう。。。

買うならちゃんとした物が欲しい。

でも、使えるお金には限界がある。友達、親から色々と話を聞いた上で、叩き出した予算は・・・

1万円。

1万あれば一着ぐらいちゃんとしたの買えるだろう!!

結果・・・

2着購入。

いゃいゃ、ちゃんと予算内で買いましたよ?ただ、片方は、古着屋で安く買ったんですよ。

その日その日の服装に合わせられるように。

今回、古着屋という場所で初めて服を買いました。友達に連れて行ってもらったんですがね。

古着って、駄目な人は本当に受け付けない人もいれば、大好き!!って人がいるぐらい極端な服ですよね。

僕は特にそこらへんは気にしませんでしたけど。

それにしても、本当に色んな服が売っていました。

絶対にありえない!いつ着るんだ!?

って感じの服もあれば、意外な掘り出し物があったり。。。

今回、友達が良い物を見つけてくれて、良い感じで2着買うことが出来ました。

あ、片方は古着ではないですよ?

これで、冬の寒さも安心・・・です♪

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年11月21日 (火)

『不覚』にて。

今日は、学校が終わった後、友達と一緒に中心地の駅へ行きました。

正確には、僕が友人にくっついて行ったというべきでしょうか(笑)

移動手段は地下鉄。

学校が終わる時間と言うことで、割と人が多めな時間帯ではあったんですが、僕らは座ることができました。

その時、ちょっと真面目な話になったんです。。。

まぁ、今日最後に受けた授業が「宇宙の科学」と言って、好きな人にはたまらない分野の授業でして・・・

この授業の後は何故かいつも哲学的な話に走ってしまうんですよね。。。

今回は「人は、死ぬから生きるのか?生きてるから死ぬのか?また”死ぬ”って何?どうしたら”生きてる”って言えるの?」という話でした。

何でこんな話になったかって?

理由は、昼間に皆で財布のカードを整理していたんですよ。(皆ですることではないですってね・・・笑)

その時、出てきたんですよ。

臓器提供意思表示カード。

僕も昔持ってました。今は持ってないんですけど ^^;

それを思い出して、「脳死」って、本当に”死んだ”って言えるのか?って疑問から発展したんですよね。

真剣に考えましたよ。無い頭振り絞って。。。

まぁ、シドロモドロな状態は逃れられませんでしたけど...orz

でも、友人はそんなイッパイイッパイな僕の話も真面目にちゃんと聞いてくれてました。

そして、今度は友人が話をするので僕が聞き手に回ることに。

でも!!

事件は起きた...orz

僕らが座っていた座席の向かい側に座っていたカップルが・・・

何かをし始めた!!・・・何と言うか、イチャ付き行為なんですが・・・その、あまりにも凄いことしてました↓↓服の中に手入れたりとかね...orz

他の乗客の方々は特に微動だにしていない様子。話をしている友人も見えてるはずなのに特に気にしていない。

・・・え?なんで?こんなにテンパってるの僕だけ?!

なんだか気にしている僕の方がおかしいようにまで思えてきてしまいました↓

でも、どうしても僕はその二人の過激な行為が気になってしまい、気が散って、上手く友人の話を集中して聞くことが出来ませんでした...orz

一応、ちゃんと最後まで聞いて理解したつもりではあるんですが・・・

途中聞き逃したりしてしまって...orz

本当に申し訳なかったです↓

後から聞けば、そのカップルは毎回地下鉄に出没しているらしく、毎日地下鉄を利用している友人はその光景に慣れていたようでした。

僕は普段地下鉄を利用していないため、あまりの過激な行為に耐えられず、不覚にも赤面しっぱなしの、気の散りっぱなしでした。。。

本当に、心の底から

家でやれよ!!

って叫びたかったです。まぁ、そんな勇気、僕にはないですけど↓チキンなんで↓

いやぁ、でも、全国のラブラブカップルの皆さん・・・

公衆の面前では我慢してください....orz

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年11月20日 (月)

『性別』にて。

皆さんは、今の性別に満足していますか?

。。。

今日、僕の学科の必修科目である「人間科学基礎演習という授業で、性同一性障害(体の性別と脳の性別が一致していない障害)について話し合いました。

自分の性別は、自分で選べるわけではありません。

生まれた時から決まっていて、それにただ従って生きるしかない。。。

当たり前のこと過ぎて、それに違和感を感じることなんて稀なことでしょう。

。。。

「人間科学基礎演習」という授業は、自分の好きなコースを選び、少人数のグループで進める授業です。(・・・ゼミ?みたいなものかな?)

今日の僕のグループでは、たまたま「性同一障害」についてでしたが、他の日は、また別の課題で授業を進めます。来週は、・・・なんだったかな。。。(苦笑)

性別には、生物的性差の「セックス」と、社会的性差の「ジェンダー」があります。

現代では、「ジェンダーフリー」などといって、様々な場面で男女差別をなくす動きも見られていたり、いなかったり・・・↓

完璧に、男女関係無くって、ことは難しいんでしょうかね?

仕事に関してだって、やはり男性の方が優位なことが多いですし。

そりゃ、女性が就いている方が多い職種だってありますけど。

例えば、今は客室乗務員と呼ばれるスチュワーデス、今は看護士とくくられた看護婦などは、今でも女性のイメージが強いのではないでしょうか?

まぁ、本当に完璧男女関係無しな社会になったら、またそこから新たに(?)問題も生まれそうですけどね・・・(この話はまた別の機会に。。。)

。。。

先生「Wさん、警察官を英語でなんて言う?」

友人W「policeman...?」

先生「今の英語の教科書ではpolice officerってなってるんだよ。」

ほぉ・・・僕らの時はどうだったかなぁ?

先生「まぁ、やっぱり男のイメージが強いよなぁ。」

・・・僕、ちょっと警察官に憧れてるのに...orz

先生「やっぱり、そういう強いイメージとかってのはあるよな。ケガした時とか、おっさんとか男にに看護してもらうより・・・」

ふ、どうせ可愛い女性の看護士さんに」とか言うんだろ?ベタな例えだなぁ。。。

先生「おばさんに看護してもらいたいもんなぁ。。。」

あぁ・・・もぅそこに若さは求めはしないのか(苦笑)

僕のグループは、担当が男性の教授なんですがね・・・

よくしゃべるんですよ。

先生曰く、もっと皆でワイワイ話したいらしんですが・・・

授業の9割を先生がしゃべってますからね。

毎回、授業の司会とか決めるんですが・・・

ほとんど先生がしゃべりますからね。

まぁ、なかなか皆も意見しなかったり、どうしていいのか分からなくてしゃべらないのも不味いのかもしれませんけど。

ちなみに今回、僕は思い切って授業で意見して・・・

すごく綺麗にスベりましたけどね。

はははぁ~、恥ずかしぃ~・・・できるなら教室飛び出して家帰りたかったわぁ...orz

下手なことはするもんじゃないな。うん。

やばい、話題が脱線した...orz

。。。

皆さんは、生まれ変わる時、男と女どっち生まれたいですか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

『初冬』にて。

いやはや3日ぶり。

なんだかんだで友達と一緒にいたりして日記の更新する時間がなくなってました。

眠気には勝てませんからね。

。。。

眠気と言えば、先日我が家にやっと炬燵を設置することが出来ました。

う~ん、実に温い。

前回、押し入れの奥にしまってしまったため、ちょっと出すのが面倒だったんですが、力持ちな友達が来た時に手伝ってもらって出すことが出来ました。

感謝、感謝。

炬燵も出したし、そのうち蜜柑でも買って来ようかな?

あぁ、これでがいたら完璧なのに♪(笑)

気付けばもう11月。僕が此処に来て約半年。

たった半年で、一緒にご飯を食べれる友達が出来た。

たった半年で、突然遊びに来てくれる友達が出来た。

たった半年で、家のことを手伝ってくれる友達が出来た。

早いね。

もう、半年もたったよ。

色んな楽しい思い出ができる引き換えに、そのために必要な時間は刻々と削られていってしまう。

当たり前のことだけど、この時間が尽きた時、一体どんな気持ちになるんだろう。

そのまま、また新しい時間の流れに乗れるかな?また、戻りたいと思うかな?

それはきっと・・・

自分次第。

。。。

今日は、学校が午前中で終わり、早く家に帰ろうと思った。

すっかり、外の広場も冬の空気でいっぱいだった。

空気の色が、季節によって別の色に見えるのは、僕だけだろうか。。。

白い息を吐きながら、一人で坂を下ってた。

何となく、足を止めた。

その時、目の前に白い小さなモノが舞い落ちた。

・・・雪?

思わず手を出したけどすくえなかった。

周りを見ても、何も降ってない。

気のせいだったのだろうか。

大きな白いため息をついた。

・・・もう、冬なんだね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

『希望』にて。

今日は、学校の授業で体育がありました。

相変わらず体力の無い体にムチ打って頑張ってます。

今日、どうやらその体育のメンバーの一人が誕生日だったらしく、皆で誕生日ネタで盛り上がっていました。

誕生日ということを知ったのは今日だったので、僕は何も用意しておらず...orz

とりあえず次の体育の授業でお菓子の詰め合わせを渡す約束を。

僕「お菓子何好き?」

友人K「えぇっと・・・焼肉

お菓子って言ってんだろ!?

僕「う~ん・・・ちょっと厳しいな↓...orz」

友人K「ごめん、ごめん(笑)じゃぁねぇ・・・

いちご牛乳

だからぁ...orz

まぁ、とりあえず、それに関連付けた何かをあげたいと思います。

。。。

昨日はですね、とりあえず、早い話、友達がたくさん来ていたので更新まで手が回らなかったんです。

昨日の朝・・・

僕「おはよう

友人M「今日、放課後お邪魔するから。。。」

僕「ん?なぜ?」

無言でチーズケーキを掲げる友人M。

瞬殺でしたね。僕の視線がチーズケーキに釘付けされるまでにかかった時間は皆無でした。

友人M「あと、O氏とS氏とH氏とかも来るから。」

僕「あぁ、うん!構わないよ

もう、この時の僕の頭の中はチーズケーキで一杯でした。

ん?でも、ちょっとまって?

僕「ねぇ、ねぇ、この話はいつから決まってたの?」

友人M「え?この前からだよ?」

友人O「俺は、昨日の夜に知ったけどね。」

わぁ~、当日まで知らなかったの僕だけかぁ・・・そぅかぁ。

家主なのに。。。orz

皆、僕にこの日用事があることとかは考えなかったのかな?

まぁ、別に良いんですけど。楽しいから。こういうサプライズは好きですから。

そんなわけで、昨日は友達皆で楽しい夜を過ごしましたとさ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年11月13日 (月)

『眼鏡』にて。

さてさて、2日ぶりですね。

休日なのに何も無かったわけじゃないですよ?

確かに僕は独り身ですけど(笑)

。。。

先日、ついに僕が事故で破損させてしまった物を買い直しきりました。

最後の最後まで引っ張ってしまった物、それは

眼鏡。

何気に一番高い物だったんですよね↓しかも誕生日にもらった物↓・・・ちくしょう!!...orz

友達に付き合っていただき、再び中心地の駅へ。

某眼鏡屋の本店らしく、品揃えも豊富。

前回僕が地元の支店で購入したレンズのデータもすぐに引き出され、念のための簡単な視力検査だけで買うことができました。

今回、新しく買うということなので、前と同じではつまらない。そんなわけで友達の意見も取り入れつつ、商品を物色。

友人Mの意見「智斗・・・フチ無しの方が似合うんじゃない?」

フチ無し眼鏡チャレンジ!!

友人M「うん!なんか落ち着いた感じで良いと思うよ

僕「本当!?」

店員「・・・でも、お客様のレンズですと、フチ無しではレンズの厚さが目立ってしまいますが・・・」

...orzちくしょう!!

友人Mの意見「やっぱり、フチ有りが良いね♪」

そうですね。(グスン↓

店員「お客様の雰囲気ですと、赤とか茶系が落ち着くようですね。」

うん。だって前もそうだったもん。(苦笑)

やっぱり下手なチャレンジは止めにして、無難にデザインを選びました。

使える金額内で抑えて、何個か候補を絞りました。

一応、お金は保険で支払ってもらえるのですが、元々の破損した物と同等の物と決まっているので、あまり高い物は選べないんですよね↓

すごく馴染んで、可愛い眼鏡があったんですが・・・

値段が可愛くなかった...orz

後ろ髪を引かれつつ、別の眼鏡を無事購入。

これで、全ての領収書が揃いました。

店員「では、今フレームにレンズを入れてきますね。」

僕「どれくらいで出来上がりますか?」

出来れば今日中が良いな・・・

店員「そうですねぇ、結構ピンきりですが・・・

一時間から一週間です。」

僕はこの時、心からピンであることを望みました。

結果は

一時間半後。

良かった。時間を潰せる程度で。本当に。

その間、某友人の真似をして、ゲームセンターでクレーンゲームに時間とお金を費やしておりました。

結果・・・

一匹も得られず。....orzちくしょう!!

改めて、某友人の凄さを実感。やっぱり僕は、もらう側で良いやと、心の中で勝手に決意

そして、時間となり、眼鏡を受け取り、ちゃんと一人で地下鉄に乗って帰りました。

これで、やっと一段落。

。。。

長くなりましたが、ちょっとここで余談を一つ。

朝、友人から一通のメールを受信。

「無事か?」

・・・何のことだかさっぱり分からない。なんでいきなり生存を確認されたのだろう。。。

理由を聞くと、どうやら僕がはねられた事故現場で、今朝、再び交通事故があった模様。

それでまた、僕ではないかと思ったんでしょうね。うん。。。

さすがにそれは無いだろ?!(笑)っても思いましたけど、ここは冗談を抜きにして、本当に危ないんで、気をつけなくてはなりませんよね↓

心配かけて申し訳なかったと思います。本当にありがとうです。

ちなみに、事故の現場となった横断歩道を事故以来、僕は一人で渡ってはいません。

たとえ、どんなに時間に余裕がなくたって・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

『大会』にて。

昨日と、一昨日、久しぶりにスポーツをしました。

しかも、昨日は

試合。

何の試合かと言うと、大学内にあるスポーツ系サークルが各種目で競う大会S杯。

種目はバスケ・バレー・ソフト・サッカーの4種目。

僕はもちろんバスケに出場。というか、バスケぐらいしか出来ないんですけど(笑)

でもねぇ・・・

僕が所属しているサークルっていうのが、バレーはかなり強いんですが、バスケに関しては経験者がかなり少ないんですよ↓

特に女子。

今回、僕を含めたバスケ経験者は

計二人。

す、少なすぎる↓

しかも両方1年生。。。

他のサークルはそれなりに経験者がいるわけで↓案の定お強いわけで・・・

僕らは見事惨敗↓

ははは、ドンマイですねぇ・・・

でも、皆で頑張ったことには変わりないし、来年頑張れば良いじゃない!!ということで

めげません。

。。。

まぁねぇ、僕の中で何が一番悔しかったかって、事故のせいで体全快じゃなかったし、ずっと安静にしてたから体力が激減してたし・・・とかいう自分が

嫌だ。

自分が調子悪いとかで、もう一人の経験者の子に頼りっぱなし...orz

本当に申し訳なかった↓

バスケって、大きく分けると3つのポジションがあるんですよ。

「ガード」・・・チーム全体をまとめ、支持を出したりする人(チームの司令塔)

「フォアード」・・・主に点を決めたり、攻撃をする人(守備も同様)

「センター」・・・ゴール下を攻めたり守ったりする人(身長が大きいと好ましい。)

僕は、元々フォアードでした。(守備が苦手な↓)時々、間に合わせでセンターをやっていましたという人間です。

もう一人の子は元々ガードだったらしいんですが・・・

僕が何を言いたいかお分かりでしょうか?

そうなんです。僕は・・・

その子がいないと何も出来ないんです。

チームを一人で引っ張る力が皆無に等しいと言いましょうか?(苦笑)

試合は4部(クォーター)構成で、大会のルール上、同じ人が4回連続出場ができないようになっていました。

だから、どうしても1回だけ、お互い片方しかコートに上がれない回があるんですが・・・

僕だけの時はかなりグダグダな試合になってしまいました↓

情けない↓

次回はもっと頑張らねばなりませんね。。。うん。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

『迂闊』にて。

今日は、朝から頭がぼーっとしてた。

昨日、僕が布団に入ったのは夜中の2時過ぎ。

もはや昨日ではない。今日だ。

何をしていたこと言うと、久しぶりに筆持って書道に身を落ち着かせておりました。

始めた時間は夜の8時過ぎ・・・

気が付いたら日付変更線またいでました。

まぁ、僕が集中力を発揮できる少ない術の一つですからね。

さてさて、そんなことはさておき、今朝からちょっとフラフラだった僕。

とりあえず今日は2時間目からの授業だからお弁当作らなきゃ。

と言っても、お握りを握るだけですけど。

何故かいつも球体のお握りを作り出してしまう僕。

気持ち的には三角に握ってるつもりなのに↓(苦笑)

準備を全て整えて、自転車に乗って学校へ。

頭のフラフラ加減がまだ取れない↓

でも、学校では、しっかりお昼食べて、アイス食べて、今朝の体のダルさなんてまるで嘘だったかのように元気でした。

放課後、友達と中心地の駅まで行き、帰りは一人で地下鉄に乗って帰って来ました。

ただ人の流れに乗り、いつものように地下鉄へ乗り込んだ。

座らずに、ただぼーっとしながら揺られてた。

僕が降りる駅は終点。

最後まで乗ってれば馬鹿でも行ける駅。

そして、しばらく揺られ、終点へ到着。

乗客皆が降りてゆく。

僕も一緒に降りた・・・・

ここ何処!?

いつも降りてる駅と何か違う!!

確かに終点に間違いはないのに(汗・・・

僕は幼い頃のトラウマから、「駅」っていう場所があまり好きではない。思わぬ事態に焦る僕。

どうしよう、ここは何処?何で??(汗・・・

もしかして人の流れに乗りすぎて終点じゃない駅で降りたとかそういうオチ?

いゃ、さすがの僕もそこまで馬鹿ではないですよ。(笑)

しっかり終点で降りましたよ?自分が本来降りるべき駅とは

反対の。

もうね、乗り場が二箇所しかない駅で、なんであえて反対方向へ行く電車に乗ったのか自分でも分かりませんよ...orz

僕は馬鹿でした。

。。。

地下鉄に、一人で乗れなった・・・18歳 秋。。。完。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

『枯渇』にて。

僕は、コンタクトレンズを使っている。

僕はソフトのコンタクトレンズを使っている。

今日、そのレンズが

目から落ちました。

ポロッっと。

嘘だろ!?

って、最初思いましたけど。綺麗に目から落ちてました。

正直ね、白状しちゃいますと、確かに今日、僕は授業中に居眠りしてました。

でもね、途中起きて、計算問題出されたんで計算しようと紙面に向かいました。

そしたら・・・

何か落ちてる。。。

透明で、なんか丸い物・・・

えぇっ!?

僕は慌てて隣の友達にどっちの目にレンズが入ってないか聞きました。

僕「どっちにレンズ入ってる!?」

もぅね、友達もビックリですよね↓

でも、友人は咄嗟ながらもちゃんと教えてくれました。ありがたい↓

そして、慌ててレンズを入れようとしたんですが、若干レンズが乾燥気味(汗・・・

やばい!洗浄液なんて普段持ち歩いてない↓

そうだ!目薬だ!レンズの上からも注せる目薬なら、レンズに害は無いはず!!

鞄から目薬を取り出して早速レンズに in !!

出ないぃ!!

なんで!?どうして!?ほとんど使ったことなかったのに!!

・・・しまった↓そうだ、自分で使わなくても友達によく貸してた...orz

コンタクトレンズ使用者は意外なところに潜んでますからね↓何気に多いんです↓

なんとか、振りまくって数滴を採取。

レンズが潤いを取り戻した。

さて、問題はここから。。。

上手く目に入れられるか・・・

いつもは長い前髪をピンで止めて、何の障害もない状態で装着していたわけなんですが・・・

今は授業中。鏡も何も持ってない。

仕方ない↓ここは何も見ずに上手く装着・・・

出来るわけない!!

隣の友達にまたまたヘルプ。鏡をレンタル。

さすが女の子。鏡の一枚や二枚持ってて当然(?笑)

そして、持ってない僕は女の子失格??(苦笑)

まぁ、そんなことはどうだって良い。とりあえず早くレンズを(汗・・・

よっしゃ!!入った!!

い、痛い!!

なんだこの痛み!!

目にまつ毛が突き刺さるとかそんなレベルじゃないくらい痛い!!

あぁ、どうしよう!!そうだ、目薬・・・・

って、無いんだったぁ!!

くぅ~↓↓...orz

なんとか自力でレンズに潤い持たせて難を逃れましたが・・・

いゃ~、痛かった。。。

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2006年11月 5日 (日)

『処分』にて。

またまた今日は天気の良い日曜日。

洗濯して、掃除して、レポート書いて・・・

なんて引きこもりチックな休日の過ごしかたなんでしょう。。。

さすがにずっと家の中にいたんではすっきりするものもしません。

ちょうどヨーグルトとかも無くなってきたし、散歩がてら買い物にでも行くか!(まぁ、この前はこのノリで事故ったんですけど。)

という事でへ。

その時、あることを思い出しました。

僕の壊れた自転車。

ずっと事故現場近くのラーメン屋さんの横に置きっ放しだった。

お店の人にも迷惑だろうし、早く処分せねばと、予定を変更し再び事故現場へ。

動くかどうかいじっていると、ラーメン屋のおばちゃんと目が合った。

そうだ、今まで置かせてもらってたんだから挨拶ぐらいしなくちゃ・・・

そう思って、店内へ入ると。

おばちゃん「あの自転車ね、この前女の子がそこで跳ねられてね。その時の子が乗ってた自転車なのよ。」

おじちゃん「しばらくあの子動かなかったよな?どうなったんだ?」

おばちゃん「さぁねぇ↓運ばれて・・・無事だと良いんだけど↓」

なんてこった、こんな、知らないところでも僕は心配されていたのか↓

僕「あの、あれ、僕の自転車なんです↓」

おばちゃん「あ!じゃぁあの時跳ねられた・・・本人!?」

僕「はぃ、本当にご迷惑かけてすいませんでした↓」

おばちゃん「いやぁ~無事で良かったよぉ(汗・・・」

おじちゃん「なんだ、体大丈夫かぁ??」

僕「はい。大したケガはしませんでしたから(汗・・・」

ラーメン屋のご夫婦は、僕の無事を心から喜んでくれました。

そして、自転車を放置していた件も、快く許してくれました。

おじちゃん「自転車動くかい?」

僕「う~ん・・・どうですかねぇ↓とりあえず、壊れた現状を写真で残しておかなきゃならないんで、写真だけでもと思いまして。」

そうして、二人も外に出てきてくれました。

僕が写真を撮っていると。

おじちゃん「あちゃぁ~、こりゃ駄目だな。潰れてタイヤが回らない。。。」

そして、自転車に手を伸ばしたおじちゃんに向かって・・・

おばちゃん「何してんの!?直しちゃ駄目でしょ!!壊れたこと証明しなきゃなんだから!ほら、お姉ちゃん!ここ!ここ!ここ写真撮りな!!」

僕「ぁ、はい(汗・・・」

う~ん、やはり女性は強い。(笑)

そして、結局写真を撮った後、おじちゃんに頑張ってもらっても自転車は直らず、押して行くことも不可能だったため、自転車屋さんを呼ぶことになりました。

その時、おばちゃんと色々とお話をしました。

どうやら、跳ねられた僕が自転車を処分しに来たのが気に入らなかったようでした。

おばちゃん「こんなこと、跳ねた運転手の人にやらせなきゃ駄目よ!!」

僕「まぁ、そうなのかもしれないんですがね(汗・・・」

おばちゃん「だってお姉ちゃん悪くないモノ。無事だからこうやっていれるけど、もし・・・ねぇ?」

おじちゃん「なぁ?結構飛んでたしな?」

ん?ちょっと待って?話の流れから、

事故の瞬間見てたんですか!?

意外なところに目撃者がいたものです。

今度、ここにラーメン食べに来なきゃだ。。。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年11月 3日 (金)

『突然』にて。

さてさて、ご無沙汰しておりました。

今まで更新しなくて申し訳なかったです。

本当は書きたいことたくさんあったんですが・・・

色々と体調不良やら何やら重なりまして↓

僕は夜の11時までに身の回りのことを済ませなければ日記を書かないと決めている・・・というかあきらめているんです。

今まで、本当に運悪く帰りが遅くなったり、時間配分ミスったりなどして更新を断念してきてしまいました↓

。。。

いゃぁ、でもこの1週間近くの間に色々ありましたね。

友達が突然押しかけて来たり、後輩が突然大学に来たり、先輩に突然呼び出されたり、友達の誕生日を突然祝ってみたり・・・本当

突然ばっかり。

そりゃね、事前に何でも把握するなんて難しいことなんですけどね。

そういえば、昔・・・というかたまに今でももらうことがあるけど、ある1通のメールを思い出した。

件名「突然メールしてごめんね!!」

・・・

果たして突然じゃないメールってあるんだろうか?

「夜遅くにごめん!」「返信遅くてごめん!」とかなら分かる。

突然でごめん!」って・・・

解決策ないだろ!?

。。。

なんて、しょうもないこと考えてしまいました。

ここ一週間のことをここに書ききるなんて僕のスキルじゃちょっと難しいですからね。

小出し小出しで書いていきたいと思いますよ。

とりあえず、僕は元気にやってましたよぉ~

。。。

悲しいこともありましたけど。血と一緒に体の外に出しました。

。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »